Miss SAKE blog

2019 Miss SAKE 長野 丸山友理慧が、「問天、問世」試飲即売会に参加して参りました。

Yurie Maruyama, 2019 Miss SAKE Nagano participated in the selling event from “Monten” and “Monsay”, one of the premium sake brand to globally

[English Follows]

皆さま、こんにちは。
2019 Miss SAKE 長野代表の丸山友理慧です。

ご報告が遅れてしまいましたが、
10月19日(土) 20(日)に日本橋三越地下一階で開催された【「問天」「問世」試飲即売会】に、2019 Miss SAKE グランプリ 春田早重さん、2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香さん、富田梨花さんと参加してまいりました。

江戸時代より続く京焼の窯元「真葛 宮川香齋 作陶展」が同館6階美術品売り場に開催され、六代目である宮川先生の喜寿のお祝い「問天 真葛ボトル」の発表と合わせて、株式会社問天様より「問天」「問世」の日本酒のご案内を私たちもご一緒にさせて頂きました。

16日から22日までの限定イベントでございましたが、歴史ある真葛焼と日本酒のコラボレーション企画、そして普段手に入れられない貴重なお酒に魅了されて、期間中は大変多くのお客様がご来場下さいました。

株式会社問天様がお届けする日本酒は、

「『真にプレミアムな日本酒』を天に問い、世に問う。」日本アルプス麓のテロワールにこだわった造りとなっております。

フランス・パリで開催された欧州最大の日本酒見本市である「salon du Sake」にもブースを出展。パリの三ツ星フレンチレストランでご堪能いただける最高峰の「問天」シリーズは、日本食の枠を超えて洋食文化に合う贅沢な味わいを醸し、またワインのようなスタイリッシュなデザインのラベルにも惹き込まれます。

この度、お客さまにはセカンドシリーズとしての「問世」をご試飲いただきましたが、独特のまろやかな味わいに舌鼓を打たれているお客さまの姿、また株式会社問天の竹久社長が「日本酒の美味しさを世界へお伝えしたい」とお酒の秘める将来的な可能性をお話される姿を拝見し、日本酒が人に与える感動の大きさを改めて実感致しました。

実は、今回の「問天」「問世」は、長野県大町市の薄井商店様が醸された新しいブランドのお酒で、使用される酒米はすべて、醸造する蔵元から半径10キロ以内にある9軒の契約栽培農家様が栽培されたものです。

大町市はおよそ900年前に伊勢神宮の荘園として伊勢神宮に供える米を作っていた土地であり、北アルプスの麓に位置する好立地からも、何千年もかけて湧き出た雪解け水が今回の仕込み水として使われています。

そして、薄井商店様が醸す日本酒のボトルを創られたのが、江戸時代より続く”真葛焼”の窯元である宮川香齋先生。

今回は同館6階で開催の「真葛 宮川香齋 作陶展」において、宮川先生と御子息の宮川真一様にもご挨拶をさせて頂きました。

代々受け継がれる技法を用いる作品一つ一つは、時代の要望と探究心を生み出す一方で、日本人特有の”美意識”を醸し出しているように見えます。

また同会場のお茶席にて、恐れ多いことに真葛焼のお茶碗で御点前を頂戴しましたが、宮川先生の創り出される「一期一会」の世界観を身を以て体験させていただく貴重な機会となりました。

歴代の巧みの技を継承される真葛焼の「日本人の心」と、最上級の美味しさと贅沢さを追及される薄井商店様。そして、既存の日本酒の常識を越えて、新たな日本酒文化を築かれる竹久社長。

日本文化を尊び、蔵元様に寄り添う竹久社長の想いから誕生した本イベントに参加させて頂き、大変光栄でありました。

イベントを通して、長野県のお酒が、このようなかたちで国境を超えて味わって頂いていると知り大変嬉しく、また、お伝えする身の一人として誇りに思います。

常に最上級を追及される皆さまを前に、私自身も日本酒のアンバサダーとして確固たる信念と共に、引き続き励んでまいります。

株式会社問天様、宮川先生、関係者の皆さま、この度は貴重な機会を頂戴しまして、誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 長野代表 丸山友理慧

[for English Speakers]

Hello everyone.

This is Yurie Maruyama, 2019 Miss SAKE Nagano.

On October 19 and 20, I participated in the selling event from “Monten” and “Monsay”, one of the premium sake brand to globally, with Ms. Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, Ms. Namika Tsukahara and Ms. Rika Tomita, 2019 Miss SAKE runner-ups.

These sakes are produced by Mr. Ken Takehisa, the president of Monten Co., Ltd., for spreading Japanese sake to over the world. And this brand made at Usui-Shoten brewery in my hometown, Nagano with the bounty of nature.

In this event, “Monten” has collaborate with Mr. Kosai Miyagawa, as a historical potter in Kyoto, he is trying to make Japanese pottery for generation from Edo-Period.

Following those people who pursuing the highest grade like them,  I try to do my best as ambassador to give a benefit from impressed sake.

It was very grateful to Mr. Takehisa and all the people involved for giving this opportunity.

Yurie Maruyama, 2019 Miss SAKE Nagano

『RWCファンゾーンでの首都圏地酒PR』に2019 Miss SAKE 春田早重と2019 Miss SAKE 神奈川 水谷さやかが参加して参りました。

『ツーリズムEXPOジャパン2019大阪』に、2019 Miss SAKE 大阪 豊川栞那が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP