Miss SAKE blog

駐インド日本国特命全権大使 平松賢司様ご主催の歓迎夕食会に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, joined the dinner party held by Mr. Kenji Hiramatsu, Japanese Ambassador Resident in India, ahead of the SAKE promotion event at ambassador’s residence.

[English follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

この度、9月3日に在インド日本大使館大使公邸にて開催された日本酒PRイベントに参加するため、インド・ニューデリーに行って参りました。

今回の日本酒PRイベントは、近年日本食への関心が高まっているインドにおいて、日本酒の魅力を当地飲食関係者の皆様にお伝えする目的の下、在インド日本国大使館様による企画・主催で開催されました。このイベントは2017年から開催されており、今年度で3度目の開催となりました。

今年度のイベントには、山形県 月山酒造様、福島県 人気酒造様、福井県 加藤吉平商店様など日本全国から10の蔵元様が参加され、私も2019 Miss SAKEとしてインドでの日本酒PRのお手伝いをさせて頂きました。イベント当日の様子についてはこちらをご覧ください。

そして、イベント開催を翌日に控えた9月3日、駐インド日本国特命全権大使 平松賢司様ご夫妻に夕食会にお招きいただき、私も皆様とともに参加させて頂きました。

夕食の前に、平松大使ご夫妻ならびに蔵元の皆様との歓談のお時間を頂戴いたしました。その際、ここ数年の間にインドの経済が著しく発展し街並みも大きく変化していること、インドにおける日本食に対する関心が高まっていること、インドの宗教的背景を交えた飲酒文化についてお話を伺わせて頂きました。

夕食では、素晴らしいお料理と共に日本酒、フランス産白ワイン、甲州ワインを頂きながら、様々なお話を伺うことができました。この数年の間に日本食レストランが急激に数を増やしている一方、日本酒は未だに手に入れることすら難しいそうです。しかしながら、昨年約100名の規模で行われたイベントが、今年はその3倍の300名規模での開催となっていました。高額な関税、酒類を扱う際に必要なライセンス等、インドにおける日本酒普及への壁は決して低くはありません。しかし、その3倍に増えた数字がインドの方々の日本酒への関心が非常に高まってきていることをはっきりと物語っていると感じました。

世界20か国以上に輸出をされている群馬県の永井酒造株式会社代表取締役社長 永井則吉様は、「インド市場や情勢もゼロベースで未来の可能性に不安を感じていたが、今回の訪問で、インド市場に大きな可能性を感じた。」と仰っていました。

平松大使ご夫妻よりインドの日本酒普及への現状をお伺いさせて頂き、また国内外で日本酒普及に携わってこられた蔵元の皆様の実体験に基づくお話から、海外における日本酒の位置付けが年々変化していること、今回のイベント開催の意義、Miss SAKEとして皆様と共にイベントに参加させて頂けることへの感謝の気持ちを改めて感じることができました。

インドでの日本酒普及への道のりは決して簡単なものではありません。しかし、皆様より貴重なお話をたくさん伺う中で、インドにはたくさんの可能性が秘められていることを確信いたしました。この夕食会で高まった期待と興奮を胸に、イベントで一人でも多くの方々に日本酒の素晴らしさをお伝できますよう、Miss SAKEとして一生懸命務めて参りたいと思います。

このような素晴らしい機会を設けてくださいました平松大使ご夫妻、そして全ての関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone.  This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On September 4th, I joined “the Evening with Japanese Sake” at ambassador’s residence in India. The Evening with Japanese Sake was held by the Embassy of Japan in India to promote SAKE to Indian hotel managers and Indian liquor importers. This time, as many as 10 breweries from the all over Japan joined the event, and it was a great honor for me to join the event as 2019 Miss SAKE. You can see the details on the event from here.

And the day before the SAKE promotion event, Mr. Kenji Hiramatsu, the Japanese Ambassador Resident in India, held a dinner party for us. At the dinner party, Mr and Mrs Hiramatsu taught us about significant economic growth in India, a growing interest in Japanese food, and Indian religious culture related to alcohol consumption.

By listening to the story from Mr. and Mrs. Hiramatsu and brewers who have worked around the world, I learned that these days Japanese sake has been considered as something of value in other countries,  the meaning of the event led on following day, and I was full of feelings of gratefulness.

It is not easy to spread Japanese sake in India. However, I am quite sure of possibility of India. I will do my best to share the greatness of Japanese sake with Indian people at the event.

I would like to show my gratitude to Mr. and Mrs. Hiramatsu and all the people involved in the dinner party.

Sae Haruta,2019 Miss SAKE Japan

 

 

『静岡県地酒まつり in Tokyo』に2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香と2019 Miss SAKE Tokyo 粕谷汐里が参加して参りました。

『インド市場状況講義』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP