Miss SAKE blog

『ソウル酒フェスティバル 2019』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, joined “Seoul SAKE Festival 2019” at Coex Hall, Korea continuing 6th.

[English Follows]

皆様、こんばんは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

7月7日、韓国ソウルにございますCoexホールで開催された『ソウル酒フェスティバル 2019』に6日に引き続き参加して参りました。

出展されていた熊谷酒類株式会社様、蔵元の皆様と

ソウル酒フェスティバルは、アジア最大級規模で日本の國酒を楽しめるイベントで、熊谷酒類株式会社様を会長に、韓国の酒類輸入会社8社と合同で開催されている催しです。

2年ぶりの開催となった今年は2日間の開催で、日本全国の約120の酒蔵から600種類以上のお酒が集まりました。そして会場内にはフードコーナーもあり、韓国料理とお酒のペアリングがお楽しみいただける、まさしくアジア最大級のイベントとなっておりました。

『にほんしゅ』のお二人(両脇)とJSAサケ・エキスパート認定講師 近藤淳子様(左)、ミス薩摩焼酎 宮原梢恵様(中央)と

毎年大盛況のソウル酒フェスティバルですが、2日間のうち最終日であったこの日は、初日よりも多い約3000人もの方にご来場頂き、会場は終始多くの方で盛り上がっておりました。

二日間参加させて頂き、日本とは大きく異なる雰囲気の中で学びや感じるものが多くございました。一番印象に残っていることは、若い方が大変多くいらっしゃっていたということです。日本では、“若者の日本酒離れ”という言葉をよく耳に致しますが、韓国では若者もとても日本酒に関心を持ってくださっており、国が変わると同じ年齢層であっても趣向に大きな違いがあるということが分かりました。

出展されていた蔵元の皆様と

また、韓国の皆様が蔵元の皆様に熱心に質問をされていたり、味わいの違いを楽しまれるなど、非常に勉強熱心である姿がとても印象的でした。

Miss SAKEに選んで頂いてから初めての海外での活動でしたが、韓国の皆様との素晴らしい出会いの数々や、異なる地で新たな日本酒市場を直接拝見し、日本酒の可能性を深く感じることができた素晴らしい経験となりました。

日本酒という伝統ある日本文化を通して、海外の方が楽しまれている姿を拝見し、私自身も大変嬉しい思いがしたと同時に、とても感慨深いものがありました。

今回の韓国で得た学びを今後の活動に大きく活かして参りたいと存じます。

ご来場下さった皆様、そして関係者の皆様、この度は大変貴重な経験を、誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Good evening, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On July 7th, continuing 6th, I joined “Seoul SAKE Festival 2019” at Coex Hall, Korea.

Seoul SAKE Festival is the largest event in Asia to enjoy Japanese sake, Shochu and Awamori. This event is held by Kumagai Liquor co., Ltd., who is the chairman of this event and eight Korean liquor importers.

This was the first time in two years and held for two days. There were more than 600 kinds of liquors from about 120 breweries. At the venue, there was also food corner, so you could enjoy pairing between Korean food and sake.

Seoul SAKE Festival ends with great success every time. On this day, which was the last day to be held, more than 3,000 people which was more than previous day attended the event, so the event was so exciting.

I learned many things in different atmosphere from Japan during these two days. What the most impressive thing for me was that many young people were at the event and enjoying Japanese sake. In Japan, we often hear “There is a tendency that younger Japanese prefer other liquors to Japanese sake”. However, in Korea, people in young generation also had interests in Japanese sake, and I realized there are big differences between young people’s preference in liquor as country changes.

Also, I saw Korean people who were asking brewers some question enthusiastically and appreciating the different taste and flavor. It was so impressive for me to know Korean people are so studious and have interests in Japanese culture a lot.

Even though this was my first international activity as Miss SAKE, I had  great experiences to see another market of Japanese sake in different country, and realize the potential of Japanese sake profoundly through a lot of wonderful encounters.

I was so happy to see foreigners having fun time with Japanese sake, and at the same time, I was deeply impressed with that.

I will make the most use of my experiences in Korea from now on.

I would like to show my gratitude to all the visitors, everyone who involved in the event. Thank you so much for this wonderful experience.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

2019 ミス日本酒 大阪代表 豊川栞那が、G20 大阪サミット 2019にて國酒をPRして参りました。

『TOKYO ユニークベニューショーケースイベント』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP