Miss SAKE blog

環境省様の元へ2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が表敬訪問に伺って参りました。

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE, made a courtesy visit to the Ministry of the Environment, which has officially supported our activities as Miss SAKEs.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。

10月4日、ミス日本酒の活動にご後援を頂いております、環境省様の元へ表敬訪問に伺わせて頂きました。

環境省様は『持続可能な社会』を実現されるべく、種々の環境問題への対策を実施なさるとともに、環境基本計画等を通じ政府全体の環境政策を率いていらっしゃいます。

この度は環境省自然環境局局長 正田寛様、同局自然環境計画課課長 植田明浩様、同課里地里山保全専門官 根田聖児様とお話をさせて頂く機会を頂戴いたしました。

(写真)右より環境省 自然環境局局長 正田寛様、2018 ミス日本酒 須藤亜紗実、環境省 自然環境局 自然環境計画課 

里地里山保全専門官 根田 聖児様、環境省 自然環境局 自然環境計画課課長 植田 明浩様

 

古くより日本人の生活とともにあった日本酒は、日本の伝統技術はもちろんのこと、日本の自然が生み出してきた産物に他なりません。

日本酒はお米とお水、麹、酵母から作られておりますが、その成分の約80%はお水です。日本は水に囲まれた島国であり石灰岩の少ない特殊な地層ゆえ、世界的にも珍しく軟水の地下水に恵まれています。特別な水の処理を伴わずとも繊細な味わいを誇る日本酒は、そんな特殊な日本の自然環境の産物なのです。また、日本酒造りに用いられる酒米は栽培に適する気候・風土が限られている上、背が高く倒れやすいため栽培に特に技術を要します。農家の方々の労力と自然環境が相まってようやく、良質な酒米が収穫されるのです。

 

現代社会は「大量生産・大量消費・大量廃棄」の時代と言われておりますが、こうした「人々の努力と自然の賜物である日本酒」は、代替の利く無機質な商品とは異なるものです。古くから日本人に愛され親しんできた日本酒は、私達自身がまた次の世代へと伝えていくべき、『持続可能な社会』の産物なのです。

だからこそ一杯一杯の日本酒の奥にある、人々の努力と自然への感謝、そしてその恩恵を「頂戴」することの有難さを、日本酒と日本文化のアンバサダーであるミス日本酒として、お伝えしていけたらと願っております。

 

この度はご多忙な中、環境省自然環境局局長 正田寛様、同局自然環境計画課課長 植田明浩様、同課里地里山保全専門官 根田聖児様に貴重なお時間を頂戴し、ミス日本酒の活動に激励のお言葉も頂戴いたしましたことを大変光栄に思っております。ミス日本酒として、今後も一層気を引き締め精進して参りたく思っております。

改めまして、この度は貴重なお時間を誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE.

On October 4th, I made a courtesy visit to the Ministry of the Environment, which has officially supported our activities as Miss SAKEs.

The Ministry of the Environment, MOE, deals with various environmental issues to secure the coexistence with nature. So, by conserving the rich natural environment and maintaining essential connections between people and nature, MOE aims at the realization of the Sustainable Society.

This time, we had an opportunity to talk with Mr. Yutaka Shoda, Director-General of Nature Conservation Bureau of MOE, Mr. Akihiro Ueda, Director of Biodiversity Policy Division of Nature Conservation Bureau, and Mr. Seiji Konta, Officer of Biodiversity Policy Division.

 

As you may know, SAKE is made from sake rice, water, koji mold and yeast, which are combined and fermented in precise processes that have been refined over the centuries.

So, SAKE is an important cultural asset which has a long been familiar with Japanese people, and, at the same time, it is a valuable product of rich natural environment. 

 

Today, we are said to be in the society of “mass-production/ consumption/ disposal,” but SAKE is not something mass-produced and mass-consumed as substitutable product. But it’s what we are to enjoy as unsubstitutable product and pass down to future generations.

So, as Miss SAKE, we’d like to share the gratitude to sake, as a valuable product of the Sustainable Society.

 

It was an honor for me to have a chance to report our activities so far and have words of encouragement for our future activities. As goodwill ambassadors of SAKE and Japanese culture, we’ll continue to try our best.

I extend my deep appreciation to Mr. Shoda, Mr. Ueda and Mr. Konta for making a valuable time in their busy schedules.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

「ブリュッセル国際コンクール」の日本酒部門「SAKE selection」ウエルカムパーティーに2018 ミス日本酒 堀井雅世と2018 ミス日本酒 三重代表 瀬古はるなが参加して参りました。

インド最多購読数を誇る飲料産業総合専門誌『SPIRITZ』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が表紙掲載・インタビュー掲載をして頂きました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP