Miss SAKE blog

2019 Miss SAKE 春田早重が環境王国展示会出展者様にご挨拶に伺って参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, visited the branch stores of ECO KINGDOM for Fabex at Tokyo Big Sight.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

4月17日、東京ビッグサイトで開催されたファベックス2019にて、「環境王国展示会」にご出展されていた皆様にご挨拶に伺って参りました。

ファベックスとは、東京ビッグサイトにて同時期に継続開催されており、1,000社が出展、78,000名が来場する国内最大級の業務用〝食”の総合見本市です。潜在顧客との新しい出会いが生まれる展示会とあって年々出展社数と来場者数が増加しており、今年も多くの方が来場され、過去最高の盛り上がりを見せていました。

このファベックスに環境王国様もご出展されており、「環境王国展示会」が実施されていました。「環境王国」とは、そこに住む地域住民の方々が築きあげた優れた自然環境と農業のバランスが保たれ、安心できる農産物の生産に適した環境の地域を指します。地域の人々と消費者とが共に連携し、「官」・「民」が一緒になって環境保全に努め、未来に継ぐことを目的に活動されている地域です。定められた調査表に基づき、客観的事実を確認し基準点を満たした市町村だけが、環境王国に認定されます。

千葉県木更津市長 渡辺芳邦様とともに

「環境王国展示会」では、厳しい認定条件を満たし、安心・信頼できる環境王国様自慢の農産物やその加工品の数々が展示されていました。ほぼ全てのブースでお米が展示されており、それぞれの農家の方々のこだわりがとても感じられました。

会場には、株式会社関東甲信クボタ 代表取締役社長 大和經宜様、米・食味鑑定士協会会長 鈴木 秀之様もいらしており、ご挨拶をさせて頂きました。

(写真左)株式会社関東甲信クボタ 代表取締役社長 大和經宜様とともに(写真右)米・食味鑑定士協会会長 鈴木 秀之様とともに

日本人にとってお米は、古来からの主食であり、現在においても私達の日常の食生活に必要不可欠な存在です。しかし、お米産業は現状として、少子高齢化による消費量の減少・後継者不足・市場のグローバル化など様々な問題を抱えています。日本酒とお米は切っても切り離せない関係にあり、お米がなくては日本酒は造ることができません。

国内外における日本酒の魅力発信・認知向上はもちろんですが、縄文時代から続く伝統ある日本文化の一つであり、日本酒造りに欠かせないお米産業の振興にも、ミス日本酒として今後の活動を通して寄与させて頂きたく存じます。

この度は、日本酒造りや日常の食生活に欠かせないお米や、米産業の素晴らしさを改めて学ぶことのできる素晴らしい機会を頂戴し、誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On April 17th, I visited the branch stores of ECO KINGDOM for Fabex at Tokyo Big Sight.

Fabex is one of the largest trade fairs in Japan covering the entire range of commercial foods and food products, equipment and materials, and containers and packaging. It is held at Tokyo Bid Sight in the same period of a year. As many as 1,000 companies display their products and about 78,000 people visit this trade fair.

ECO KINGDOM displayed their products and there was a booth nemed ECO KINGDOM exhibition. ECO KINGDOM refers to the particular areas where keep the well balance between natural environment and agriculture, and are suitable for producing farm products.

At the ECO KINGDOM booth, there were many reliable farm products and processed food. Almost all the stores displayed their original rices and I could find their points.

Mr.Tsuneyoshi Yamato, the CEO of Kantokoshin Kubota Co., Ltd. and Mr.Hideyuki Suzuki, the president of Rice Taste Appraiser Association were there and I talked with them.

Rice is one of the staple food for Japanese people from way back and we still enjoy eating it in our ordinary dietary life. However, rice industry in Japan has many problem: lack of successors, decrease in consumption due to an aging population, globalization of the rice market and so on. Rice is inseparable from Japanese sake and needless to say, sake breweries cannot make sake without rice.

As Miss SAKE Japan, I will spread the charm of Japanese sake both in Japan and overseas but also I would like to contribute to promotion of rice industry in Japan which is one of Japanese traditional cultures and has been continued since the Jomon period.

Thank you so much for this wonderful opprtunity to realize how great rice and rice industry in Japan are again.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

 

第7回日本橋エリア「日本酒利き歩き2019」に2019 Miss SAKE 長野代表 丸山友理慧、山形代表 平木美穂、大阪代表 豊川栞那が参加して参りました。

『第6回ちょこたび埼玉酒蔵 めぐり in 小川町3蔵』に、2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香、冨田梨花、2018 Miss SAKE JAPAN 須藤亜紗実が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP