Miss SAKE News/Blog

JTBならではプラン「宴席と旅の思い出に地域の彩りを!Miss SAKE 岡山に教えてもらう地酒の楽しみ方」にて、2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希が岡山の地酒を提供いたしました

皆さま、こんにちは。2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希です。

紅葉が深まり、山が色づく10月、JTBのツアーで熊本県より岡山旅行にいらした大和ハウスのオーナーの方々へ、岡山プラザホテル内のお食事会場にて岡山県の地酒を提供いたしました。

岡山プラザホテルは日本三大庭園の一つに数えられる後楽園を望み、旭川をはさんで向かい合う場所に立地しています。今回のツアーは後楽園を散策した後に、岡山プラザホテルにて岡山の特産物をふんだんに取り入れたお食事と、岡山の地酒を楽しんでいただくというプランでした。

今回は、JTBならではプラン「Miss SAKE 岡山に教えてもらう地酒の楽しみ方」ということで、提供する4種のお酒はすべてMiss SAKE 岡山である中島咲希がチョイスいたしました。

◆提供した日本酒◆

菊池酒造 木村式奇跡のお酒 純米大吟醸『日本万歳』
山成酒造 純米吟醸『桜渓』
十八盛酒造 多賀治 生もと純米雄町 無濾過生原酒
白菊酒造 大典白菊 備中杜氏 にごり酒

 

純米大吟醸、純米吟醸、純米生酛、にごりを取りそろえ、日本酒を普段飲まない方でも飲みやすく、たくさん飲まれる方にも飲み飽きないラインナップを揃えました。また、お配りしたメニュー表の説明書きとデザインも自らさせていただきました。大吟醸からちょっと変化球のにごり酒まであるため、提供するお酒の温度帯にもこだわらせていただき、遠方からいらしたお客様に岡山のお酒がおいしかったと思っていただけるよう、入念に準備を行いました。

準備が終わるとお客様をお迎えしました。後楽園を散策された皆様はとても楽しそうな面持ちで、お食事を楽しみにされていました。

そのまえにマイクの前に立たせていただき、僭越ながら乾杯の音頭を取らせていただきました。その際にMiss SAKE 岡山の紹介と、岡山が米どころであること、水が豊かでおいしい日本酒ができること、そして地酒の特徴を説明させていただくと、「知らなかった」という表情で興味深くお聞きいただきました。

さて、お食事会では私はバーカウンターの日本酒コーナーに立ち、お燗番をしつつ、お酒の紹介を交えながら岡山の地酒を提供させていただきました。

「岡山のお酒がこんなに美味しいとは知らなかった!」と、全種類たくさん飲んでくださった方や、「普段はあまり飲まないのだけど、おいしかったのでまた来ました」とおかわりに来てくださる方もいらっしゃり、大変うれしく思いました。

中でも人気だったのが、白菊酒造 大典白菊 備中杜氏 にごり酒のぬる燗です。にごり特有のどろりとした飲み口が、温めることでさらっとした舌触りになり、甘味とのバランスが取れておいしいのです。はじめは「にごり酒を燗にするの?」と訝っていらっしゃった方も、飲んでみると「これはおいしい!」と言ってくださり、想像以上の売れ行きでした。

帰りのお見送りの際にも「おいしかったよ」と口々に伝えてくださり、大変ありがたく感じました。

岡山の日本酒アンバサダーとして、岡山の地酒のおいしさをお伝え出来たことを嬉しく思います。日本酒の裾野を広げ、より一層日本酒の魅力をお伝えするため今後とも一層尽力して参ります。

最後になりましたが、ご旅行にいらした大和ハウスオーナーの皆様、ツアーを企画されましたJTB様、大和ハウス熊本様、そして岡山プラザホテルスタッフの皆様、この度は素敵な経験を誠にありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。

2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「諏訪九蔵おうちで利き酒セット」限定200セットが発売!利き酒の楽しみ方をMi…

  2. 令和4酒造年度全国新酒鑑評会金賞受賞企業への知事感謝状贈呈式に、Miss SAK…

  3. 「まるごとふくしまウィーク」ふくしま日本酒利き酒販売にMiss SAKE �…

  4. 【ミス日本酒(Miss SAKE)と日本酒を楽しむ会】キックオフパーティーを開催…

  5. SakeTest.comに2023 Miss SAKE最終選考会の記事を掲載いた…

  6. 日本酒蔵ツーリズム推進協議会 令和6年度総会と懇親会に2023 Miss SAK…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2024 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »