Miss SAKE blog

『IWC 2019 受賞プレミアム日本酒試飲会 本祭』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, participated in “the IWC 2019 Trophy Winner Premium SAKE tasting” at YUITO Nihonbashi-Muromachi Nomura building.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

10月19日、YUITO 日本橋室町 野村ビルにて、『IWC 2019 受賞プレミアム日本酒試飲会 本祭』が開催され、私も参加して参りました。

『IWC 2019受賞 プレミアム日本酒 試飲会』は、野村不動産株式会社様主催の元、世界で最も権威あるワイン品評会IWC(International Wine Challenge)2019 SAKE部門のトロフィー受賞酒を試飲していただける、毎年大好評のプレミアム試飲会です。

第9回目の開催となった今年は、トロフィーを受賞された全23の酒蔵様が出展され、二部に渡り多くの方々にご来場頂きました。

ご来場者の皆様は、IWCトロフィーを受賞された蔵元の皆様とお話をされながら、その素晴らしいお酒の数々を終始堪能されていました。会場を回らせて頂いた際、「本当に美味しい」というお声を多く耳にし、皆様が日本酒とともに素敵な時間を過ごしていらっしゃる姿を拝見し、私も大変嬉しい想いが致しました。

また、2部制で行われた試飲会の前には、SAKETIMES編集長の小池潤様、今年のチャンピオン・サケを受賞された仙台伊澤家 勝山酒造の蔵元・伊澤平藏様、IWCアンバサダーでいらっしゃる株式会社コーポ・サチ 代表取締役 平出淑恵様による日本酒セミナーが開催されました。

会場では、木本硝子様や離島キッチン様の出展ブースもあり、プレミアム酒をより美味しく演出してくださる商品の販売も行われていました。また、トロフィー受賞酒の販売も行われ、セミナーを受講された方や試飲会でお好みのお酒を発見された方を中心に、多くの方がお買い求めなさっていました。お酒を販売されていた方にお話を伺うと、これまで開催した中で一番売り上げが多く、来場者数も多いとのことでした。

(写真左)木本硝子様ブース前で (写真右)離島キッチン様のおつまみ

IWCのような世界規模で権威のあるワインコンテストにおいて日本酒が評価されることにより、日頃ワインを嗜んでいらっしゃる方や、これまで日本酒を知るきっかけがなかった世界中の多くの方々が日本酒の存在を知ってくださるようになりました。

海外において日本酒の美味しさが認知されその価値が高まってきている中、国内においても新しいスタイルの日本酒が増え、若い方や女性を中心に日本酒の人気が高まってきていることを、これまでの活動を通して強く感じています。

IWCトロフィーを受賞された蔵元の皆様と

今後も様々な日本酒PR活動をさせて頂く中で、今回の試飲会で感じた蔵元様の熱い想いや、日本酒造りに秘められた伝統をも多くの方々に発信していけますよう、Miss SAKEとして一生懸命励んで参りたいと思います。

出展蔵元の皆様、ご来場下さいました皆様、そして関係者の皆様、この度は大変素晴らしい機会を誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On October 19th, I participated in “the IWC 2019 Trophy Winner Premium SAKE tasting” at YUITO Nihonbashi-Muromachi Nomura building.

The “IWC Trophy Winner Premium SAKE tasting” is a popular and valuable tasting event, organized by Nomura Real Estate Development Co., Ltd. At the event, visitors could taste the Trophy Winner Premium SAKE of IWC 2019 SAKE, the SAKE section of one of the most authoritative Wine Competitions in the world.

The visitors were talking with brewers who won the trophy and enjoying the SAKEs. When I went around the venue, I realized that many people said “This is really good.” and I was very happy to hear that.

Before the tasting event, a special SAKE seminar was held by Mr. Jun Koike, the chief editor of SAKETIMES, Mr. Heizo Isawa, who won the 2019 champion SAKE and is the executive director of Katsuyama brewery and Ms. Toshie Hiraide, the representative director of Co-op SACHI Ltd.

In recent years, many foreigners have realized the goodness of SAKE and the value of SAKE has gone up in overseas. Through Miss SAKE activities so far, I have realized new types of SAKE have appeared in Japan, and those kinds of SAKE attract attention of young people and women.

I would like to share not only the charm of SAKE but also the traditional thing about SAKE making, and will try my best to do so.

All the brewers who participated in the event, all the guests, and everyone involved in the event, thank you so much for this valuable experience.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

『酒ゃビック いぃ〜OSAKEフェスタ2019』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

『京都酒林会 2019年祝米稲刈り』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP