Miss SAKE blog

『井関農機旭市展示会』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, participated in an exhibition of ISEKI Agricultural Machine Company in Asahi city, Chiba prefecture.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。1月25・26日の2日間、千葉県旭市にございます株式会社石川商会様で開催された『井関農機旭市展示会』に私も参加して参りました。

この度の展示会の会場となった石川商会様は昭和11年の創業以来、『信用第一主義お客様のお気持ちになって』というモットーの元、千葉県北東部を中心に農業機械をはじめ、農薬・ 肥料・機械を収納する倉庫・車庫等、農業を営む上で必要なものを幅広く販売していらっしゃいます。

地域密着のお取引で広く地元の方に愛される石川商会様の展示会は農機具展示の他、演歌歌手による歌謡ショーや空くじなしのくじ引き、うどんやおしるこの提供等、様々なお楽しみがご用意されており、両日ともに終始多くの方で賑わいを見せておりました。

(写真左)行列ができていたフードブース (写真右)豪華景品が用意されていた抽選会会場

私はこの日、農家の方が作られた農産物で加工品を作る6次産業のブースにてお手伝いをさせて頂き、ブースにお越しくださった方々に商品のご紹介やご提案をさせて頂きました。また、会の途中では大変僭越ながら株式会社石川商会代表取締役社長 小関友紀子様にご紹介頂き、ご来場者の皆様にご挨拶並びにMiss SAKEの農業事業への参加についてお話をさせて頂きました。

(写真左)米・食味鑑定士協会 会長 鈴木秀之様と (写真中央)果物や野菜で作られたお酢 (写真右)食用米で作られた日本酒

展示会中多くの方がブースにお越しくださり、6次産業に興味を持ってくださる方が大変多くいらっしゃいました。また、農家の皆様のお顔を拝見しながらMiss SAKEが農業に関する事業にも積極的に参加していることをお伝えさせて頂くと、温かいお声がけを数多く頂戴し、とても心温まる想いが致しました。しかしそれと同時に、日本の農業の未来について考えさせられる瞬間が多々ありました。

現在日本は、農業を担う人々の多くが 65 歳を超える高齢者となり、人口減少に伴い将来の農業を担っていく人材が不足し、産業全体が衰退を始めている状況にあります。かつてより地域住民の労働需要を生み出すとともに、長きにわたって日本の食生活を支えてた農業。現場が続くとますます過疎化が進むことも十分に考えられます。この農業の危機的状況を脱するには、6次産業がとても重要になってくるのではないかと私は考えています。

(写真左)スマート農業に関する展示物 (写真右)農業用ドローンブースの前で

農家の方が生産された農産物をそのまま流通させるのではなく加工販売につなげることで、市場や需要が広がります。また、既存の事業の発展や地域ブランドの創出が期待でき、地域活性化にも繋がる可能性が十分に考えられます。

これまで私たちの食生活を支えてきた日本の農業衰退は、これからの日本を担う私たちにとって一刻を争う深刻な問題です。Miss SAKEの活動を通して地域の農家の皆様のお顔を拝見し食のありがたみを強く感じることができたと同時に、今後の日本の農業について改めて深く考えるお時間を頂戴できましたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

(写真左)株式会社石川商会代表取締役社長 小関友紀子様と (写真中央)井関農機の皆様と (写真右)株式会社石川商会所長 向後隆行様と

これからもMiss SAKEの活動を通し、若い方を中心に日本の農業の素晴らしさを広く発信できますよう、微力ながらではございますが日々の活動に全力で取り組んで参りたいと思っております。

株式会社石川商会代表取締役社長 小関友紀子様をはじめ株式会社石川商会の皆様、ご来場くださいました皆様、この度は学び多き貴重なお時間を誠にありがとうございました。

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan. On January 25 and 26th, I participated in an exhibition of ISEKI Agricultural Machine Company in Asahi city, Chiba prefecture.

Ishikawa & Co., where the exhibition was held, is a sales company founded in 1936 that sells Agricultural Machines, pesticides, fertilizer and storehouses for Agricultural Machines.

Their management is tied to local communities closely, so they are loved by many local farmers. On both days,  many people came to the exhibition, and there were many special fun programs, such as popular song shows, a lottery without blanks, food-service and so on.

I was at sixth sector industrialization booth, and introduced some processed products made from farm products to the visitors. Also, Ms. Yukiko Koseki, the representative director of Ishikawa & Co., introduced me and I have as chance to greet everyone at there.

Many people came to the booth and they seemed to have interests in sixth sector industrialization. When I told them that I experienced rice transplanting and reaping events last year, they game me many words of encouragement and offered me to take pictures together. However, at the same time, I consider the decline in agriculture in Japan.

In recent years, Japan is in a situation where many people in charge of agriculture are older than 65 years old, and as the population declines, there is a shortage of people who will be responsible for future agriculture, and its entire industry have been to decline.  Agriculture has created a labor demand for local residents and has supported the Japanese diet.  It is fully conceivable that depopulation in local area will increase more and more as this situation continues. I believe that the sixth industry will be very important to get out of this agricultural crisis.

I think processing agricultural products and selling them as processed products instead of distributing them as they are increase their market and demand.  In addition, we can expect the development of existing businesses and the creation of regional brands, and it is highly likely that this will lead to regional revitalization.

The decline of Japanese agriculture, which has supported our dietary habits since ancient times, is a very serious matter for us. Through Miss SAKE’s activities, I was able to see the faces of the local farmers and feel the gratitude of the food, and at the same time I was given a time to think deeply about Japanese agriculture in the future.

I will continue to work hard to spread the greatness of Japanese agriculture.

Ms. Yukiko Koseki, the representative director of Ishikawa & Co., everyone fromIshikawa & Co., and all the visitors, thank you so much for such a great opportunity.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

『第5回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香が参加して参りました。

2020 Miss SAKE 群馬代表 福田友理子が、「群馬県酒造組合・酒販組合 新年会」にてご挨拶させて頂きました。

関連記事

  1. 『冨田勲 映像音楽の世界 メモリアルコンサート~特撮・アニメ・映画音楽特集~』ア…

    2018.09.19
  2. 『埼玉34酒蔵大試飲会』に2019 Miss SAKE 春田早重と2019 Mi…

    2019.09.25
  3. 「2019 長野の酒メッセ in 長野」に、2019 Miss SAKE 長野 …

    2019.10.24
  4. 「2019 全国きき酒選手権大会熊本県予選会」に、2019 Miss SAKE …

    2019.08.16
  5. 千葉県のきみさらずゴルフリンクスにて開催された「第8回きみさらずゴルフ狂選手権」…

    2018.04.23
  6. 『2020 Miss SAKE 京都・大阪・福岡大会』が開催され、各県代表が選出…

    2019.12.13

Translate:

Miss SAKE出演・講演・取材依頼はこちら

2020 Miss SAKE ファイナリスト

Miss SAKE × SDGs

Mr SAKE / ミスターサケ

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP