Miss SAKE blog

2019 Miss SAKE 春田早重が『第6回ふるさと応援 ふくしま酒まつり』に参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, participated in the Sixth Fukushima Sake Festival at Marunouti building.

[English Follows]

皆様、こんばんは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

4月11日、丸の内ビルディングにて『第6回ふるさと応援 ふくしま酒まつり』が開催され、私も参加して参りました。

『第6回ふるさと応援 ふくしま酒まつり』は、東邦銀行様が酒処“ふくしま”をPRすることを目的とし、2014年から毎年開催されており、今年で第6回目の開催となりました。

会場には東邦銀行頭取 北村清士様、福島県知事 内堀雅雄様、福島県酒造協同組合理事長 有賀義裕様、三菱地所株式会社特別顧問   木村恵司様もいらっしゃいました。まずはじめに、主催者様でいらっしゃる東邦銀行頭取 北村清士様からご挨拶を賜り、その後皆様と共に私も壇上での鏡開きに参加させて頂き、一言ご挨拶をさせて頂きました。

(写真左)東邦銀行頭取 北村清士様 (写真右)福島県知事 内堀雅雄様

福島県は、日本酒全国新酒鑑評会にて日本一の称号である金賞を6年連続受賞しており、ここ数年格別の盛り上がりを見せています。福島は米どころであり、様々な酒造好適米が栽培され、それぞれのお米から数多くの味わい豊かな日本酒が生まれています。
福島県の酒造りは、江戸時代に現在の福島である会津藩に入植した名君の保科正之が近江から杜氏を呼び寄せ、酒造りを始めさせたことから約400年もの歴史を持つとされています。

そのような歴史と6年連続金賞受賞の実力を持つ魅力溢れる福島県の日本酒は、会場の皆様を魅了していました。会場では「地酒3種プレミアム飲み比べセット」やいか人参、ニシンの山椒漬け、福島紅葉漬といった福島県で採れた食材を活かした三種類のおつまみが用意されていました。このイベントを目的としてご来場された方、お仕事終わりに職場の方と共に立ち寄ってくださった方など、多くの方々が福島の日本酒で楽しいお時間を過ごされていました。

私も来場者の皆様と共にたくさんお話をさせて頂く中で、日本酒がもたらしてくれる人との出会いや、「美味しい」という言葉と共に人々に至福の一時をもたらす日本酒の魅力に改めて気がつくことができ、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

東邦銀行頭取 北村清士様をはじめとする東邦銀行の皆様、そして関係者の皆様、この度はこのような素晴らしい会に参加させて頂き、誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Good evening, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On April 11th, I participated in the Sixth Fukushima Sake Festival at Marunouti building.

『Fukushima Sake Festival』took place to promote the sake made in Fukushima prefecture and it has been held annually since 2014 and this was the sixth time to be held.

At the festival, there were Mr.Seishi Kitamura, who is the president of Toho bank, Mr.Masao Uchibori, who is the governor of Fukushima prefecture, Mr.Yoshihiro Ariga, who is the chief director of Fukushima sake maker association and Mr.Keiji Kimura, who is the special adviser of MITSUBISHI ESTATE CO., LTD.

Firstly, Mr.Kitamura, who is the sponsor of this festival, gave opening address. After that, I joined the sake barrel opening called kagami-biraki with them and gave a speech on the stage.

Fukushima prefecture has received the gold prize at National New Sake Appraising and Deliberating Fair for the sixth year in succession, so people there have particularly gotten lively about such a splendid achievement. Fukushima prefecture is rice-producing region and many kinds of rice suitable for brewing sake are produced there. Sake brewers in Fukushima prefecture brew many tasteful sakes with the rice. 

Sake making in Fukushima prefecture has history as long as four hundred years since Mr.Masayuki Hoshina, who was the founder of what became the Matsudaira house of Aizu, called a chief brewer at a sake brewery from Omi and made him brew sake. Sakes made in Fukushima prefecture, which has such a long history and achieved the satisfactory result, attracted many people at the festival.

At the venue, the premium local sake set was served, so that people could enjoy the local sake by comparing the taste of different brands, and also some locally made snacks were served to everyone there. Many people had a good time with sake made in Fukushima prefecture. 

While talking with the visitors, I could have a significant time because I realized sake brings new encounters and makes a moment of bliss for everyone. 

Thank you very much for the great experience, Mr.Seishi Kitamura, who is the president of Toho bank, all members of Toho bank and everyone who have worked for the festival. 

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

ミス日本酒が特別協力を頂いているヘッケルの代表取締役社長 中島薫様の元へ2019 Miss SAKE 春田早重が表敬訪問に伺って参りました。

2019 Miss SAKE 春田早重が平井内閣府特命担当大臣の元へ表敬訪問に伺って参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP