Miss SAKE News/Blog

兵庫県多可町様より『純米吟醸 この手に抱きしめたい』を頂戴しました。

“Junmai Ginjo Konote-ni-dakishimetai” from Taka Town, Hyogo Prefecture

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

先日、兵庫県多可町様より『純米吟醸 この手に抱きしめたい』を頂戴しました。

こちらの日本酒は2019年6月に開催された、登紀子の田んぼで植えられた山田錦を使用して造られた日本酒です。多可町は山田錦発祥の地で、私もその田植えに参加をさせて頂きました。その時の様子は以下のリンクよりご覧頂けます。

こちらの日本酒の包装紙には田植えに参加された皆様のお名前が掲載されており、私の名前も拝見することができました。多可町の皆様の温かいおもてなしに触れた数々の思い出を振り返り、とても感慨深い思いが致しました。

兵庫県多可町にある登紀子の田んぼで植えられた山田錦で造られた日本酒『この手に抱きしめたい』

先日、姉の誕生日会を自宅で開いた際に早速こちらの日本酒を家族で頂戴致しました。私たちは冷酒と常温、2種類の温度帯でいただきました。それぞれ全く違う味わいでしたので感想をお伝えさせていただきたく存じます。

初めにいただいた冷酒は、とてもキレのあるすっきりとした味わいが印象的でした。シャープな飲み口なのですが、口に含むと山田錦のお米の旨味がふわっと広がります。

口内ではお米の香りが際立ち、味わいもまろやかなのですが喉越しはとてもスッキリとしており、お口の中をさっと洗い流してくれるような感覚でした。
お刺身や、豆腐の味噌漬け等と一緒に頂きたいと感じた日本酒でした。

その後いただいた常温ではお米の旨みや甘みを一層強く感じることができ、より複雑な味わいが致しました。
また、常温でいただいた時の方が、味わいだけでなく香りもより豊かで膨らみがあったように感じます。常温でいただく際には、だし巻き、塩辛、タコの天ぷらを一緒に頂きたいと感じました。

温度帯に関わらず、お米の香りや旨味が凝縮されたその豊潤な味わいから、山田錦発祥の地「多可町」で育てられた山田錦を思う存分堪能することができました。

これまで様々な日本酒を頂いて参りましたが、自身が植えたお米で造られた日本酒を頂戴するのは初めてでした。自身が植えたお米で造られた日本酒であると思うと、普段日本酒を頂く時とはまた違った、奥深い味わいが致しました。

多可町での貴重な田植え体験、そして当時植えられた山田錦を使用して造られた日本酒『純米吟醸 この手に抱きしめたい』を頂戴し、多可町の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

多可町長 吉田一四様をはじめ、関係者の皆様に心より深く御礼申し上げます。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan. One day, I received a sake called “Junmai Ginjo Konote-ni-dakishimetai” from Taka town, Hyogo prefecture. This sake is made from Yamada Nishiki planted at Tokiko-no-tanbo. Taka town is the birthplace of Yamada Nishiki and I also joined the rice transplanting. You can see the detail from the URL below.

On wrapped paper of the sake, the names of everyone who participated in the rice planting are printed and I found my name as well. While gazing at my name, I was looking back on the many memories in Taka town.

One day, my family held a birthday party for my sister and had the sake.

We enjoyed it at two different temperatures: cold sake and room temperature. I would like to introduce each tastes because the taste varies significantly at different temperature.

The cold sake, we had at the begging, was very sharp and refreshing. At first we felt very light taste, but the taste of Yamada-Nishiki spread gently afterwords.  My mouth was filled with rich rice aroma and mellow taste. However, we could feel refreshing taste at last like it rinsed my mouth. We thought it would go well with Sashimi, Tobu-no-misozuke and so on.

When we enjoyed the sake at room temperature, we felt the richness and sweetness of the rice even more strongly, and the taste was more complicated. Next time, we would like to have it with Dashimaki, Shiokawa and so on. Regardless of the temperature range, we could enjoy the flavor of Yamada-Nishiki grown in its birthplace “Takatown”.

I have received various types of sake, but it was my first time I enjoyed having sake made from the rice I planted. Since I was involved in the rice panting of Yamada-Nishiki, which was the main ingredient of the sake, I could feel different profoundness than usual while enjoying it.

 I would like to express my deepest gratitude to Mr. Kazushi Yoshida, the mayor of Taka town and all the people involved in the event for the precious rice planting experience and the sake “Junmai Ginjo Konote-ni-dakishimetai”.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ドームにて開催されました『ふるさと祭り東京オンライン』に2020 Miss SAKE 松井詩が参加をして参りました。

『2021 Miss SAKE Japan 最終選考会』開催のご案内

関連記事

  1. 2019 Miss SAKE 愛知 豊田佳穂が、『秋酒祭 ~AUTUMN SAK…

    2019.10.09
  2. 『武蔵の國の酒祭り2019』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参…

    2019.09.18
  3. 2019ラグビーワールドカップに向けた、『横浜ラグビーフェスタ2018』Tour…

    2018.10.29
  4. 『国際me-byoフェスタ 2018 ~秋の夜長 Camplugged~』に20…

    2018.11.05
  5. 『RWCファンゾーンでの首都圏地酒PR』に2019 Miss SAKE 春田早重…

    2019.11.05
  6. 「2018年吟醸新酒祭」に2018 ミス日本酒 準グランプリ 福島代表 堀井雅世…

    2018.05.19

Miss SAKEについて

>About Miss SAKE

 

>2020 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

 

>2021 Miss SAKE Japan ファイナリスト

 

>歴代 Miss SAKE の軌跡

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKEメールマガジン

最近の記事

PAGE TOP
Translate »