Miss SAKE News/Blog

『第15回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

The 15th Nadeshiko-Program

[English Follows]

皆様こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。3月1日、都内某所にて第15回ナデシコプログラムが開催され、私も参加して参りました。

この日は、2018 Miss SAKEの須藤亜紗実様と麗扇会日本文化学院学院長 渋沢麗扇様よりお話を伺いました。

第一講目の講義をしてくださいました須藤様は『日本酒(SAKE)の力』と題し、ご自身のこれまでの人生の歩みや1年間Miss SAKEとして活動された中で、感じ学んだことをお話しくださいました。

須藤様は、日本酒に関心を持たれたきっかけやMiss SAKEに応募された動機をお話しくださった後、日本酒が持つ可能性の多様さについてお話下さいました。日本酒には歴史や伝統を含む文化的魅力だけでなく、コミュニケーションツールとして人との距離を縮める魅力や、美容面、日々の食を豊かにしてくれるなど様々な魅力があることをご教示頂きました。

また須藤様は医学の道に進まれており、日本の医療の現状や、日本酒と健康の関係性についてもお話しくださいました。現在日本は年間医療費が45兆円にも膨れ上がっており、日本の財政に大きな負担を与えていると仰っていました。日本では病院に行けば診察してもらえると当然のことのように思いがちですが、海外では病院へ足を運んでも診察してもらえないことも稀ではなく、診察を受けても非常に高額な医療費が請求されるなど医療制度が満足に整っていないという現状を学びました。日本の医療は国民に優しいものではありますが、それゆえ国の負担がとても大きくなっているのだそうです。私たちは体調が悪い時や病気になった時に病院に行きます。逆を言えば病気にならなければ病院には行きませんし、そうなれば医療費は抑えられます。現在、医療業界では国民が病院に行かなくて済むように「病気の予防策」に注力されていると仰っていました。

また須藤様は、お酒が健康に良いとは一概に言えないことに関しても言及していらっしゃいました。日本酒は血行を促進し体を温めてくれる作用がありますが、お酒があまり得意でない方が無理して多く飲んでしまうと、癌の確率が高くなるなどかえって悪い影響を与えてしまうことがあるそうです。日本酒は飲む以外でも様々な美容効果が期待できるため、体の外側から日本酒の魅力を取り込んで頂けたらと仰っていました。

2018 Miss SAKEとして活動されていた須藤様のお話は、ファイナリストの皆さんにとって様々な学びを得ることができただけでなく、たくさんの夢や希望に溢れ、モチベーションに繋がるものであったと感じています。昨年Miss SAKEに選んでいただいて以来、ずっと須藤様の背中を追いかけてきた私にとっても、須藤様のお話は胸が熱くなるものがございました。今回、ナデシコプログラムを通してこのような機会を頂戴できましたことを心より光栄に思っております。

本日第二講目の講義をしてくださいました渋沢様は、「書による人間性の向上」と題し、筆ペンでのお手紙の書き方をご指導下さいました。

昨今ではスマートフォンやパソコンの普及に伴い、お手紙を差し上げる機会が格段に少なくなったと感じております。しかしお手紙には今も昔も変わらぬ魅力がございます。相手を思いながら書く手書きのお手紙はとても温かみがあり、一つ一つの文字から書き手の感情がとても伝わります。また一度書いたお手紙は消えることがなく何度も読み返すことができます。

渋沢様は、Miss SAKEとしてだけでなく一日本人女性として、美しいお手紙の書き方をご指導くださいました。まず初めは書写を行いました。「競争ではないので早く書き終えることが優れているのではない。ゆっくりでいいので気持ちを込めて丁寧に書くこと」渋沢様のお話を伺い、ファイナリストの皆さんは筆先に思いを込め、ゆっくりと丁寧に書き上げていました。練習を重ね、美しい文字の書き方を身につけた後、本番として鳥の子紙にお手紙を書く練習を致しました。書き上げた後は渋沢様に添削して頂き、より美しく文字を書くアドバイスを頂きました。

(写真左)渋沢様がお話されている様子 (写真右)書写の様子

渋沢様は3歳から茶道、6歳からお琴・日本舞踊・書を始められ、現在では東京/京都において茶道・着付け・書道・日本舞踊・箏曲・三味線・生花など、日本の伝統文化を本格的に学べる和の総合スクール『麗扇会日本文化学院』の学院長を務めていらっしゃいます。

渋沢様はご講義の中で、幼い頃から日本の伝統文化に触れてこられたご自身の生い立ちや、伝統文化の魅力についてもお話しくださいました。様々なお話を拝聴しましたが、その中でも一番私の心に残っている御言葉が、「学びに来てくださる皆さんが私にとっての師匠であり、私が弟子である」です。

渋沢様(前列左から5番目)と私、2020 Miss SAKE ファイナリストの皆さん

この御言葉を仰った時の渋沢様の表情や御言葉ひとつひとつに、渋沢様の内側に秘められた心の美しさや豊かさが溢れ出ていると感じました。伝統文化を学ぶということはその技を学ぶだけでなく、そこから精神性も学び、日々の生活の豊かさに繋がっていくものであることを今回のナデシコプログラムを通し渋沢様より学ばせて頂きました。今回の学びが、ファイナリストの皆さんの成長やモチベーションに繋がることを心より願っています。私も日本文化のアンバサダーMiss SAKEとしての任期を終えた後も、積極的に日本の伝統文化に触れ、豊かな心を養って参りたい思っております。

2018 Miss SAKEの須藤亜紗実様、麗扇会日本文化学院学院長 渋沢麗扇様、この度は貴重なお時間を誠にありがとうございました。

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan. On March 1st, I participated in the 15th Nadeshiko-Program. On the day, we had lessons by Ms. Asami Sudo, 2018 Miss SAKE Japan, and Ms. Reisen Shibusawa, the president of Reisenkai Japanese Culture School.

Firstly, Ms. Sudo gave a lecture on “the Power of SAKE” and told us her life story and what she learned from a lot of activities of Miss SAKE.

She started her story with what made her interested in SAKE and the reason why she applied for Miss SAKE. After that, she talked about the variety of possibilities of SAKE. SAKE has not only cultural appeal including its history and tradition, but also various appeals such as communication tools that reduce the distance between people, beauty aspects and enriching daily food.

She also mentioned that SAKE is not something healthy for everyone. It has blood circulation-promoting effects, but if people who cannot drink much have a lot of SAKE, that may give him/her bad effects such as increasing the possibility of cancer and so on. You can expect various beauty effects even if you do not drink it, so Ms. Sudo suggested that it is one of the good ways to enjoy SAKE as a beauty product.

The story of Ms. Sudo, who performed as 2018 Miss SAKE Japan, was not only something that the finalists could gain various learning, but also it motivated them by giving dreams and hopes. Since I was selected as 2019 Miss SAKE Japan last year, I have been thinking that I wanted to be like her, so her story was very exciting for me as well. I am so honored to have such a wonderful opportunity through Nadeshiko-Program.

Secondly, we had a lesson by Ms. Reisen Shibusawa and she lectured us how to write letters beautifully with Japanese calligraphy pen.

In recent years, we have had much less opportunity to write letters with the spread of smartphones and personal computers. However, a letter has attractive charms that haven’t changed since the olden days.

Ms. Shibusawa lectured us how to write a letter beautifully as not only a Miss SAKE finalist, but also a Japanese woman. At first, the finalists tried transcription. “It is not important to finish quickly, take time and put your heart into a letter.” After receiving her advice, the finalists concentrated their attention on tip of Japanese calligraphy pen, and wrote each character slowly and carefully. After they finished writing, Ms. Shibusawa corrected their letters and gave some advices them to write it more beautifully.

Ms. Shibusawa started Cha-do when she was 3 yeas old, and she has also been familiar with koto, Nihon Buyo (Classical Japanese Dance) and Sho-do (Japanese calligraphy) since she was 6 years old. Now, she serves as principal of Reisenkai Japanese Culture School where you can learn Japanese traditional culture such as Cha-do, Kimono-Dressing, Sho-do, Nihon Buyo and so on.

In addition to the lecture on writing a letter, Ms. Shibusawa talked about her own background that she has been exposure to various traditional Japanese cultures since she was a little girl, and the charm of traditional cultures. She told us various stories, but the most memorable one in my mind was “Everyone who comes to study is my teacher and I am a disciple.”

When she said the words, I felt Ms. Shibusawa’s sense of satisfaction cultivated by acquiring education and knowledge. Through the Nadeshiko program, I learned that learning traditional culture is to acquire not only the skills, but also the spirituality, and that leads to the enrichment of everyday life. I sincerely hope that this study will lead to the growth and motivation of the finalists. Even after finishing my term as Miss SAKE, an ambassador of Japanese culture, I would like to learn Japanese traditional Japanese cultures and nurture a rich mind.

Ms. Asami Sudo, 2018 Miss SAKE Japan, and  Ms. Reisen Shibusawa, the president of Reisenkai Japanese Culture School, thank you so much for the great experience.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第14回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

インド最多購読数を誇る飲料産業総合専門誌『SPIRITZ』に2020 Miss SAKE India大会の記事を掲載して頂きました。

関連記事

  1. 英語で学ぶ『酒瓶の色の秘密(The Secret behind the Colo…

    2019.10.11
  2. 『神戸シューズ®』プレミアムライン ブランド発表会に2018 ミス日本酒 須藤亜…

    2018.10.24
  3. 『酒ゃビック いぃOSAKEフェスタ 2018』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗…

    2018.09.25
  4. 『第6回 ちょこたび埼玉酒蔵めぐり』in 小川町に、2019 Miss SAKE…

    2019.04.20
  5. アジア女子大学第9回ファウンドレイジングイベントに2018 ミス日本酒 福島 堀…

    2018.03.23
  6. 花岡浩司先生主催 HANAOKA DANCE GALLERY 創設25周年記念パ…

    2018.12.11

Miss SAKE Weekly Report

Miss SAKE出演・講演・取材依頼はこちら

最近の記事

Mr SAKE / ミスターサケ

PAGE TOP
Translate »