Miss SAKE blog

「佐々木酒造様 蔵見学」「ランディー・チャネル宗榮先生による茶道体験」を海外Miss SAKEと共に2019 Miss SAKE Japan 春田早重が参加して参りました。

[English follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKE 春田早重です。 3月16日に「佐々木酒造様 蔵見学」「ランディー・チャネル宗榮先生による茶道体験」を海外のMiss SAKEと共に伺いました。

「佐々木酒造様 蔵見学」

佐々木酒造様は1893(明治26)年に設立されました。

京都の造り酒屋は洛外に位置している伏見で盛んに行われますが、佐々木酒造様は京都市に所在する蔵元のなかでも、洛中と呼ばれる範囲で現存する唯一の蔵元様でございます。現在の伏見区では24軒もの蔵元が軒を連ねており、灘に次ぐ生産量を誇る酒処として全国に知られています。

ところが、歴史を辿ると京都の造り酒屋の起源は洛中にあります。室町時代中期にまで遡ると、蔵元の数は300軒あまりあり、日本最大の酒処でございました。伏見では、大手酒蔵さんが多いのに対し、洛中の蔵元は、家内制工業のような小さな蔵元が多く、市場競争に揉まれた末、自然とその数は減っていき、現在唯一残っているのが佐々木酒造様でございます。

こちらの蔵は、昔豊臣秀吉が自分の家として建てた聚楽第があった南端にあるのですが、秀吉がこの場所に聚楽第を建てた理由の一つに「水の良さ」があったそうです。秀吉は、かつて北野大茶湯という大規模な茶会を催したり、聚楽第の敷地の中に千利休の茶室付きの家を建て、そこで一緒にお茶を楽しんだという話が残っているほど茶道に親しまれていました。このことから、このあたりの地域は古くから水の良い地域であったことが分かります。

そのような歴史や伝統ある良質な水で作られる佐々木酒造様のお酒は、原料であるお米にも一層のこだわりがありました。

お米はあえて地元のお米を使わず、富山の酒米を使用されています。造り酒屋はたいてい米どころにありますが、京都ではあまり米が獲れません。ワインの醸造家は自分でブドウ畑を持ち、育ててワインを作りますが、日本酒造りでは酒造りと米作り農家の方は別物です。ですから目利きをしてその年の良い米を府外から取り寄せているのです。

「洛中伝承」の酒造りの精神を現代にも受け継がれている佐々木酒造様。日本酒文化の素晴らしさの一つである、伝統や歴史を見に染みて感じることができた貴重なお時間を過ごさせて頂きました。

これからも、一軒一軒異なる酒蔵様のこだわりや想いを日本国内外に発信できますよう、ミス日本酒の活動に励んでまいります。
この度はこのような素晴らしい機会を頂き、誠に有難うございました。

「ランディー・チャネル宗榮先生による茶道体験」

京都市中京区の三条会商店街の中にございます「らん布袋」というJapanese cafe and gallery にて、ランディー・チャネル宗榮先生による茶道体験に参加して参りました。

お店の名前である「らん布袋」の名前の由来は、「らん」はランディー先生の「ラン」とタイ語で「お店」という意味があります。ランディー様のお店と布袋様のお店というのをかけて命名されました。

ランディー・チャネル宗榮先生は裏千家準教授の資格をお持ちのカナダ人で、来日のきっかけは武道を学ぶためであったそうです。東洋の武道を学ばれており、長野県松本市で英語を教えながら剣道や弓道などの道場に通われていた時、松本の住まいの隣にお茶の先生がいらっしゃり、それがランディー・チャネル宗榮先生の茶道との出会いでした。

海外Missの皆さんと私は、ランディー・チャネル宗榮先生にご指導頂きながら、お茶を点てる体験をさせていただきました。初めての体験だったということもあり、お作法もとても難しく、私が点てたお抹茶の味はとても苦いものでした。

ランディー・チャネル宗榮先生は、茶道の一番の魅力は、「一期一会」、色々な人と交流できることだとおっしゃっていました。お茶の基本は「おもてなしの心」であり、相手をもてなす心、人を想う心が一杯のお茶に込められています。私がお茶を点てた後、ランディー・チャネル宗榮先生がお茶を点ててくださいました。そんな心暖まる想いが詰まったランディー・チャネル宗榮先生が点ててくださったお茶には、全く苦味がなく、格別な深い味わいがありました。

海外Missの方々も、日本文化と和の心に触れ、とてもリラックスしながら有意義な時間を過ごされていました。

ミス日本酒の活動を通し、海外の方と日本文化の素晴らしさを共有しながら、その魅力に改めて気づくことができる機会を頂けましたこと、心より感謝致します。

ランディー・チャネル宗榮先生、「らん布袋」の皆様、この度はこのような素晴らしい機会を頂き、誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English speakers]

Hello, everyone. I am 2019 Miss SAKE Sae Haruta. On March 16th, I participated in a Sake brewery tour and a tea ceremony experience with Miss SAKE from Australia, Hong Kong, Taiwan and Vietnam.

○Sasaki Shuzo brewery tour

Sasaki Shuzo was founded in 1893. There are many Sake makers in Fushimi, outside the capital, however, this brewery is the only one brewery which is located inside the capital.

This brewery used to be south area of the house of Hideyoshi Toyotomi called Jurakudai. One of the reasons he built his house here was great water. He used to hold a big tea ceremony called Kitano oochanoyu. Also, he made a space in his house for Sen no rikyu who is a famous tea master and enjoy tea with him. He loved tea. From these information, it can be understood that the area around here has long been a well-watered area.

Sasaki Shuzo uses selected rice to make Sake  with such high-quality water. They use the rice made in Toyama, not in Kyoto. Sake makers are usually located around rice-producing region, however, in Kyoto, you can hardly harvest much rice. Wine brewers own their own vineyards and grow wines, but for sake making, sake brewing and rice farmers are separated. So they look for good rice of the year from outside Kyoto.

Mr. Sasaki Shuzo has handed down their spirit of sake making to the present day. I have spent valuable time to realize the tradition and history which are parts of the greatnesses of Japanese Sake culture.

I will make great efforts to spread the feelings and spirits of breweries which differ one by one.

Thank you very much for letting me join this wonderful opportunity.

○Tea ceremony experience by Randy Channell Soei Sensei

Randy Channell Soei Sensei is a Canadian who is qualified as associate professor of Urasenke, and the reason for visiting Japan was to learn martial arts. While teaching English in Matsumoto City, Nagano, he attended a dojo such as Kendo or Kyudo and so on. Then, he met a tea teacher next to his house. It is a an encounter with the tea ceremony for him.

Miss SAKEs from overseas and I had the experience of putting some tea on while being guided by Randy Channell Soei  Sensei. It was the first time I had experience, and the manners were very difficult, and the taste of the green tea I made was very bitter.

Randy Channell  Soei Sensei said that the most attractive feature of tea ceremony is that it can interact with various people, “one time in a while”. The basic of tea is the “hospitality”, and it is contained that the heart that entertains the other parties and the mind that thinks of people in a cup of tea. After I made a cup of tea, Mr. Randy Channell Soei Sensei made a cup of tea for me. The tea that Randy Channell Soei Sensei, who is filled with such heartwarming thoughts, gave me no bitterness at all, and it had an exceptional deep taste.

Miss SAKEs from overseas also had a very relaxing and meaningful time, touching Japanese culture and Japanese spirit.

I would like to express my sincere appreciation for the opportunity to be able to realize the attractiveness again while sharing the wonderfulness of Japanese culture with foreigners through the activities of Miss SAKE.

Thank you, Randy Channell Soei Sensei, “ran Hotei” for this wonderful opportunity.

Thank you for reading.

2019 Miss SAKE Japan Sae Haruta

『Gメッセ群馬プロモーションin東京 』に2019 Miss SAKE 春田 早重と2018 Miss SAKE 群馬 高橋まゆりが参加して参りました。

2019 Miss SAKE 春田早重が、4カ国の海外Miss SAKEと月桂冠様へ酒蔵見学に行って参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP