Miss SAKE blog

関東甲信クボタ様の『クボタサマーフェア2019 inつくば』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, participated in “Kubota Summer Fair in Tsukuba” continuing from 14th.

[English follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

7月15日、クボタ筑波工場にて開催された関東甲信クボタ様の『クボタサマーフェア2019 in つくば』に14日に引き続き参加して参りました。

関東甲信クボタ様は、平成24年に関東甲信地区クボタグループ販売会社様の3社が合併され、19県の地域のサポートをされており、地域の農業の発展を促進する農業機械の販売・サービスを中心に、農業の課題解決に向けてのソリューション活動、フィールドウェアの販売、農産物販売など、多岐にわたって事業を展開されています。

この展示会では、トップシェアを誇るクボタ様の農機が数多く展示されており、散布用ドローンなど、最先端技術を取り入れた製品の実演や、新製品・スペシャル機発表会も実施されておりました。展示品の中には、TBS日曜劇場「下町ロケット」に出演したトラクタもあり、大変光栄なことにそのトラクタに試乗させて頂き、記念撮影もさせて頂きました。

そして、最終日であったこの日の展示会では、米・食味鑑定士協会会長 鈴木秀之様の講演会が開催され、私も参加させて頂きました。

古来より受け継がれてきた日本の気候・風土に合った稲作。しかし現在、その「価値」「価格」が揺らぐことで、受け継がれてきた「水田」「お米」の後継者が減少し、各地に根ざす地域文化や人々との絆、あるいは、自然環境との絆が急速に衰退しつつあります。また、市場のグローバル(国際)化や少子高齢化による、消費量の減少など多くの課題を抱えている日本のお米産業。

米・食味鑑定士協会会長 鈴木秀之様と

このような課題を踏まえ、日本のお米産業を支援すべく立ち上げられたのが『米・食味鑑定士(お米のソムリエ)』です。米・食味鑑定士は、過去20年の実績を誇る充実した米・食味鑑定士協会様の講習で培ったお米に関する深い知識を用い、「食味」「品質」「栽培法」によりお米を鑑定します。米・食味鑑定士協会様は、本当においしいお米を望む多くの消費者にアピールすることで、日本のお米産業を発展させ、地方再生や豊かな自然環境の保護に繋げていくことを目的に活動されています。

米・食味鑑定士協会様は1998年に発足され、今年で21年目を迎えられます。お米のソムリエ 米・食味鑑定士の資格を有する方は日本国内に留まらず、海外にもいらっしゃり、国内外で1500名以上にも上ります。

展示会にいらした海外のお客様と

鈴木様は、米・食味鑑定士の存在意義に加え、競争に勝ち抜く方法、世界を相手に戦うために必要なことなど、ビジネスにおける実践的な内容を丁寧にお話しくださいました。鈴木様は、農業と結びつけながらお話をされていましたが、決して農業だけではなく他業種においても応用が利く内容であり、とても刺激を受けたと共に多くのことを学ばせていただきました。

時代の変化と共にグローバル化が進むにつれて、安価な海外米が登場し、市場ニーズも大きく変化します。その中で、日本の美味しいお米が消費者の皆様に愛され続けるためには、消費者の皆様に対して安全・安心・おいしさ・信頼を満たした多様な商品を提供する必要性があります。米・食味鑑定士の皆様は、お米の鑑定を通して、未来の米産業を支えるだけでなく、地方再生や豊かな自然環境の保護にも大きな役割を担われています。

今回、鈴木様の講演会に参加させて頂き、「米産業」という一つの日本文化に向き合い、学びを深める機会を頂けましたことをとても嬉しく思います。今後も物事に対して広い視野を持ち、多くのことを学んでいけるよう努めて参ります。

米・食味鑑定士協会会長 鈴木秀之様、関東甲信クボタの皆様、関係者の皆様、この度は貴重な経験を誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On July 15th, I participated in “Kubota Summer Fair in Tsukuba” continuing from 14th.

KantoKoushin-KUBOTA supports farmers in as many as 10 prefectures. Not only sale and services of agricultural machines, they develops a wide range of businesses: solution activities for solving agricultural problems, sales of field wears and sales of farm products.

At this exhibition, many agricultural machines of Kubota which control the top market share in agricultural products were displayed, and they gave some demonstration of their products using advanced technology such as spraying drone, and new products and special machines were also displayed. They also performed presentation of their new products. It was a great honor for me to take a picture with the tractor which appeared in TV drama called “Shitamati-Rocket”.

On this day, which was the final day to be held, Mr. Hideyuki Suzuki, the president of Rice Taste Appraiser Association, gave his lecture and I joined it.

Rice farming is one of Japanese traditional cultures which is suitable for the climate and natural features in Japan. However, rice industry in Japan has had many problems such as lack of successors, market globalization, decrease in number of consumers by falling child birthrates and so on.

Mr. Suzuki started up The Rice Taste Appraiser Association to solve these problems. Rice Taste Appraisers use their deep knowledge about rice, and judge each kind of rice by taste, quality and cultivation method. Rice Taste Appraiser Association appeal to many consumers who want to have really good rice for the purpose to develop rice industry in Japan, regional revival and protecting natural environment. There are more than 1500 Rice Taste Appraisers not only in Japan but also overseas.

Mr. Suzuki politely told us the method to survive in global market, what you need to challenge the world in addition to the meaning of Rice Taste Appraiser.

As the globalization advances, cheaper rice have been imported to Japan and the market needs change greatly. In this situation, to keep Japanese rice be loved by many consumers, it is necessary to provide various kinds of rice which satisfy safety, reliability and deliciousness. Rice Taste Appraisers play the role of not only supporting rice industry in the future but also regional revival and protecting nature environment.

I am so grateful to have an opportunity to face with rice industry which is one of Japanese cultures, and deeply studied about it. I will continue to have a wide perspective and learn many things.

I would like to show my gratitude to Mr. Hideyuki Suzuki, the president of Rice Taste Appraiser Association, everyone at Kantokoushin-kubota and all the people who were involved in this exhibition.

Thank you for this wonderful experience.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

関東甲信クボタ様の『クボタサマーフェア2019 in つくば』に2017 Miss SAKE 準グランプリ 加藤香と2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

『韓国京都青年会議所 第42次 海外地区会員大会』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP