2021 Miss SAKE 千葉 阿部 さくら / Sakura Abe

生年月日:1998年3月30日
出身:千葉県
職業:バーテンダー/バリスタ/オニギリスト

自己PR

小さい頃から好奇心旺盛で、様々なことに挑戦してきました。
負けず嫌いな所もあり、やるからには納得のいくまで地道に努力します。
お仕事だけでも、バーテンダー・バリスタ・オニギリストと様々な顔を持っていますが、蓄えてきた色々な武器をMiss SAKEの活動でも生かして参りたいと思います。

Miss SAKE Channel

他の人が経験していないようなユニークな経験は何ですか?

専門学校の在学中、自分の考えた商品が世の中に出たことです。
コーヒースタンドを展開する企業様や、テーマレストランを運営する企業様に向けて商品開発、プレゼンテーションをし、学内コンペで1人選ばれる中に選んでいただき実現しました。
商品撮影などにも同行しとても貴重な経験になりました。

あなたの人生に最も影響を与えた人物は誰ですか?

母です。
幼少期、おままごとの代わりに本物の包丁と食材で料理を教わったり裁縫で色々なものを手作りしてくれたりしたことが私の中では大きく高校で服飾に進んだことも、飲食の仕事に進んだことも、母の影響があると思います。食べ物の好き嫌いなく育ててくれたことも感謝しています。

特別意識している美容法は何ですか?

朝起きたら、白湯を飲むことです。
内臓を温めながらゆっくり身体を起こすと、心の余裕ができたり、便通がよくなったりして、いい1日のスタートが切れます。
また、印象に大きな影響を与える髪や唇のケアは特に念入りに行っています。

日本酒はあなたにとってどのような存在ですか?

「人生の分岐点に必ずあるもの」です。
20歳になって初めてお酒を飲んだ時、カクテルコンペに初出場した時、大切な人が亡くなったとき、何かのお祝いの時、、
いい時も悪い時も近くにあるのは必ず日本酒でした。
きっと、これからの長い人生もたくさんの日本酒と一緒に過ごすと思います。

代表地域のPR

「千葉と言えば落花生」とよく言われますが、肥沃な大地や海に囲まれており、全国有数の農林水産県で他にも美味しい野菜や果物、水産物など沢山あります。
また和食には欠かせない醤油、みりんの生産量は全国1位です。
お米の生産も盛んで、酒蔵は40蔵ほどあり、お酒と食材のマリアージュが無限大です。

公式Facebookページ

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

  1. 2022 Miss SAKE 福岡 白石 萌莉
PAGE TOP
Translate »