2022 Miss SAKE 静岡 嘉茂史織 / Kamo Shiori

嘉茂史織(25)
出身:静岡県
職業:福祉施設職員

自己PR

2022 Miss SAKE 静岡 嘉茂史織です。
私は静岡県焼津市で生まれ育ち、現在は地元静岡の障害者施設で、生活支援員として働いております。

人生1度きり!
新たな事に挑戦して、1人の女性として成長したい、そう思っていた時にMiss SAKEに出会い、ナデシコプログラムを通し、日本文化や日本酒知識を学べる事に大変魅力を感じ、応募致しました。

静岡県は、世界遺産にも登録されている、四季折々、様々な表情を見せてくれる富士山が有名ですが、実は吟醸王国でもございます。
静岡で杜氏ができれば一人前と言われてるいるように、ハイレベルな吟醸酒作りが確立されています。

Miss SAKEの活動を通し、地元静岡の魅力、そして日本酒の魅力を多くの方に広めてまいります。

他の人が経験していないようなユニークな経験は何ですか?

実家が農家ということもあり、幼い頃から親の手伝いで米作りに携わってきました。
田おこし、種まき、代かき、田植え、とても従労働な作業があってこそ、美味しいお米が出来上がる事を身に染みて感じました。コイン精米所にもよく一緒に付いて行き、洗米されるお米をじっと見てるのが好きでした(笑)

あなたの人生に最も影響を与えた人物は誰ですか?

両親です。
父は平日は会社員として働きながら、合間の時間で農業(米・野菜)を営んでおり、私はその父が作ってくれたお米が大好きです。また普段は厳しい母ですが、困ったり悩んだ時は、そっと側にいてくれる存在。相手を思いやる心を教えてくれました。

日本酒はあなたにとってどのような存在ですか?

「私の成長と共に歩んでくれるもの」です。
20歳になって初めて日本酒を飲んだ時。就職してお祝いで飲んだ時。Miss SAKEに応募するきっかけを与えてくれた日本酒。人と人を繋ぎ、素敵なご縁をもたらせてくれる存在でもあります。私の人生は、これからも日本酒と共に歩んでいきます!

代表地域のPR

静岡県のシンボルといえば四季折々様々な表情を見せてくれる富士山。温暖な気候と豊かな海、山、大地がある静岡県には、海の幸、山の幸からスイーツまで、静岡ならではの絶品が揃っています。
豊かな水源にも恵まれている地酒の産地、また吟醸王国でも知られています。
是非、静岡に足を運んで頂き、食とお酒と温泉をお楽しみください!!

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »