Miss SAKE blog

『空庭温泉トークショー』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

The Talk Show at Solaniwa Onsen in Osaka Bay Tower

[English Follows]

皆さん、こんばんは。2019  Miss SAKEの春田早重です。

3月30日、大阪ベイタワー内にございます、空庭温泉にて開催された『空庭温泉トークショー』に参加して参りました。『空庭温泉』は、2019年2月26日にグランドオープンしたばかりの関西最大級の温泉型テーマパークであり、約5000坪超の大型施設です。空庭温泉は安土桃山時代をコンセプトにして建てられましたが、安土桃山時代といえば、豊臣秀吉が大阪城を拠点として天下統一を成し遂げた時代です。1573~1603年のわずか30年間であったものの、その短い時の中で華やかな生活が送られていました。

この空庭温泉では、今までの温泉施設のイメージを覆すような工夫が数多く施されており、豪華絢爛な安土桃山時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえます。館内には、都会の喧騒を忘れ約1,000坪の日本庭園を眺めながら疲れを癒すことのできる庭見風呂を始め計9つもの温泉があるほか、岩盤浴、エステやマッサージなどのリラクゼーション施設、レストランやバーといった、老若男女問わず楽しめる仕組みがたくさんございます。

この度、私は、物販飲食エリアのメインストリート沿いにあります、「角打ち 山善亭」にてトークショーに参加させていただきました。トークショーでは、飲食組 手代心得 糸崎拓海様と共に、ミス日本酒最終選考会や今後の意気込みについてお話をさせて頂いた後、二種類の日本酒のご紹介をさせて頂きました。

ご紹介させて頂いた一つ目のお酒は茨城県 須藤本家株式会社様の「山桜桃」です。空庭温泉の館内で提供されているトマトの塩麹和えと共に頂きました。二つ目の日本酒は、滋賀県 冨田酒造様の「七本槍」です。こちらも館内で提供されているおでんの大根と共に頂きました。

最終選考会後、初めてたくさんの方の前でミス日本酒への想いや意気込みをお話しさせて頂き、これからは2019 Miss SAKEとして全国のお酒の魅力を発信させて頂けることへの感謝の気持ちや使命を改めて感じました。たくさんの学びを通して、これからお会いする一人でも多くの方の心を動かせるよう精進して参ります。

運営組 番頭 門脇様、飲食組 手代心得 糸崎様、空庭温泉の皆様、この度は素晴らしい機会を頂き、誠に有難うございました。

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On March 30, I participated in the talk show at Solaniwa Onsen in Osaka Bay Tower. Solaniwa Onsen is the largest onsen-style theme park in Kansai area which was opened on February 26. Solaniwa Onsen was built based on the Azuchi-Momoyama period. Speaking of the period, it is an era when Hideyoshi Toyotomi achieved unification of the whole country with a basis called Osaka Castle. Although the era had continued only for 30 years from 1573 to 1603, people enjoyed gorgeous life during that time.

At Solaniwa Onsen, many ideas have been made to reverse the image of the hot spring facilities so far, and you can feel as if it was a time slip during the gorgeous Azuchi Momoyama period. There are a total of 9 hot springs, including a garden-view bath that can heal your fatigue while looking out at the approximately 1,000 tsubo Japanese garden without the noise of the city, as well as relaxation facilities such as bedrock baths, beauty treatments and massages. There are many mechanisms for men and women of all ages, including restaurants and bars.

This time, I participated in a talk show at a bar, which is located on the main street of the product sales and food area. At the talk show, we invited Mr. Takumi Itozaki, a member of the food and beverage group, to talk about the Miss Sake Final Selection Committee and the enthusiasm for the future, and introduced two types of Japanese sake.

One of the sake is called Yusura, which is from SUDOHONKE in Ibaraki prefecture. Another one is called Shitihonyari, which is from Tomita Shuzo in Shiga prefecture.

After the final selection meeting, this was the first time for me to talk about the feelings and enthusiasm for Miss sake in front of many people. I felt the gratitude to be able to spread the charm of sake of all over Japan and the mission as 2019 Miss SAKE again. Through a lot of learning, I will try to move the mind of many people who will meet from now on.

I extend my appreciation to all the people involved in this talk show.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

新潟県最大の日本酒イベント「にいがた酒の陣 2019」に2019 ミス日本酒 新潟代表 鈴木聖袈が参加して参りました。

『第12回 和酒フェス in 中目黒』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP