Miss SAKE blog

『愛媛の酒を楽しむ会』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, participated in the evening party to enjoy sake made in Ehime prefecture at HAPPO-EN.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

8月28日、八芳園にて『愛媛の酒を楽しむ会』が開催され、私も参加して参りました。

このイベントは素晴らしい愛媛県の日本酒の数々を都内で飲み比べできるということから、大変人気を博しており、2009年の開催以来回を重ねるごとに益々の盛り上がりを見せています。今年は、愛媛県内から14の蔵元様が参加され、320名を超えるご来場者様にお越し頂きました。

オープニングの際、出展蔵元の皆様がステージに登壇され、皆様を代表し、愛媛県酒造協同組合理事長 越智浩様からご挨拶を賜りました。 その後、島田律子様より乾杯のご発声を賜り、会が始まりました。

(写真左)ご挨拶をされている愛媛県酒造協同組合理事長 越智浩様(写真右)乾杯のご発声をされている島田律子様

そして、会が開始した直後から蔵元ブースはご来場者の皆様でいっぱいになり、会場は活気に溢れていました。私も蔵元ブースを回らせて頂き、サーブのお手伝いをさせて頂きました。

また、会の途中に抽選会が行われ、僭越ながらプレゼンターを務めさせて頂きました。蔵元の皆様のお酒を始め豪華景品が数多く用意されており、抽選会は終始、大変な盛り上がりを見せていました。

そして今回、『愛媛の酒を楽しむ会』に参加させて頂き、愛媛県のお酒について多くのことを学ばせて頂きました。

愛媛県には現在39の蔵元様がいらっしゃり、ほとんどの蔵元様は比較的小さな規模でお酒を醸されています。昔ながらの伝統を守りながら丹念に醸されたお酒は、「全国新酒鑑評会」で多くの金賞を受賞されるなど、全国トップレベルの味わいです。

出展蔵元の皆様と

愛媛県の日本酒の美味しさの秘訣は、山と海に囲まれたその恵まれた土地にありました。

①四国山地からの清らかな伏流水

愛媛県には、西日本最高峰の「石鎚山」を筆頭に南北に連なる四国山地があり、豊富な伏流水が湧き出ており、その水で醸した愛媛の酒は、まろやかで奥行きのある味わいに仕上がります。また、冬の間、四国山地には多くの雪が降り積もり、里山には寒風が吹きおろす、酒造りに適した環境が揃っています。

②瀬戸内海・宇和海から獲れる四季を通じた海の幸

美味しい魚が獲れる海に恵まれていることも、愛媛県で良質なお酒が作られている要因の一つです。地元で獲れた旬の海の幸を活かしたお料理には淡白な味わいのものが多く、愛媛県の蔵人の皆様は、旬の海の幸と合うお酒を育まれています。愛媛県のお酒の特徴に旨みのあるものが多い理由は、このためです。

愛媛県の方々に美味しい日本酒をはじめ、愛媛の魅力について多くのことを教えて頂き、大変有意義な時間を過ごすことができました。

(写真左)厚生労働大臣 塩崎恭久様と(写真中央)日本酒造組合中央会会長理事 篠原成行様と(写真右)日本酒スタイリスト 島田律子様と酒コンサルタント 松崎晴雄様と

参加蔵元の皆様、愛媛県酒造協同組合の皆様、ご来場くださった皆様、この度は素晴らしい会に参加させて頂き、誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE Japan.

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On August 28th, I participated in the evening party to enjoy sake made in Ehime prefecture at HAPPO-EN.

This event has been very popular since 2009, which was the first year to be held. It is because you can enjoy various kinds of sake made in Ehime prefecture in Tokyo. This year, 14 breweries in Ehime prefectures joined this party and 320 people attended it.

At the beginning, brewers from each brewery got on the stage, and Mr. Hiroshi Ochi, the chief director of the brewers association in Ehime, gave us his speech on behalf of brewers in Ehime prefecture. After that, Ms. Ritsuko Shimada, a sake stylist, gave a toast, and the party started.

The guests went around the brewers booths as soon as the party began. I also visited some booths and served the guests great sake.

In the middle of the party, a lottery was held, and I played a part of presenter. The guests were being so excited to get premium gifts.

And I learned a lot about sake made in Ehime prefecture through joining this party.

There are 39 breweries in Ehime prefecture and most of them brew their sake on small scale.

Sake brewed carefully while keeping the traditional brewing method have won the first prize at the National Research Institute of Brewing many times.

The secret of the deliciousness of sake made in Ehime prefecture is in its privileged land surrounded by mountains and seas.

①Clean underground water from Shikoku mountains.

In Ehime prefecture, there is a highest mountain in west Japan called Ishizuchi mountain, and brewers can get clean underground water from there. Also, a lot of snow falls in Shikoku mountains during winter, and a cold wind blows down the outskirt of the country. So there is a suitable environment for brewing sake in Ehime prefecture.

②Seafood throughout a year from the Seto Inland Sea and Uwakai Sea.

The blessing of the sea where you can get delicious seafood is one of the factors that brewers in Ehime make greats sake. Brewers have tried to make sake that matches great seafood caught locally.

I had a great time with the guests who told me about Ehime prefecture a lot.

I would like to show my gratitude to all the brewers who joined this party, everyone from the Brewers Association in Ehime, the guests.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

『牡蠣に合う日本酒大賞 発表会』に2019 Miss SAKE春田早重が出席して参りました。

『蔵酒場「佐々俵」2019 』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP