Miss SAKE blog

『二瓶孝夫先生のお墓参り』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan, visited the grave of Mr. Takao Nihei with the brewers who were going to participated in The Joy of SAKE Honolulu.

[English Follows]

皆様、おはようございます。2019 Miss SAKEの春田早重です。8月8日、『Joy of SAKE Honolulu』に参加される蔵元の皆様とともに、二瓶孝夫先生のお墓参りに行って参りました。

かつてのハワイでは、『ホノルル酒造』という創業1908年の、海外では最も歴史のある酒蔵会社にて酒造りが行われていました。

腐造対策のために活性炭を使う技術や、現在主流のステンレスタンクはホノルル酒造でいち早く導入され、ハワイからの逆輸入という形で日本の酒造会社へと広まっていきました。また、年間を通して冬期の環境で酒造りを行う四季醸造蔵の設備も、一年を通して温暖なハワイの気候で酒造りをするためにホノルル酒造で始まった「蔵全体を冷蔵庫に」という発想が元になっているそうです。

安定して高品質の日本酒を造るための課題を解決し、酒造りを革新させていったのは、日本国内においてではなく、ホノルル酒造でした。

そして、このホノルル酒造で杜氏として、また、酒造技術者として活躍されていたのが二瓶孝夫先生です。上で述べた日本酒造りにおける様々な革新も二瓶先生によるものでした。この時代に異国に行くというだけでも相当な勇気や覚悟が必要であるのに、日本酒の文化がない、また、日本と異なる環境の中で、酒造りに必要な技術を多く生み出されたことは、私たちの想像を絶する苦労と、それを超える努力の賜物ではないでしょうか。ハワイは、現在の日本の酒造りに欠かせない近代醸造技術の礎を築いた場所であると言えます。

今回、Miss SAKEとしてハワイを訪れ、二瓶先生のお墓参りに参加させて頂く大変貴重な機会を頂戴することができ、とても光栄に存じています。

メモリアルパークに到着すると、二瓶先生のご息女でいらっしゃるYoko様、Atsuko様、Kyoko様が暖かくお迎え下さり、私もご挨拶をさせて頂きました。

二瓶先生のご息女でいらっしゃるYoko様、Atsuko様、Kyoko様と

そして、皆様とともに二瓶先生のお墓の前で、ホノルル酒造で醸造されていた『寳政宗』で献杯をさせて頂きました。

日本酒業界にさまざまな革新をもたらされた二瓶先生に、2019 Miss SAKEとしてご挨拶をさせて頂くことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の経験から、日本酒に関する歴史や新たな知識を深く学ぶことができ、改めてMiss SAKEとしての使命を深く感じることができました。日本酒の魅力を発信する中で、日本酒の歴史を築いてこられた方の想い、そしてその方々への敬意を忘れずに今後も活動して参りたいと存じます。

メモリアルパーク内にある平等院にて

二瓶先生の親族の皆様、ご一緒してくださいました蔵元の皆様、この度はこのような素晴らしい機会を頂戴し、誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 春田早重

[for English Speakers]

Good morning, everyone. I am Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

On August 8th, I visited the grave of Mr. Takao Nihei with the brewers who were going to participated in The Joy of SAKE Honolulu.

Previously, Japanese sake had been brewed in Hawaii at the oldest brewer outside of Japan called “Honolulu SAKE Brewery” which was founded in 1908.

The technology that uses activated carbon for anti-corrosion measures and the most common stainless steel tanks were first introduced by Honolulu Sake Brewery and spread to Japanese breweries in the form of reverse import from Hawaii. The brewery, which brews sake in a winter environment throughout the year, is also based on the idea of making the entire brewery like a refregirator in order to brew sake in a warm Hawaiian climate throughout the year.

It was Honolulu Sake Brewery, not in Japan, that solved the challenge of making high-quality sake in a stable manner and innovated sake brewing. And Mr. Takao Nihei is a man who had worked at this Honolulu Sake Brewery as the chief brewers here and a professional of sake production. The various innovations in sake brewing I mentioned above were also attributed to Mr. Nihei. Even going to a foreign country in this era required considerable courage and preparedness, he created a lot of the technologies necessary for sake brewing in an environment different from Japan, and at the country where there is no sake culture.

I was very honored to have a precious opportunity to visit Hawaii as Miss SAKE and participate in the grave visit of Mr. Nihei. when I arrived at the memorial park, Yoko, Atsuko and Kyoko, who are Mr. Nihei’s daughters, warmly welcomed me and I greeted them. And in front of his grave, we offered sake called Takara-Masamune which had been brewed at Honolulu Sake Brewery.

As 2019 Miss SAKE, I was full of gratitude for visiting the grave of Mr. Nihei who brought various innovations to the sake industry.From this experience, I was able to deeply learn the history and new knowledge about sake, and once again felt the mission of Miss SAKE.

When I spread the charm of sake, I want to continue our activities without forgetting the thoughts of those who have built the history of sake and respect for them. Thank you very much for this wonderful opportunity this time to all the relatives of Mr. Nihei and the breweries who took me there.

Sae Haruta, 2019 Miss SAKE Japan.

『MEET THE BREWERS ~SAKE TASTING EVENT 2019~』に2019 Miss SAKE 春田早重が参加して参りました。

2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香が、京都洛中 佐々木酒造様の蔵開きに参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP