Miss SAKE News/Blog

MOSS CROSS TOKYO様にて一般社団法人ミス日本酒の懇親会を行いました。

Dinner engagement at MOSS CROSS TOKYO located on the first floor in Frazer Suites Akasaka.

[English follows]

皆さま、こんにちは。
2020 Miss SAKEの松井詩です。

8月30日 東京 赤坂のフレイザースイートホテル一階にありますMOSS CROSS TOKYO様にて一般社団法人ミス日本酒の会食を行いました。

コンセプトに「和魂洋才」を掲げるMOSS CROSS TOKYO様のお料理は「素材」選びに一番の情熱を注がれております。
生産地に自らの足を運び、その土地、風土、空気、人々の思いを肌で感じることで湧き上がるインスピレーションを「形」にすべく、東洋と西洋をフュージョンしたお料理で表現をする。
類い稀なるMOSS CROSS TOKYO様の魅力を私も存分に味わわせていただきました。

コースのお料理はアミューズ:『野菜の出汁 青森県産 兜スッポン』から始まる全9品。

そのどれもが見た目の麗しさもさることながら、味や香りといった五感の全てで味わい尽くすことのできるお料理で、素晴らしいお料理と日本酒とのマリアージュに驚きと、心の底から湧き上がる幸せを終始噛みしめておりました。

前菜のシェフが愛した9つの食材

お魚料理の甘鯛の松笠焼き 醗酵プラム

今回の会食は、一年半という長い任期を務めた2019 Miss SAKE春田早重さんの慰労会と懇親会という二つの意味を成す会食でございました。

私がMiss SAKEの存在を知ったのは春田さんが日本代表になられた年。

大会に出場を決めてから、常に目標とし、追いかけ続けてきた方でした。

世間が未曽有の事態に陥り、大会延期が報じられ、ナデシコプログラムの先行きが分からなくなった時も。
日本代表としての活動を通じて2020 Miss SAKEファイナリストを最後まで先導してくださりました。

その魅力をアンバサダーとして多くの方々に発信するMiss SAKEは、私で7代目を迎えます。
春田さんから受け継いだバトン。
【日本代表】という言葉の重み。

2020 Miss SAKE北海道代表、そして2020 Miss SAKE Japanとしての活動は私に、日本文化への誇りを再確認させ、様々な活動、様々な方々との出会いを通じて自身を成長させてくれる、生涯の財産を築いてくださいました。

そして、会食の最後には、なんと一般社団法人ミス日本酒 愛葉宣明代表理事よりサプライズの花束が。

性格や醸し出す雰囲気に合わせお花のアレンジメントを熟考してくださったそうで、その深い心遣いに大きな感銘を受けるのとともに、個々を常に気にかけ、私たちの成長を日頃から注意深く見守っていただいていることに、心から嬉しく感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

2020 Miss SAKEとして一学生である私が夢のような機会を現在頂戴できているのは、一般社団法人を築いてくださった愛葉代表理事、大西専務理事、中村事務局長をはじめ、歴代のミスの皆様、そして今日までMiss SAKEを応援し、支えてくださった方々の存在なくしては成し得なかったことであると強く痛感いたしました。

感謝の気持ちを忘れず、多くの方々が築き上げてきた思いを受け継ぎ、そして次へと紡いでいくことのできるよう尽力を尽くしたい。

そんな決意もまた、MOSS CROSS TOKYO様にてお食事をさせて頂きながら「飲・食」を通じて人々がつながりを深め合う空間の愉しさ、「飲・食」の魅力をも再確認できたことがきっかけでした。

中央:MOSS CROSS TOKYO総料理長 増山明弘シェフ

MOSS CROSS TOKYO ジェネラルマネージャー 兒玉一樹様、アシスタントマネージャー 鈴木尭敏様、総料理長 増山明弘シェフ、そしてMOSS CROSS TOKYOの皆様、言葉にならない感動と「和魂洋才」の織り成す沢山の驚きをご提供くださり、誠にありがとうございました。

2020 Miss SAKE 松井詩

[For English Speakers.]

Hello, everyone.
This is Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE Japan.

On the 30th of August, we had a dinner engagement at MOSS CROSS TOKYO located on the first floor in Frazer Suites Akasaka, Tokyo.
With a philosophy “Wakon-Yosai(和魂洋才)” meaning ‘Japanese-Spirit’ versus ‘Western-Cuisine’, MOSS CROSS TOKYO believes that a great dish comes from the great ingredients.
Therefore, team MOSS goes to the producers all over Japan as we could learn about their cultures, enjoy authentic foods there, adore them, images, and give form to their creations.

Starting with the menu “Amuse: Dashi with Softshell turtle”, the course menu consists 9 plates, including appetizer “Shokado-9: Assorted 9 kinds of appetizers”, “Vegetable: Daichi no Megumi- Deep fried eggplant in duck consomme”, “Fish: Umi no Sachi-Crispy tilefish on the fermented plum sauce”, “Meat: You meat-braised boar truffle flavor”, “Donabe numero 2- rice cooked with mushrooms” and “Dessert: betsu-bara-sweet- grape soup with red shiso leaf sorbet.

The blending of multiple cultural foods may include a mix of intense flavors or subtle nuances while incorporating differing regional ingredients and a mix of traditional cooking methods.

Foods from MOSS CROSS TOKYO derived a new burst of flavor from contrasting elements, such as sweet and savory, creamy and textured, or even spicy and mellow.
I have realized that regardless of the specifics, quality fusion food always marries the best elements of cultural and regional food diversity.

Dessert: Grape soup with Red shiso leaf sorbet

Deep fried eggplant in Duck consomme.

This night’s dinner was a dinner given in recognition of Ms. Sae Haruta- 2019 Miss SAKE’s hard work.
Due to the COVID-19, Miss SAKE final competition has been postponed for 4 months.
Even times when everything has been undecided and filled with anxiety, Ms. Haruta lead us till today.
I cannot thank more than anyone else for her hard work.

During 2020 Miss SAKE final stage. (Left to right) Ms. Rino Tanaka 2017 Miss SAKE, Ms. Sae Haruta 2019 Miss SAKE, Ms. Mai Morita 2014 Miss SAKE.

At the end of the evening, we received a flower bouquet from Mr. Aiba, representative director of Miss SAKE.
Each flower arrangement was chosen by the image of each individual.
I was astonished and incredibly grateful for his kindness.

As 2020 Miss SAKE, I would do everything I possibly could, to spread the fascination of a Japanese SAKE, and at the same time to pass everyone’s enthusiasm to the next 2021 Miss SAKE.

Thank you Mr. Kazuki Kodama general manager of MOSS  CROSS TOKYO, Mr. Takatoshi Suzuki assistant manager, Mr. Akihiro Masuyama head chef and everyone from MOSS CROSS TOKYO for an amazing evening.
Thank you very much for reading.

Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金子ゆかり 諏訪市長の元へ、2020 Miss SAKE 長野代表 横田 真理華が表敬訪問に伺いました。

【Miss SAKEのおうちで日本酒】〜純米吟醸 『無尽蔵』 夏吟醸〜

関連記事

  1. 『2018長野の酒メッセ』に2018 ミス日本酒 準グランプリ・長野代表 児玉ア…

    2018.10.20
  2. 『第40回東京一ノ蔵を楽しむ会』に参加してまいりました。

    2018.12.06
  3. 2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花が『埼玉の地酒を楽しむ会20…

    2019.06.11
  4. 2017 ミス日本酒 ファイナリスト発表!

    2016.12.22
  5. 大阪中之島にて開催された「麒麟のまち 日本酒フェア」に、2018 ミス日本酒 準…

    2018.04.30
  6. 静岡県富士宮の名所を巡るプレミアム酒蔵ツアーに、2018 ミス日本酒 準グランプ…

    2019.03.14

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »