Miss SAKE blog

『ワイングラスで美味しい日本酒アワード2019』の表彰式及び入賞酒お披露目会に2019 Miss SAKE 春田早重と2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, and Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runner-up, participated in the award ceremony and reception of the Fine Sake Award Japan 2019 at Toranomon Hills Forum.

[English Follows]

皆様こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

515日、虎ノ門ヒルズフォーラムにて、『ワイングラスで美味しい日本酒アワード2019』が開催され、入賞酒表彰式及び入賞酒お披露目会に2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香さんと共に参加して参りました。

『ワイングラスでおいしい日本酒アワード』は日本酒がより普及していく為に超えて行かなければならない3つの『ボーダー』、若年層へのアプローチが必要な「世代の壁」、和食だけでなく、フレンチ・イタリアンをはじめ、世界の料理とも日本酒は相性が良いことを広める「業態の壁」、そして文字通り日本を超え、世界へ羽ばたく必要がある「国境の壁」を超えて日本酒を広げることを目指し、2011年から開催されているコンテストです。

(写真左)コンタツ株式会社代表取締役社長 津久浦慶明様 (写真右)日本酒造組合中央会 副会長 小西新太郎様

9年目の開催となった今回は、全国250の蔵元様から883点にのぼるお酒がエントリーし、厳正な審査のもと、最高金賞51点、金賞244点が選考されました。そして、受賞作品の表彰式及び入賞酒お披露目会が行われました。

表彰式では、僭越ながら2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香さんと共に、プレゼンターでいらっしゃる柴俊夫様のアシスタントを務めさせて頂き、最高金賞を受賞された蔵元の皆様にトロフィーをお渡しするお手伝いをさせて頂きました。

最高金賞を受賞された蔵元の皆様とともに

また、入賞酒お披露目会ではリーデル様のグラスで乾杯のご挨拶もさせて頂きました。

日本酒は徳利とお猪口で嗜むイメージが根強いですが、海外における日本酒の需要が著しく伸びている近年では、日本酒の新しい楽しみ方の1つとして、ワイングラスで日本酒を嗜む方々やシーンが多く見受けられます。

ワイングラスで日本酒を頂くことで、味わいだけでなく、日本酒が持つ繊細な香りや色を楽しむことが最大の魅力であると考えています。またそのビジュアルの美しさは、若い世代や女性の方が親しみやすく、飲酒人口に課題が見られるターゲットに対し、日本酒の魅力をアピールすることも期待されています。

日本酒の新たな魅力を再認識すると共に、日本酒が秘める更なる可能性を引き出して行けますよう、ミス日本酒として今後も精進して参りたいと思っております。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード実行委員会の皆様、そして関係者の皆様、この度はこのような素晴らしい会に参加させて頂き、誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello,everyone. I am Sae Haruta,2019 Miss SAKE Japan.

On May 15ththe award ceremony and reception of the Fine Sake Award Japan 2019” was held at Toranomon Hills Forumand I participated in it with Namika Tsukahara2019 Miss SAKE runner-up.

 It is a contest that has been held since 2011 with the aim of broadening sake by overcoming the three “borders” that must go beyond in order for sake to become more popular around the world. First border is Generation Wall. It is required to promote sake to young generation. Second one is Business condition. It is needed to inform that Sakes go well with not only Japanese foodbut also French-Italian and other cuisines from around the world. The last one is National Border. Literallyit is essential for sake to go abroad to make itself more popular.

This time was the nineth time to be heldand there were 883 liquors that entried from 250 breweries across the country. Under a rigorous examinationthe highest gold award were given to 51 liquors, and the gold award were given to 244 liquors. 

At the award ceremonyI had a chance to serve trophies with Namika Tsukahara as assistants of Mr. Toshio Shibapresenter to the prize winners. Following itI proposed a toast at the reception.

Sake has a strong image of drinking with sake bottle called Tokkuri and  small cups called Choko. In recent years when the demand for sake has grown significantly overseasHowevermore and more people enjoy Sake in wine glassesand that situation is often seen as one of the new ways to enjoy Sake.

By drinking Sake with wine glasses, you could enjoy not only the taste but also the delicate flavor and color that sake has. What is moreits beauty appearance is also expected to appeal to the attractiveness of sake to the younger generation and women who are not really familiar with Sake.

While reaffirming the new attractiveness of sakeI would like to continue to try my best as Miss SAKE to bring out the further possibilities of Sake.

I extend my appreciation to members of The Fine SAKE Awards Japan Executive Committeeand all the people involved  in the event.

Sae Haruta2019 Miss SAKE Japan.

『2019長野の酒メッセ』に2018 ミス日本酒 準グランプリ・長野代表 児玉アメリア彩が参加してまいりました。

2019 Miss SAKE 熊本 草野遥が、「熊本県産酒を楽しむ会」に参加致しました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP