Miss SAKE News/Blog

虹色に輝くロゴがトレードマーク!伝統の技と最新技術が生んだ純米大吟醸酒をご紹介致します!【白鶴酒造】×【Miss SAKE】

「時をこえ 親しみの心をおくる」というスローガンのもと、270年以上にわたる伝統の技と最新技術で一滴一滴に想いを込める

皆さん、こんにちは。2019  Miss SAKEの春田早重です。

今回ご紹介する日本酒は、兵庫県の酒蔵 白鶴酒造様の純米大吟醸です。

白鶴酒造様は「時をこえ 親しみの心をおくる」というスローガンのもと、時代の変化とともにお客様のニーズに耳を傾けながら多種多様な商品を販売なさっています。また、白鶴酒造様はより高品質な酒米を生産するため、2015年に農業法人「白鶴ファーム株式会社」を設立され、日本酒の原料となるお米作りにも取り組んでいらっしゃいます。

そして今回ご紹介するのはこちら、『翔雲」純米大吟醸です。

  • 正式名称: 白鶴 翔雲 純米大吟醸 自社栽培白鶴錦
  • スペック:精米歩合/50%・アルコール度数/ 15-16度・日本酒度/+1.0・酸度/ 1.5・アミノ酸度/ 1.0

米作りから酒造りまでを一貫して行い、一滴一滴に想いを込めて醸された白鶴酒造様渾身の日本酒、『翔雲 純米大吟醸』の気になるお味は?!

「翔雲」、この名前にはめでたいことが起こる前兆として現れる雲の意味が込められており、雲を抜け空を翔けるように呑む人の心を晴れやかに幸せなひとときを過ごしてもらいたいという想いを込めて名付けられています。またこの『翔雲 純米大吟醸』には上質な和紙のラベルがあしらわれており、そのラベルには淡い筆のタッチで田園風景、そして広がる空と大地を表現した飛び交う鶴と、そよぐ稲穂を表した白い線が描かれています。またロゴも虹色に輝いているのですが、これは水田の反射光をイメージし、キラリと光る箔が施されています。

この『「翔雲」純米大吟醸』は、農業法人「白鶴ファーム株式会社」(兵庫県丹波篠山市)で丹精込めて育て上げられた白鶴酒造様オリジナルの酒造好適米「白鶴錦」を100%使用し造られております。

そしてこの『翔雲 純米大吟醸』ですが、パイナップルのようなフルーツの香りがします。

初めは華やかな果実香やお米の甘みによって甘く感じるのですが、口に含むと穏やかな酸味も感じられ、両者のバランスがとても良いです。

翔雲 純米大吟醸』にオススメのペアリングは?

この繊細で華やかな香りを楽しんで頂きたいので、互いに引き立て合うようなさっぱりとしたお料理と是非お楽しみ頂きたいと思います。私個人的には、鯛のカルパッチョやバジルを使ったお料理と一緒に頂きたいと感じました。

またこの『翔雲 純米大吟醸』は、冷やすことで香りがより引き立つので10-15度の温度帯でお楽しみ頂けたらと思います。

日本酒の味わいの感じ方は十人十色なので、是非実際に味わっていただき、お好みのペアリングを見つけて頂けたら!と思います。

白鶴 翔雲 純米大吟醸酒 自社栽培白鶴錦 購入可能リスト

いい白鶴ネットショップ

 https://www.e-hakutsuru.com/

酒蔵情報:白鶴酒造株式会社

ホームページ:http://www.hakutsuru.co.jp
代表銘柄:白鶴(はくつる)
住所:兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「酒瓶の保管は縦横どっち?」Miss SAKEと学ぶ日本酒クイズ〜基礎編〜

純米大吟醸を3年寝かせたプレミアム古酒『藝(げい)』元祖蔵元の限定古酒をご紹介致します!【増田徳兵衛商店】

関連記事

  1. 大阪中之島にて開催された「麒麟のまち 日本酒フェア」に、2018 ミス日本酒 準…

    2018.04.30
  2. 『牡蠣に合う日本酒大賞 発表会』に2019 Miss SAKE春田早重が出席して…

    2019.08.27
  3. 「福島フェス2018」に2018 ミス日本酒 福島代表 準グランプリ 堀井雅世が…

    2018.10.25
  4. 日本で最初のスパークリング日本酒!元祖にごり酒『月の桂-純米大極上中汲にごり酒』…

    2020.07.06
  5. 『2019年awa酒協会認定式お披露目会』に2019 Miss SAKE 春田早…

    2019.10.27
  6. 英語で学ぶ『温度別!異なる名前と味わいの違い(Different Name an…

    2019.08.04

Miss SAKEについて/日経CNBC

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »