2020 Miss SAKE 群馬 福田 友理子 / Yuriko Fukuda

生年月日:1984年5月14日
出身:埼玉県
職業:フリーアナウンサー

自己PR

幼い頃からの夢を叶え、群馬テレビで8年間アナウンサーとして働きました。

大学は文化学科で世界の文化を学び、座学だけでは飽き足らず海外研修に行ったり、部活で琴と社交ダンスに挑戦する等、文化芸術にどっぷり浸かってきました。

大好きな日本の食と文化をアナウンサーとして磨いた「心に響く」表現で伝えたいです。

あなたの人生に最も影響を与えた人物は誰ですか?

両親です。
実はアナウンサーは昔、父がなりたかった職業でした。

その為か、私も幼い頃から自然と「夢を継ぎ、アナウンサーになる」と決めておりました。

アナウンサー受験で苦しかった時に何度も励ましてくれ、受かった時に一番喜んでくれたのも父でした。

また、そんな父、家族を支える母は、温かく芯が強く、私の理想の大和撫子です。

食に関して普段意識していることは何ですか?

食の背景を知る事や、情緒を感じる事も大切にしています。

例えば最近頂いた鴨肉は、餌がドングリかお米かで味が全く異なりました。

また、玉鋼と呼ばれる鉄板で焼くと、更に味が変わり感動の連続でした。

その感動は玉鋼の職人さんや、鴨の生態への関心に繋がっています。

美味しさに隠された背景にも想いを馳せたいです。

日本酒はあなたにとってどのような存在ですか?

「温かさ」。

アナウンサー受験で全国を巡った際、その地を知る為、必ず地元の小料理屋で地酒と特産物を頂きました。

カウンター越しに女将等と盛り上がると、地元の話をして下さったりし受験を応援して下さりました。

食と酒は、その時出会った方々との思い出の味。

今も日本酒を呑むと、各地で頂いた温かい気持ちが蘇ってきます。

代表地域のPR

群馬は、上毛三山を水源とする清らかな水と豊かな自然を有し、日本酒造りにぴったりの環境です。

また、上毛かるたに「雷とからっ風 義理人情」と詠まれ、雷や風に耐える「忍耐強さ」、「義理人情」を大切にする温かな県民性も持ち合わせています。

恵まれた環境、人の温かさ、そして温泉地として海外からも注目される大変魅力ある県です。

公式Facebookページ

Miss SAKEについて/日経CNBC

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »