Miss SAKE News/Blog

『白鶴 銀座天空農園』白鶴錦 稲刈りイベントに2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花が参加して参りました。

Rika Tomita, 2019 Miss SAKE runner-up  joined a rice harvesting event at the HAKUTSURU Ginza Sky Farmstead located on the roof floor of Tokyo branch office of HAKUTSURU SAKE Brewing Co., Ltd.

 

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花です。

1026日、白鶴酒造銀座ビル屋上にある「白鶴銀座天空農園」にて白鶴錦の稲刈りに参加して参りました。

白鶴酒造株株式会社 様は、1743年(寛保3年)より日本を代表する酒どころである灘五郷の一つ、御影郷で酒造りをはじめられました。

そして、日本屈指の情報発信地「銀座」から日本酒文化の発信を目的に、2007年より東京支社ビル屋上に白鶴銀座天空農園にて、独自開発酒米「白鶴錦」を栽培されています。

はじめは100基のプランターを並べ開始した稲の栽培は、現在は110平方メートルの田んぼとなり、小学生の体験学習や、日本酒に関するセミナー、海外からの視察やマスコミ取材など、「銀座から世界へ、SAKEのあるライフスタイル」を発信されています。

今年の6月に2019 Miss SAKE 春田早重さんが、銀座天空農園での田植えに参加させて頂きました。 

*『白鶴銀座天空農園』白鶴錦田植えイベントの様子はこちらよりご覧くださいませ。

春田さんが植えた稲たちが、季節を経て豊かな黄金の穂を実らせており、感銘を受けると共に、私がその稲を収穫させて頂けること、大変光栄でした。

2019年の気候の特徴として、寒夏と言われるほど7月の気温が上がらず、また日照時間も短かったこと、そして秋にかけて大型台風などが重なったことから、全国的に作物の栽培には非常に厳しい年になりました。

白鶴銀座天空農園 チームリーダー 高尾翔太様は、ビルの屋上での稲作にマニュアルはなく、試行錯誤の毎日であるとお話しされており、今年の気候も相まって、白鶴銀座天空農園の皆様が、懸命に稲を守り向き合ってきたことが感じられ、私も心を打たれる思いでした。

古くより『お米は日本酒の命』であると言われておりますが、こうして雨風に負けず、力強く成長し穂を実らせるお米があってこそ、そして情熱をかけてお米を守っている人々の手によって、美味しい日本酒が生まれるのだということを改めて実感致しました。

またこの日は、6月の田植えに参加された方々に加え、日本大学と九段日本語学院で学ぶ留学生の皆さんも稲刈りに参加されておりました。

ドイツやフランス、ロシア、フィリピン、台湾など様々な国からいらしている留学生の方々からは、「日本文化の体験ができてとても楽しかった」という声をたくさん聞くことができ、大変嬉しかったです。

稲刈りの後は、白鶴錦で醸された純米大吟醸を試飲させていただきましたが、今まさに稲刈りを終えた私達にとっては、より一層奥深い味わいに感じられました。

現在は米造りにおいても機械化が進んでおりますが、白鶴銀座天空農園では、田植え・稲刈りは勿論のこと、稲を乾燥させるはさがけや、籾を落とす作業である脱穀も手作業でおこなっております。

私は高校時代、普通科でありながら農業が経験できる高校に進学し、田植えや稲刈りを行なって参りました。手作業での田植え・稲刈り・はさがけを行なう経験では、お米11粒の大切さを身を以て学ぶことができ、この経験を言葉によって伝えるだけでなく、実際に一人でも多くの人に体験してみてもらいたいという願いを持っておりました。

そのため、このように国内外から多くの人が訪れ、日本の経済を回し、都会的なイメージが強い「銀座」という地で、原点に立ち返りながら、先人たちの技術と伝統を尊重しながら米作りを行い、都会の中心だからこその発信力を活用し、次世代を築く子ども達や、世界へ広めていく、白鶴銀座天空農園の取り組みに、非常に感銘を受けております。

この日収穫した白鶴錦が、来年どんな日本酒へと姿を変えるのか、私も今から心待ちにしております。

今回のイベントを通じ、やはり「日本酒は自然の賜物であり、日本の誇る文化である。」という、そんな大切なことを改めて感じさせて頂きました。

白鶴銀座天空農園の皆様、そして関係者の皆様、この度は素晴らしい経験を誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Rika Tomita, 2019 Miss SAKE runner-up.

On October 26th, I joined a rice harvesting event at the HAKUTSURU Ginza Sky Farmstead located on the roof floor of Tokyo branch office of HAKUTSURU SAKE Brewing Co., Ltd.

HAKUTSURU Ginza Sky Farmstead was founded in 2007 on the basis of the philosophy to promote SAKE culture from the center of Tokyo. On the farmstead, the special rice for SAKE brewing, HAKUTSURU NISHIKI, has been cultivated.

The scenery of golden ears of rice plants impressed me and made me feel the round of the seasons.

It’s usually said that rice is the most important ingredient which gives “life” to SAKE. I understand it’s true, by the change of the Farmstead scenery with the lapse of time.

 By visiting the Farmstead and joining the rice harvesting, I once again realized a cup of sake is made from lots of elements such as nature, regional society and power of people.

I extend my deep appreciation to all the people involved in the event.

Thank you very much for the valuable experience.

Rika Tomita,2019 Miss SAKE runner-up.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『いわて酒物語2019』に2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花が参加して参りました。

『Miss SAKE Shanghai オープニングパーティー』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

関連記事

  1. 『農!と言える酒蔵の会「第2回オープンセミナー」』に2019 Miss SAKE…

    2019.11.22
  2. 「新潟大学・全学同窓会交流会」にて、2019 Miss SAKE 新潟 鈴木聖袈…

    2019.10.22
  3. 『2018年 awa酒協会認定式及びお披露目会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗…

    2018.10.19
  4. 『埼玉地酒応援団総会』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実と2018 ミス日本酒 …

    2018.08.05
  5. 2019 Miss SAKE 春田早重が『マイスター工房八千代』に伺って参りまし…

    2019.06.12
  6. 『惣誉をかこむ秋の夕べ』に2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して…

    2019.01.12

Miss SAKEについて/日経CNBC

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »