2021 Miss SAKE 石川 稲垣 知葉 / Tomoha Inagaki

生年月日:1997年8月15日
出身:石川県
職業:声楽家

自己PR

私は幼い頃から西洋芸術に親しみ、音楽、声楽の勉強をただ一筋の軸として生きてきました。
目標のため努力する向上心、挑戦への好奇心には自信があります。
最近では、殺陣などのお稽古に通っております。
特に日本舞踊からはMiss SAKEとしての立ち振る舞いの勉強もさせていただいております。

Miss SAKE Channel

今までで最も誇りに思っている達成は何ですか?

大学3年生の時に友人や先輩と立ち上げた組織でオペラを開催したことです。
出演者として稽古に励みながらも、運営陣の一員としてキャスト、オーケストラ、スタッフなど総勢200人ものメンバーを纏めることは大変な困難でしたが、あの公演での拍手で感じた達成感は物凄かったです。

他の人が経験していないようなユニークな経験は何ですか?

第97回全国高等学校野球選手権大会石川県大会の開会式で国歌、大会歌独唱の機会をいただいたことです。
青空の下、目の前に県内中の野球部員たちが凛と並び、私の歌で国旗が掲げられていく光景は忘れられません。
この経験を生かし、日本酒を掲げて君が代を歌いたいと意気込んでおります。

あなたの人生に最も影響を与えた人物は誰ですか?

私に音楽の道を開いてくれた両親です。
父はオペラのレコードをかけ、母は合唱でオペラに出演しておりました。
父はいつも私の歌を笑顔で褒めてくれ、母は誰より厳しく審査をしました。
ふたりの下だからのびのび音楽の勉強ができました。今でも演奏会の度に足を運んでくださる2人には感謝ばかりです。

日本酒はあなたにとってどのような存在ですか?

決定的な出会いの瞬間は覚えていないほど自然でした。
日本酒は当たり前に隣にいてくれて安心できる存在です。
今日は良いことがあったからこの日本酒。
今日はホッとしたいからこちらをお燗で。
とゆったり自分に寄り添う時間を作れるのは日本酒ならではの魅力ではないでしょうか。

代表地域のPR

石川県は地形的変化に富み、美しい景色を楽しめます。
能登の荒波や霊峰白山…。
その豊かな自然に培われた四季折々の食材と加賀百万石の伝統で育まれた食文化に伴い、石川県には美味しい日本酒が沢山あります。
また、芸術にも積極的で、音楽祭や美術館なども石川県の新しい魅力のひとつです。

公式Facebookページ

Miss SAKEについて

>About Miss SAKE

 

>2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

 

>2021 Miss SAKE Japan ファイナリスト

 

>2020 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKEメールマガジン

最近の記事

  1. online sake fair 2021 miss sake
PAGE TOP
Translate »