Miss SAKE blog

『全米日本酒歓評会』の出品酒仕分け業務に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, assisted in sorting work of sakes entering “2019U.S. National Sake Appraisal”.

[English Follows]

皆さまこんにちは、2019 Miss SAKEの春田早重です。先日、都内某所にて「全米日本酒歓評会」の出品酒仕分け業務に参加して参りました。

「全米日本酒歓評会」とは、2001年より毎年開催されている日本国外で最も歴史の長い日本酒の品評会です。日本の伝統的な審査方法を用いておよそ500品の出品酒を審査しています。その中の優秀な評価を得た出品酒に金賞と銀賞が授与され、その中でも特に高得点を獲得した出品酒にグランプリ、準グランプリが与えられます。

また、すべての出品酒は、海外最大規模の日本酒イベントであり世界各都市で開催される一般公開の利き酒会、ジョイ・オブ・サケにおいて試飲用に展示され、のべ3500名以上の日本酒ファンにテイスティングされる機会が設けられています。ジョイ・オブ・サケでは、各開催地の有名レストランのお料理と日本酒のペアリングを楽しめます。それにより、日本酒の醍醐味の一つである料理とのマリアージュをお楽しみ頂け、和洋中どのような食事でも日本酒が食中酒として楽しめるという意識付けを図ることができます。他の利き酒会には例を見ない立食パーティー形式の華やかなイベントで、優雅な日本酒体験を通して、「エレガントでおしゃれなドリンク」として日本酒を紹介しています。そのような特徴から、女性や若い来場者の方も多く、伸び代のある新たな層の心を掴んでいます。

全米日本酒歓評会は、『For the Sake of Sake(日本酒のために)』という使命のもと、日本が誇る素晴らしい伝統のひとつである日本酒、そしてそれを醸す蔵元の高い技術への理解を世界の人々に深めてもらい、日本酒をより多くの人に愛されるようにしてゆくことを目的に開催されます。全米日本酒歓評会は今年度の開催も6月に控え、先日、出品酒の仕分け作業をお手伝いさせていただきました。目の前には、蔵人の方々が汗水流しながら丹精を込めて作り上げた想いの詰まった日本酒の数々。これらの日本酒がこれからニューヨーク、ホノルル、東京という3都市でたくさんの方々を魅了し、日本酒や日本に関心を持って頂けるきっかけになると想像をしただけでも胸の高鳴りが止まりませんでした。

開催を重ねるにつれ全米日本酒歓評会への出品数が増加しているだけでなく、近年は海外への日本酒輸出量・金額共に右肩上がりとなり、海外市場で盛り上がりを見せる日本酒。ミス日本酒として、海外に渡る日本酒に携わらせて頂く貴重な機会をいただけましたことに感謝申し上げると同時に、日本人としてとても誇りを感じる時間を過ごすことができました。

皆様も是非、他にないエレガントなパーティースタイルの日本酒を通し、新たな日本酒の魅力を体験しにいらしてください。

2019 Miss SAKE  春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan. One day, I assisted in sorting work of sakes entering “2019U.S. National Sake Appraisal”

U.S. National Sake Appraisal is the competitive exhibition that has been held since 2001 and is the oldest sake appraisal conducted outside Japan. The judges evaluate approximately 500 sake entries over three days following traditional Japanese judging procedures.

Following the Appraisal all entries are presented for public tasting at The Joy of Sake in New York, Honolulu and Tokyo. These events attract over 3500 sake enthusiasts annually. At The Joy of Sake, you can enjoy the pairing between the sakes and special dishes served from the famous restaurants at the venue. Therefore, you could find the great combination of dish and certain sakes called marriage, and it is possible to let the visitors realize that they can enjoy sakes with any kind of dishes: Japanese Western and Chinese food. Through the elegant buffet-style sake experience, the event introduces sakes as an elegant and stylish drink. There are many ladies and young visitors because of the catchy event characteristic, and the event have won the hearts and minds of the new target.

Under the mission of “For the sake of Sake”, U.S. National Sake Appraisal is held to promote the understanding from the people around the world about not only sake which is one of the wonderful traditions that Japan boasts, but also the high technology of the breweries that bring it up, and make sake more popular and to be loved by more people. U.S. National Sake Appraisal for this year will be held in June. One day, I took part in sorting work of sakes entering it. In front of me, there were a number of sakes made by Kurabito who put their heart into each bottle. I could not help being excited even just imagining that these sakes will attract many people at New York, Honolulu and Tokyo, and make an opportunity to have interest in sake and Japan.

The number of sake entering U.S. National Sake Appraisal have increased each time  the appraisal is held. Furthermore, both amount and value of export of sake have been growing in recent years, and demand for sake have increased in overseas markets. I am grateful to this opportunity to be able to took part in sorting sake for overseas as Miss SAKE. At the same time, I could spend a time to feel proud as a Japanese.

Please visit The Joy of Sake to find the new charm of sake through the elegant style sake experience.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

『第12回 和酒フェス in 中目黒』に2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花が参加して参りました。

2019 Miss SAKE 春田早重が人間国宝 近藤悠三 記念館【柳水】に海外Missと共に行って参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP