Miss SAKE News/Blog

国税庁様の元へ2019 Miss SAKE 春田早重が表敬訪問に伺って参りました。

A Courtesy Visit to The National Tax Agency

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKE 春田早重です。1月28日、Miss SAKEの活動にご後援を頂いております国税庁様の元へ表敬訪問に伺わせて頂きました。

日本酒をはじめとした「酒類」には酒税が課されておりますが、日本での酒税は 13 世紀初頭に酒づくりに必要な酒麹売業者に課税したことが最初といわれています。明治時代には近代的な酒税法が制定され、ピーク時には全体の3-4割を占める最大の国税収入源として国家財政における重要な役割を果たしてきた歴史があります。そして現在では、酒税からなる収入額は約1.3兆円であり、安定的な財源として重要視されています。

そうした経緯から酒類業の所管官庁は国税庁様でいらっしゃり、国税庁様は内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現、酒類業の健全な発達、税理士業務の適正な運営の確保を図るための総合的施策を行うとともに、官民一体となった日本産酒類の輸出拡大・輸出環境整備に関する取組を進めていらっしゃいます。

この度は国税庁長官 星野次彦様、 国税庁次長 田島淳志様、国税庁長官官房 審議官 後藤健二様にお時間を頂戴し、海外の活動に加え、昨年のラグビーワールドカップ開催期間中、東京国税局様の地酒試飲ブースにて首都圏の地酒のPRをさせて頂いたこと、また大阪国税局様・仙台国税局様・金沢国税局様の主催で開催された『GI 日本酒シンポジウム 』を中心に、昨年度のMiss SAKEの活動についてご報告をさせて頂きました。

(写真左)国税庁長官 星野次彦様と (写真右)左から国税庁長官官房 審議官 後藤健二様、私、国税庁長官 星野次彦様、国税庁次長 田島淳志様

昨年2月に、埼玉県にございます関東信越国税局様にて開催されたナデシコプログラムで学び得たことを活かし、国内外で開催された日本酒イベントや神事、全国4都府県での酒米の田植えや稲刈りの経験をさせて頂き、活動を通して日本酒の素晴らしさやその歴史を私自身改めて学ばせて頂きながらその魅力発信に努めて参りました。

また今年度は海外4カ国5都市を訪れ、日本酒のPRイベントに参加をさせて頂きましたが、各地域において和食普及に伴い日本酒の認知度や注目度が著しく高まっていることをしみじみと実感致しました。

こうしたこれまでの活動に対し、皆様より温かな応援のお言葉を頂戴致しましたことを大変光栄に存じております。また今年度は、ナデシコプログラム期間中の特別講義を国税庁様にて開催頂けることが決定致しました。国税庁様の多大なるお力添えに今一度心より御礼申し上げます。

私の2019 Miss SAKEとしての任期は残り3ヶ月をきりましたが、この1年間の国内外での様々な活動や人との出会いを通して学んだことを大いに活かし、2020 東京オリンピックに向けて引き続き日本が誇る「食」「伝統」「文化」の魅力をより多くの方々に知っていただけるよう、精一杯参ります。

改めまして、国税庁長官 星野次彦様、 国税庁次長 田島淳志様、国税庁長官官房 審議官 後藤健二様、この度は大変貴重なお時間を誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan. On January 28th, I made a courtesy visit to the National Tax Agency, NTA, which has officially supported our activities as Miss SAKEs. 

Now, we are imposed liquor tax on alcoholic beverages, including sake. The liquor tax in Japan was first levied at the beginning of the 13th century on sake koji vendors required to make sake. The modern Liquor Tax Act was enacted in the Meiji era, and it has a history of playing an important role in national finance as the largest source of national tax revenue, accounting for 30% to 40% of the total at the peak.  At present, the income from liquor tax is about 1.3 trillion yen, which is regarded as a stable financial source.

Through these processes, the responsible agency of the liquor industry is the National Tax Agency, which is responsible for the proper and fair imposition and collection of domestic taxes, the sound development of the liquor industry, and the proper management of tax accountant business. In addition to the comprehensive measures of the above, the public and private sectors are working together to expand the export of Japanese liquor and improve the export environment.

This time, I had an opportunity to talk with Mr. Tsuguhiko Hoshino, the Commissioner of NTA, Mr. Atsushi Tajima, the First Deputy Commissioner of NTA, and Mr. Kenji Goto, the Deputy Commissioner of NTA Commissioner’s Secretariat.

In addition to our overseas activities, I reported to them that we promoted sake at a special booth of Tokyo Regional Taxation Bureau during the 2019 rugby world cup, and I participated in GI sake symposium hosted by Osaka, Sendai and Kanazawa Regional Taxation Bureaus.

Through participating in rice planting and reaping in 4 prefectures while remembering what I learned from the Nadesiko-Program held at the Kanto Shin-Etsu Taxation Bureau in Saitama Prefecture in February last year,  I once again learned the charm of sake and its hostory.

This year, I visited 5 cities in 4 countries around the world and participated in a sake PR events. I found that the sake has been becoming well-known as the spread of Japanese food in each region.

I am very honored to have received warm words of encouragement to our activities from people at NTA.  Moreover, it has been decided to hold a special lecture for Nadeshiko-Program at NTA this year. I would like to express my deepest gratitude to their considerable supports.

My term as 2019 Miss SAKE has been left for only three months, but I will make the most use of what I have learned through various activities in Japan and overseas, and continue do my best to spread the charm of “food”, “tradition” and “culture”.

Mr. Tsuguhiko Hoshino, the Commissioner of NTA, Mr. Atsushi Tajima, the First Deputy Commissioner of NTA, and Mr. Kenji Goto, the Deputy Commissioner of NTA Commissioner’s Secretariat, thank you so much for making a valuable time in busy schedules.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「空乃酒蔵」新規オープニングイベント』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

『第5回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香が参加して参りました。

関連記事

  1. 『Miss SAKE Shanghai オープニングパーティー』に2019 Mi…

    2019.11.17
  2. ラジオ番組「‪辰巳真理恵‬のBa,Be,Bi,Bo,Bu supported b…

    2019.11.02
  3. 『第7回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参…

    2020.02.04
  4. G20財務大臣・中央銀行総裁会議 レセプションパーティーにMiss SAKE(ミ…

    2019.06.10
  5. 2017 ミス日本酒 田中梨乃と2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が佐賀県鹿島市に…

    2018.03.26
  6. 『酒ゃビック いぃ〜OSAKEフェスタ2019』に2019 Miss SAKE …

    2019.10.16

Miss SAKEについて/日経CNBC

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »