Miss SAKE Story

日本酒の起源とも言われる巫女の女性が醸す「口噛み酒」

諸説ありますが、古来から酒造りは巫女の仕事として始まったと言われています。

Miss SAKEはこの歴史を受け継ぎ、現代での日本酒と日本文化の発展に寄与するために誕生しました。

日本酒の親善大使であるMiss SAKEについて

About Miss SAKE

Miss SAKE(ミス日本酒)選考会は、伝統ある日本酒と日本文化の魅力を日本国内外に発信する美意識と知性を身につけた親善大使(アンバサダー)を選出する目的で一般社団法人ミス日本酒が主催。

Miss SAKE(ミス日本酒)は、外務省、農林⽔産省、国税庁、観光庁、⽇本酒造組合中央会等の後援のもと開催された 2013 年 10 ⽉開催の選考会において、初代の「2014 ミス⽇本酒(2014 Miss SAKE)」が誕⽣。

それより6年間、⽇本国内だけでなくニューヨーク、パリ、ロンドン、ミラノ、シドニー、⾹港等、世界各国において、⽇本酒を切り⼝にした⽇本の⾷・⽂化に関する啓発や、⽇本への観光誘致活動を年間 400 件以上⾏っております。

現在は、
①日本酒および日本の魅力を伝える事業
②地域の食・農産業に関する事業
③日本の伝統文化に関する事業
の3つの柱を軸に幅広く活動を展開しています。

Miss SAKE started in September 2013 as an beauty contest to elect an ambassador who have acquired aesthetic sense and intelligence to spread the charm of Japan to the world through SAKE.

The 2014 Miss SAKE, the first generation, was elected at the final stage held in October 2013, supported by the Ministry of Foreign Affairs, the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, the National Tax Agency, the Tourism Agency, the Japan Sake and Shochu Makers Association and so on. To date, Miss SAKE have been born until the sixth generation. In 2020, Miss SAKE contests were held in five countries and regions around the world, and ambassadors were elected in each country and region to spread the greatness of SAKE and Japanese culture.

Women elected as Miss SAKE travel around the world, more than 17 countries and 30 cities, and join more than 400 activities per year to promote Japanese food and culture mainly through SAKE and to attract tourists to Japan as ambassadors to spread the charm of traditional SAKE and Japanese culture to the world.

水着審査のないミスコンテスト

2016年3月には海外初となるMiss SAKE USAがニューヨークにて開催され、米国の著名な経済紙であるウォール・ストリート・ジャーナルでは「水着審査のない女性の尊厳と平等をうたった文化事業」と報じられ、高く評価されました。
7年目となる2020 Miss SAKEでは、
地方大会、海外の大会開催の拡充とともに日本酒を軸とした新たな文化事業として、発展し続けています。

Miss SAKE × SDGs

伝統ある日本酒と日本文化の魅力を日本国内外に発信する「美意識と知性を身につけたアンバサダー」として
Miss SAKEは国内外での活動を通し、「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。

Miss SAKE × 食産業・農作業、食育

Miss SAKE✖️Food and Agriculture Activities

田植えは、日本ならではの「人づくり」「人育て」の文化です。
古来より早乙女姿で行う田植えには、田の神を迎えいのちを育む稲の苗をひとつひとつ丁寧に植えていく日本の昔ながらの風景がありました。

この神聖な祭儀ともいえる「田植え」をMiss SAKEの活動を通して伝承してまいります。
また農業、漁業にも携わり食を通した学びを続けてまいります。

Rice-planting is one of the most significant Japanese culture, to connote the cultivation of people. A young rice plant is to bear more than thousand of new grains of rice. So, since old times,the practice of cultivating new lives has been thought to welcome the god of rice fields.

So that the sacred practice will be handed down to posterity, we participate in rice-planting and harvesting and deepen our understanding. Getting involved with agricultural and fishing industries, we continue to learn and share the beauty of Japanese food culture.

群馬県川場村田植え祭り

兵庫県多可町 登紀子の田んぼ田植え

白鶴 銀座天空農園 稲刈り

第20回記念大会 米 ・食味分析鑑定コンクール

クボタサマーフェア in つくば 2018

環境王国フェア

宮城県椎茸栽培農家見学

宮城県南三陸町ホヤ漁

 

Miss SAKE × 日本の文化・伝統事業

Miss SAKE✖️Japanese Culture Activities

Miss SAKE(ミス日本酒)は、日本全国津々浦々の祭りを巡っております。

「日本酒」も「祭り」も、日本が誇るべき文化の結晶です。
地域を越え、時代を越え、人々の絆を紡いできた信頼とパワーで日本をさらに元気に導く活力としてまいります。

また、武道を含む日本の文化・伝統の発信にも積極的に取り組んで参ります。

Miss SAKEs participate in Japanese cultural activities such as Matsuri all over the country. SAKE and Matsuri are Japanese cultural assets that we can be proud of in the world. With the power of SAKE and Matsuri,which have long connected people beyond the regional boundaries,we try our best to activate Japan and its local communities. Besides, we work on transmitting the greatness of Japanese culture and tradition to the world.

大相撲川崎場所

西条酒まつり

「桶・樽」の日本酒を支える「木の文化」の継承・発展に向けた円卓会議

東広島市松尾神社 神事参加

ねぶた祭り

西条酒まつり

剣道による交流 in スウェーデン

サンワカンパニー アートアワード

未生流笹岡 東京支部展 記念パーティー

世界仏教徒会議日本大会 世界平和祈願法要・記念式典

Miss SAKE公式ロゴマーク

Logo designed by Issei Kitagawa

Miss SAKE Weekly Report

Miss SAKE出演・講演・取材依頼はこちら

最近の記事

Mr SAKE / ミスターサケ

PAGE TOP
Translate »