Miss SAKE blog

2019 Miss SAKE 春田早重が登紀子の田んぼで”山田錦”の田植えに参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 miss SAKE Japan, joined a rice planting event at “Tokiko’s field” in Taka-cho, Hyogo, which is the place of origin of Yamadanishiki.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2019 Miss SAKEの春田早重です。

6月9日、山田錦の発祥地とされる兵庫県多可郡多可町にある『登紀子の田んぼ』にて、山田錦の田植えイベントが行われ、私も参加させて頂きました。

『登紀子の田んぼ』での田植えイベントは、歌手、加藤登紀子様が毎年日本酒の日に開催していらっしゃる「日本酒の日コンサート」のプレイベントとして行われおり、今年で22回目となります。

田植えの前には山田錦の豊作を願う神事が執り行われ、私も参加させて頂きました。こちらでは、早乙女の衣装を身にまとい田植えを行います。神事の後に、多くの子供達も皆早乙女の衣装で、共に山田錦の田植えをさせて頂きました。

山田錦の発祥地とされる兵庫県多可郡多可町は、田園風景の広がる自然豊かな美しい町です。そのような素晴らしい地を訪れ、山田錦の田植えに参加できましたことを大変嬉しく思います。

そして田植えの後には、原料に山田錦を使用した『山田錦うどん』も頂きました。添加物を一切使用せず、良質な山田錦、小麦粉、お塩から作られた山田錦うどんは、コシと、米うどんならではのモチモチ感、さらに山田錦の旨みが加わって、風味豊かな味わいでした。

日本酒はその土地の人・水・土・空気など、そのお酒が造られる土地の特徴が色濃く反映されます。自然溢れる兵庫県多可郡多可町で育つ山田錦は、地元の農家様のたくさんの愛情を受け、秋には立派な稲に成長します。

暖かい人、豊かな自然に囲まれて、育つ兵庫県産山田錦。酒米が作られている背景を知った今、一杯の日本酒がきっとこれまでよりも味わい深く感じられる気がいたします。

また、田植えの前日には前夜祭が行われ、その際、兵庫県銘柄鶏である播州百日どりを頂きました。播州百日どりはJAみのり(本店・兵庫県加東市)が開発し、多可町加美区を中心に約40年前から生産されています。大自然の中で、太陽の光をいっぱいに浴び、通常より長い約100日間にわたって平飼いで肥育され、歯応えやうま味、そして噛めば噛むほど出てくる甘みが特徴です。その美味しさは、「2017食肉産業展」の「第13回地鶏・銘柄鶏好感度コンテスト」で2位に輝くなど、多くの方に認められています。今回、初めて播州百日どりを頂きましたが、その美味しさにとても感銘を受けました。また、副多可町長 笹倉康司様、多可町役場産業振興課 藤田寿彦様やJAみのりの皆様から多可町に対する熱い想いを伺い、Miss SAKEとして兵庫県産山田錦・多可町の食等の地域の魅力をPRさせて頂くという使命を深々と感じました。

前夜祭・山田錦の田植え体験を通して、自然の豊かさ、食のありがたさを改めて深々と学ぶことができた貴重な経験となりました。

 

(写真左) 前夜祭でお世話になった焼き鳥屋「すぎや」のお二人と(写真右)田植えに参加した子供達と

多可町長 吉田一四様、副町長 笹倉康司様、多可町役場産業振興課 藤田寿彦様、兵庫県多可郡多可町の皆様、この度は素晴らしい経験を誠に有難うございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Hello, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On June 9th, I joined a rice planting event at “Tokiko’s field” in Taka-cho, Hyogo, which is the place of origin of Yamadanishiki.

The rice planting event at “Tokiko’s field” is held as a pre-event of Ms. Tokiko Kato’s concert, which is held every year on the day of SAKE, and this year was the 22nd time for the events to be held.

Taka-cho in Hyogo prefecture, where is famous for the birthplace of Yamadanishiki, is a beautiful town with rural scenery. I am so glad to visit there, and participated in the rice planting of Yamadanishiki.

The taste of sake reflects the features of the land where the sake was made.

The local farmers shower Yamadanishiki with affection and the seedlings grow great rice in autumn.

On the day before the rice planting, we had an evening party and I had a chicken raised in Taka-cho called Banshu-Hyakuniti-Dori. Even though it was my first time to have the chicken, I was really impressed by the good taste. Also, Mr. Yasushi Sasakura, the vice mayor of Taka-cho, Mr. Toshihiko Fujita from Taka-cho town office and people from JA Minori told me their hearts for Taka-cho, and I once again realized my mission to promote Yamadanishiki made in Hyogo and food culture in Taka-cho as Miss SAKE.

Through the evening party and the rice planting of Yamadanishiki, I learned the richness of nature and the value of food profoundly.

Mr. Kazushi Yoshida, the mayor of Taka-cho, Mr. Yasushi Sasakura, the vice mayor of Taka-cho, Mr. Toshihiko Fujita from Taka-cho town office, people from JA Minori and all people from Taka-cho, thank you so much for this wonderful experience.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan

 

『白鶴銀座天空農園』白鶴錦田植えイベントに2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

2019 Miss SAKE 準グランプリ 冨田梨花が『埼玉の地酒を楽しむ会2019』に参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP