Miss SAKE blog

2019 Miss SAKE 春田早重が、4カ国の海外Miss SAKEと月桂冠様へ酒蔵見学に行って参りました。

On March 17th, I went to Gekkeikan Sake brewery tour with four Miss SAKEs from overseas.

[English follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKE 春田早重です。3月17日に4カ国の海外Miss SAKEと月桂冠様へ酒蔵見学に行ってまいりました。

月桂冠様は、1637(寛永14)年に初代の大倉治右衛門が伏見馬借前で酒屋を開業し、屋号を「笠置屋」、酒銘を「玉の泉」と称しことからその歴史は始まりました。

その後、11代当主大倉恒吉の時代に月桂冠様は大きな進歩を果たしました。恒吉は、「酒造りは科学により成り立っている」と述べ、1909(明治42)年に酒造りに科学技術を導入しました。

当時の日本酒は樽詰が主流でありましたが、洗浄がしにくく酒を腐らせる火落ち菌などを充分に殺菌できないという難点があり。そこに目をつけた月桂冠様は、いち早く壜詰め酒の商品化に力を入れます。

また、明治時代初期ごろの日本酒には、酒の腐造を防ぐために防腐剤が使用されており、人体への影響が懸念されていました。そんな中、日本で初めて防腐剤なしの清酒の開発に成功し、防腐剤なしの瓶詰を発売。

1910(明治43)年には、「コップ付き小びん」を開発し、鉄道などの長時間移動時でも日本酒を楽しめるようにコップがついていて、さらには汽車が揺れても中身がこぼれないように猪口がスイングする置台も備わっている画期的なデザインの商品です。飲みやすさ・持ち運びやすさから人気を集め、鉄道網の広がりとともに月桂冠が広く知られるきっかけになりました。

また月桂冠様は「品質第一」をモットーに、1961(昭和36)年に、日本で初めて年間を通じた酒造りを行なう四季醸造システムや最新技術を活用しながら品質の高い酒を醸造しています。

気候の変化に左右されず酒造りができる四季醸造システムは、海外など異なる環境での酒造りをも可能にする革新的なものであると言えます。月桂冠様は、日本で作り上げた四季醸造システムやその後に開発した新規技術を、アメリカでの酒造りへ移転することに成功しました。

日本国内で伝統を守りながらこだわってきた米蒸し・麹作り・もろみ搾りなどの工程を機械化・自動化・連続化した装置と、温度・湿度・微生物の科学的管理により、日本と異なる海外の地でも酒造りができるようになりました。日本の食文化の一つである日本酒を、世界中の人々に日本国内と同じ品質で楽しんでいただけるシステムを作り上げた月桂冠様は、酒造業界に大きな革新をもたらしました。

技術面で酒造業界に様々な革新をもたらしてきた月桂冠様は、日本酒の味においても過去に全国新酒鑑評会にて何度も金賞を獲得されるなど、酒造業界に大きな影響を与えました。

酒蔵見学の後には、月桂冠様のお酒を飲み比べさせていただきました。ご用意いただいたお酒は、国際的な酒類品評会である「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」のSAKE部門でゴールドメダル、ならびにグレートバリュー・アワード」をW受賞した月桂冠 特撰 を含む計4種類で、どのお酒もとても美味しかったです。

酒造業界に多くの歴史を作りあげてきた月桂冠様の現在に至るまでの成り立ちや、酒造りの工程を直に見ることができ、とても刺激を受け、学びの多い時間を過ごすことができました。

この度は、このような貴重な機会を頂き、誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English speakers]

Hello, everyone. I am 2019 Miss SAKE Sae Haruta. On March 17th, I went to Gekkeikan Sake brewery tour with four Miss SAKEs from overseas.

Gekkeikan was founded in 1637 by Jiemon Okura in Fushimi and it is one of the world’s oldest companies. Gekkeikan made a great progress in the age of the 11th generation owner Okura Tsuneyoshi. He said, “Sake making is made up of science,” and introduced science and technology to sake making in 1909 (Meiji 42). In 1910, Gekkeikan invented a small bottle with a cup. It is a product of an innovative design that is equipped with a cup so that you can enjoy sake even when traveling for a long time on a railway, etc., and also has a table with a swinging opening so that the contents do not spill even if the train shakes. It gained popularity due to its ease of drinking and portability, and it became an opportunity for the laurel crown to become widely known as the railway network spreads.

In addition, under the motto “Quality First”, Gekkeikan brewed high-quality sake in 1961 (Showa 36), utilizing the four seasons brewing system to make sake throughout the year and the latest technology. It could be said that the four seasons brewing system that allows sake brewing regardless of changes in the climate is an innovative one that enabled sake brewing in different environments from Japan such as overseas. Gekkeikan which created the systems that allow the people all over the world to enjoy the same quality Sakes as Japanese Sakes has revolutionized the brewery industry.

Gekkeikan, which has revolutionized the brewery industry at the aspect of technology, also brought a major impact about the taste of their Sakes on the brewery industry, such as having been awarded a gold medal many times in the past at the National New Wine Dictionary.

After the tour of the sake brewery, I drank four different Sakes including Gekkeikan Tokusen which won a gold medal in the SAKE category of the International Wine Challenge (IWC) 2018 and Great Value Award. There were very delicious.

I could spend informative time and be stimulated a lot by seeing the sake brewing process directly and leaning the process of Gekkeikan that has made a lot of history in the sake brewing industry.

Thank you very much for this valuable opportunity.

2019 Miss SAKE Japan
Sae Haruta

「佐々木酒造様 蔵見学」「ランディー・チャネル宗榮先生による茶道体験」を海外Miss SAKEと共に2019 Miss SAKE Japan 春田早重が参加して参りました。

京都・伏見「月の桂」蔵見学に海外のMiss SAKEと共に2019 Miss SAKEの春田早重が伺いました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP