Miss SAKE News/Blog

『第7回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

The Seventh Nadeshiko-Program

[English Follows]

2月2日、都内にて『第7回ナデシコプログラム』が開催され、私も参加して参りました。この日は、オペラ歌手の小川里美様、 KEISUKEMATSHUSHIMA ブランドマネージャーの大瀬隆信様、株式会社車多酒造 代表取締役社長 車多一成様による講義が行われました。

本日第1講目であった小川里美様からは、”La Professione di Cantare” (歌う仕事について)というテーマのもと、小川様のこれまでの経歴やイタリアでの留学経験やデビューされた後のご活躍の様子、また、小川様が取り組んでいらっしゃるカンボジアでの文化支援活動について貴重なお話を伺わせて頂きました。

小川様のお話からは、自身の弱さを自覚し異なる文化や考え方を受け入れることの重要さや、努力に反して結果がなかなか出ない中でも、決して諦めず夢に向かって常に前を向いて突き進むことの大切さについて学ばせて頂きました。これらのことは、私たちMiss SAKEが世界を舞台に活動する上でも決して忘れてはならないことです。私がこれまでMiss SAKEとして海外を訪れた中でやはり感じたことは文化の壁や考え方の違いです。お話をする中で自分の考えとは異なる意見を述べられた時の対応力や、日本人としての意見を求められることも少なくなく、その際に自分の意見をしっかりと伝えられる力がMiss SAKEには求められます。夢や希望、そして女性としての強さをとても感じられた小川様のお話を伺わせて頂き、ファイナリストの皆さんも改めて各県代表としての自覚や向上心が芽生えたことと思います。私も自分自身の夢を見つめ直し、実現に向かって励んで参りたいと思います。

(写真左)ソプラノ歌手 小川里美様がお話をされている様子 (写真右)小川里美様、私、そしてファイナリストの皆さんと

第二講目のKEISUKEMATSHUSHIMA ブランドマネージャーの大瀬隆信様による講義では、テーブルマナーについてご教示頂きました。レッスンでは、実際に椅子やナプキン、ワイングラスをご用意頂き、これまでの自分のマナーを見直すと共に、正しいマナーや振る舞いを実践的に学ばせて頂きました。Miss SAKEとしての活動の中では、国内外で会食に出席させていただく機会が数多くございます。今回のレッスンで得られた学びを活かし、是非皆さんが世界で通用するテーブルマナーを習得して頂けたらと願っております。

(写真左)大瀬隆信様、私、そしてファイナリストの皆さんと、(写真中央)椅子の座り方を実践的に学んでいる様子 (写真右)ナイフとフォークの置き方をご教示頂いている様子

この日最後の講義では、株式会社車多酒造 代表取締役社長 車多一成様より、日本酒の基礎知識や株式会社車多酒造様についてお話をして頂きました。まず初めにMiss SAKEの活動において主軸となる日本酒に関する基礎知識についてお話し頂きました。その後海外20か国に輸出を行っていらっしゃる車多様より、海外の方に日本酒をPRする際に必要な心構えや姿勢をご教示頂き、株式会社車多酒造様の4種類の日本酒のテイスティングもさせて頂きました。今年は2020 東京オリンピックが開催されるため、国内においても海外の方に日本酒をPRさせて頂く機会が多々あると思います。この度の車多様によるお話は、ファイナリストの皆さんにとって改めて日本酒の知識を深める大変貴重な機会となったことと感じております。

(写真左)車多一成様、私、そしてファイナリストの皆さんと (写真右)テイスティングさせて頂いた日本酒

ファイナリストの皆さんが一つ一つのナデシコプログラムから多くのことを吸収し、学びを最大限に活かして頂けたらと願っております。オペラ歌手の小川里美様、 KEISUKEMATSHUSHIMA ブランドマネージャーの大瀬隆信様、株式会社車多酒造 代表取締役社長 車多一成様、この度は貴重なお話を誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On February 2nd, I participated in the seventh Nadeshiko-Program.

On the day, we had three lectures by Ms. Satomi Ogawa, soprano singer, Mr. Takanobu Ose, the brand manager of Keisuke Matsushima Tokyo, and Mr. Kazunari Shata, a president and representative director of Shata shuzo Co,. Ltd.

The first lecture for the day, Ms. Ogawa told us her career so far, her study abroad in Italy, and her cultural support activities in Cambodia.

From Ms. Ogawa’s story, we learned that it is very important to be aware of one’s weakness, to accept a different culture and way of thinking and to never give up and always move forward toward one’s dream even it is difficult to get satisfactory results despite efforts.  I realized that these things must not be forgotten in our Miss Sake activities on the world stage. What I have always felt while traveling abroad as Miss SAKE is the cultural barriers and differences in the way of thinking. Miss Sakes is supposed to have the ability to accept different opinions from her thoughts, and to answer questions from the viewpoint of Japanese person. I hope finalists have developed their ambition and awareness as representatives of each prefecture by Ms.Ogawa’s wonderful lecture.

In the second lecture by Mr. Takanobu Ose, the brand manager of Keisuke Matsushima Tokyo, we learned about table manners.  In the lesson, he prepared chairs, napkins, and wine glasses for us, and each of us reviewed our own manners and learned proper manners and behaviors.  During Miss SAKE’s activities, there are many opportunities to attend dinners in Japan and overseas. I hope that finalists will make the most use of the lesson and acquire the table manners common around the world.

In the last lecture on the day, Mr. Kazunari Shata, the president and representative director of Shata shuzo Co,. Ltd., taught us  basic knowledge of sake and told us about his company and their policy. After that, Mr. Shata lectured us on the attitude required when promoting sake to foreigners, and we also had time to try four kinds of sake from Shata Shuzo Co., Ltd.  Since 2020 Tokyo Olympics will be held this year, I think there are many opportunities in Japan to promote Japanese sake to foreigners. I felt that Mr. Shata’s lecture was a very valuable opportunity for finalists to deepen their knowledge of sake.

I hope that the finalists will absorb a lot of knowledge from each Nadesico-Program and make the most use of their learning.  Thank you very much for your valuable talks, Ms. Satomi Ogawa, Mr. Takanobu Ose, and Mr. Kazunari Shata.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第6回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

『第8回ナデシコプログラム』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

関連記事

  1. 2018 ミス日本酒ファイナリスト【第9回ナデシコプログラム】に参加して参りまし…

    2018.02.21
  2. 『農!と言える酒蔵の会「第2回オープンセミナー」』に2019 Miss SAKE…

    2019.11.22
  3. 2019 Miss SAKE 春田早重が『酒米「祝」の田植え体験』に参加して参り…

    2019.06.03
  4. 2019 Miss SAKE 熊本 草野遥が、「熊本県産酒を楽しむ会」に参加致し…

    2019.05.19
  5. 山梨県プレミアム酒蔵ツアーに、2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が同行…

    2019.03.13
  6. 『2018 ぐんまの酒フェスタ』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参り…

    2018.10.12

Miss SAKE Weekly Report

Miss SAKE出演・講演・取材依頼はこちら

最近の記事

Mr SAKE / ミスターサケ

PAGE TOP
Translate »