Miss SAKE News/Blog

「無印良品 つながる市」にて、2022 Miss SAKE 兵庫 清洲理子が「兵庫県産米のPR」をさせていただきました。

皆さまこんにちは。
2022 Miss SAKE 兵庫 清洲理子です。

10/23(日)に神戸阪急5階の無印良品店舗にて開催された「無印良品 つながる市」に参加いたしました。

お米をコミュニケーションツールとして、生産者と消費者を繋げ、農業が抱える課題について取り組まれている株式会社Agrico様。
お米のマイスターの皆様より正しいお米の炊き方や保存方法などを伝授していただきました。

また、店頭ではMK精工様の家庭用小型精米機「ライスロン」の実演販売が行われており、新鮮なお米をご家庭でも楽しんでいただけることから多くのお客様が足を止められご興味をお持ちでした。

お米は鮮度が命!

玄米で保存するのと、精米した状態で保存をするのではその鮮度にかなりの差があり、精米して保存した場合は酸化が進んでしまいます。

そのため、玄米で保存して食べる都度精米をすることが鮮度を保つ上で大変重要なことなのですが、購入した時点で精米をされていることが一般的です。

この点においても、農家さまより直接お野菜やお米を購入する重要性を一層感じさせられました。

私は普段より極力、顔の見える買い物を心がけており、基準に満たないお野菜を譲っていただくこと、購入する際はゴミを減らすために包装資材無しでお願いすること、またお米に関しては玄米のままで購入するなど、農家さまと直接繋がるからこそ出来る買い物を実践しています。
また、家庭菜園をしていることもあり、米糠は肥料として大変重宝しています。

(ライスロン公式HPより引用)

こちらのライスロンは、精米中にお米が割れてしまう率・割米率が0.5%と、お米に大変優しい精米機です。

従来の精米機は刃を使い精米を行いますが、ライスロンはお米同士の摩擦により削るため無理な精米がなく、お米への負担が最小限に留められています。刃物による摩擦が少ない分、熱由来の風味劣化が少なく鮮度の高いお米をいただくことができます。

上部パーツが2合分の計量カップになっており、また独自の技術により重量を測るシステムが導入されているため、その都度お米の重量に合わせて精米が行われます。

精米歩合は3.5.7.胚芽、白米、上白、無洗米を選ぶことができ、胚芽の設定では栄養素を残したままの白米に近い精米を行える、大変便利な機能が備わっております。

また、精米後に出た糠は大変細かく、煎ってふりかけに、化粧品に、畑の栄養素にするなど、糠の使い道も多様にございます。

「無駄な操作を一つでも減らし、自宅での精米を楽に行ってほしい」と、MK精工の春日様は仰っておりました。
ライスロンは2年という歳月をかけ開発が行われたこともあり、皆様の美味しいお米に対する熱意を間近に感じることができました。

ブースには神戸市北区で飯米の栽培をされている株式会社こうべファーム様の新米が並び、ライスロンで削った削りたてのお米を試食ができ、お米のはなやぐ香りがふんわりと漂っていました。

店頭には有機肥料のみを使用し、農薬の検査においても検出なしの承認を得た特別栽培米コシヒカリとヒノヒカリの2種類が並びました。コシヒカリはしっかりとした粘りに最後まで口の中に広がる甘みが特徴で、ヒノヒカリは粘りはありつつもさっぱりとした甘みが特徴のお米です。

他にもとれたての神戸産野菜が並び、沢山の方が集うイベントとなりました。当イベントでは直接農家の皆様とお話をする機会があり、農業について再考する大変有意義な時間となりました。

最後になりましたが、当イベントにてお世話になりました株式会社Agrico 代表取締役 田中様、関様、株式会社神戸ファームの皆様、並びに関係者の皆様に心より感謝申し上げます。皆様の益々の繁栄を願い、微力ではございますが、私も貢献できるよう努めて参ります。

2022 Miss SAKE 兵庫 清洲理子

Hyogo rice was promoted at the MUJI Tsunagaru Ichiba.

Hello everyone, I was participated in the MUJI Tsunagaru Ichiba held on the 5th floor of Kobe Hankyu on 23 October (Sunday).

Agrico Co., Ltd. uses rice as a communication tool to connect farmers and consumers and tackle issues that agriculture faces. At this event, the rice masters taught the correct way to cook and store rice to keep its deliciousness.

In addition, the MK Seiko compact home-use rice milling machine RICELON was being demonstrated and sold at the booth, with many customers stopping by to take a look at the fresh rice they can enjoy at home.

Freshness is the key to rice. There is a difference in freshness between storing brown rice and storing polished rice, as polished rice is more oxidised. Therefore, it is very important to store brown rice and polish it each time it is eaten to maintain freshness, but rice is usually polished when it is purchased.

In this perspective, it’s important to buy vegetables and rice directly from farmers.

I try to do my best to purchase directly from them, and asking for vegetables that do not meet the standards, asking for no packaging materials to reduce waste when purchasing, and purchasing rice in its unpolished state. I also have a vegetable garden and find rice bran very useful as a fertilizer.

This RICELON is a rice-polishing machine that is very gentle to rice, with a 0.5% cracking rate, while a general rice polishing machine brokes during polishing. Conventional rice polishing machines use blades to polish rice, but this uses friction between the rice to shave it, so there is no forced polishing and the burden on the rice is kept to a minimum. The less friction caused by the blades means that there is less heat-induced flavour degradation and the rice is fresher.

The upper part is a measuring cup for two portions of rice, and a weighing system with unique technology has been introduced to ensure that the rice is polished according to its weight each time.

The rice can be polished at 3, 5, 7, germ, white, top white or no wash rice, and the germ setting provides a very convenient feature that allows the rice to be polished close to white rice, with nutrients remaining. The bran from the polished rice is very fine and can be roasted and used in a variety of ways, such as for cuisine, cosmetics and as a nutrient in the garden.

Mr Kasuga, the manufacturer, says: “We want to reduce the number of unnecessary operations and make rice polishing at home easier. The RICELON was developed over a period of two years, and we could feel the enthusiasm of the consumers for the delicious rice up close.” 

The booth featured new rice from Kobe Farm, which grows rice in Kobe’s Kita Ward, where visitors could try freshly polished, and the fragrance of the rice softly covered through the air.

Two varieties of rice were on display: specially cultivated rice Koshihikari and Hinohikari, both of which use only organic fertilisers and have been approved for undetectable pesticide testing. Koshihikari is characterised by a firm stickiness and a sweetness that lingers in the mouth until the end, while Hinohikari is sticky but has a refreshing sweetness.Other freshly harvested vegetables from Kobe were also sold, and the event attracted many visitors. The event provided an opportunity to talk directly with the farmers and to reconsider agriculture.

I would like to thank everyone involved at the event. I wish you all the best and will do my best to make my biggest  contribution.

2022 Miss SAKE Hyogo Rico Kiyosu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白鶴酒造「銀座天空農園稲刈りイベント」に、2022 Miss SAKE 磯部里紗、埼玉 村田真悠が参加して参りました。

2022 おかやま「雄町と地酒の祭典」に、2022 Miss SAKE 岡山 グランプリ 安藤恵、準グランプリ 杉原未来・石田真希が参加致しました。

関連記事

  1. 2018 ミス日本酒(神奈川代表)須藤亜紗実、2018 ミス日本酒 準グランプリ…

    2018.04.16
  2. 日本酒造組合中央会様の【鍋&SAKE:家飲み編 酒粕チーズ鍋】に、2020 Mi…

    2021.02.19
  3. 2021 Miss SAKEが、特定非営利活動法人FBO様へ訪問をいたしました。…

    2021.10.05
  4. 「ワイングラスでおいしい日本酒アワード表彰式」に、2021 Miss SAKEが…

    2022.06.17
  5. 「第20回 寒菊 蔵開き」に、2019 ミス日本酒 千葉代表 前田茉衣子が参加し…

    2019.05.28
  6. 2018 ミス日本酒の須藤亜紗実がカンヌ国際映画祭にて映画『恋のしずく』『キスで…

    2018.05.12

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2022 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »