Miss SAKE blog

『牡蠣に合う日本酒大賞 発表会』に2019 Miss SAKE春田早重が出席して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, attended the best sake for oyster contest.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

8月20日、都内某所にて『牡蠣に合う日本酒大賞 発表会』が開催され、私も出席して参りました。

この大賞発表会は、佐藤言也様が主宰を務めていらっしゃる、牡蠣の正しい情報の普及啓蒙を手掛ける日本オイスター協会様および、牡蠣に関する人材育成を主に行っていらっしゃるオイスターアカデミー様によって開催され、史上初の試みとなる「牡蠣に合う日本酒大賞」が発表されました。

(左から)オイスター協会ならびにオイスターアカデミーの主宰を務めていらっしゃる佐藤言也様と恵比寿「酒 秀治郎」プロデューサー 直野秀治郎様と

詳細は「牡蠣に合う日本酒大賞」の公式サイトならびにカキペディア|牡蠣百科ホームページでのプレスリリースからもご覧頂けます。

世界中で愛されている牡蠣の8割以上は日本の品種が海外に渡ったもの。である一方、供されるお酒は主にシャンパーニュやワイン。日本産の牡蠣が日本酒と一緒に食されていないことに着目された佐藤様は、同じ醸造酒である日本酒に焦点をあて、あらためて本当に日本酒は牡蠣に合うのだろうか、そしてどんな日本酒が牡蠣に合うのかを明らかにするマトリクス検証を「延べ400人」による「ブラインドテイスティング」で実施されました。

牡蠣とは言っても、調理方法で牡蠣の味わいは大きく変化します。そこで、殻付き活牡蠣部門、カキフライ部門、蒸し牡蠣部門、焼き牡蠣部門、茹で牡蠣部門の5つの部門に分け、部門ごとに一番相性の良い日本酒が選出されました。

この日は、大賞発表に先駆けて、各部門上位3位の日本酒のブラインドテイスティングも開催され、私も参加させていただきました。各部門ごとに、下記の二通りで日本酒と牡蠣の味わいを比較させて頂きました。

A:お酒と牡蠣をそれぞれ別々に

B:牡蠣を食べて口の中にある間にお酒を飲む

いずれの部門においても、Bの食べ方の方が牡蠣の旨味をより強く感じることができました。

各部門大賞は、以下の通りです。

  1. 殻付き活牡蠣部門: 来福 MELLOW 貴醸酒
  2. カキフライ部門: 五人娘 生もと純米 琥珀色
  3. 蒸し牡蠣部門: 奥能登の白菊 本醸造 上撰
  4. 焼き牡蠣部門: 加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 生詰原酒
  5. 茹で牡蠣部門: 田村 生もと 純米

(左から)殻付き活牡蠣部門大賞: 来福 MELLOW 貴醸酒、カキフライ部門大賞:五人娘 生もと純米 琥珀色、蒸し牡蠣部門大賞: 奥能登の白菊 本醸造 上撰

今回この大賞発表会を通じて、日本酒が持つ、食材本来の旨味を引き出す素晴らしい魅力を改めて感じることができました。日本酒とお料理のマリアージュをPRさせていただく際に、今回の学びを大きく活かしていきたいと思います。

佐藤言也様、関係者の皆様、この度は素晴らしい機会を誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 miss SAKE Japan.

On August 20th, the best sake for oyster contest was held and I attended it.

This contest was held by Japan Oyster Association, who spreads correct information of oysters, and Oyster Academy, who develops human resources for oysters. Mr. Gen Sato presides over these two organizations, and this was the first time to held the contest about the best sake for oysters.

You can see the details from official website of the contest and the press release of KAKIPEDIA too.

Over 80% of oysters eaten around the world is originally made in Japan. When people eat oysters, However, they tend to have champagne or wine. Mr. Gen Sato realized that people do not have Japanese sake with oysters, and was wandering Japanese sake actually matches oysters. So, he determined to hold a contest to choose the best sake for oysters.

Oysters have various taste depending on the cooking method. Therefore, he established five departments: live oysters with shell, deep fried oysters, steamed oysters, grilled oysters and boiled oysters, and selected the best sake for each department.

On this day, ahead of the announce of the grand prize, we joined blind tasting of the best three sake for each department. For each department, we ate oysters in two ways and compared the difference in taste.

A: Have sake and oyster separately

B: Eat oyster first, and have sake while oyster is still in one’s mouth

For all departments, I felt more deliciousness when I had oyster and sake together in my mouth. (B)

The grand prizes for each department are as follows.

  1. Live oysters with shell: Raihuku MELLOW Kijo-shu
  2. Deep fried oysters: Goninmusume Kimono Junmai Kohakuiro
  3. Steamed oysters: Okunoto-no-Shiragiku Honjozo Zyosen
  4. Grilled oysters: Kamonishiki Nihudazake Junmai-Daiginjo Namazume Gensyu
  5. Boiled oysters: Tamura Kimono Junmai

Through this contest, I could learn the unique trait of sake to bring out the flavor of food. I would like to make use of this learning when I promote pairing between sake and cuisines.

Mr. Gen Sato, all the people who were involved in the contest, thank you so much for this valuable opportunity.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

2019 Miss SAKE 愛媛代表 今川あかりと、 愛知代表 豊田佳穂が、「全国専修学校各種学校総連合会中部7県ブロック協議会 第64回定期大会」に参加してまいりました。

『愛媛の酒を楽しむ会』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP