Miss SAKE blog

【2019 Miss SAKE Hong Kong】開催を応援してくださる関係者の皆様の元へご挨拶に伺わせて頂きました。

After finishing the 2019 Miss SAKE Hong Kong Launching Ceremony at the Hong Kong International Wine & Spirits Fair 2018, Asami Sudo visited some restaurants which are going to support the Miss SAKE Hong Kong project.

[English Follows]

皆様こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。

11月10、11日【2019 Miss SAKE Hong Kong 開催発表会】を終えた後は、現地にて【2019 Miss SAKE Hong Kong】開催を応援してくださる関係者の皆様の元へご挨拶に伺わせて頂きました。

まずは、近年若手デザイナー達により歴史的な警察宿舎からトレンディスポットとして改装された複合施設 “PMQ”にある「SAKE CENTRAL」に伺って参りました。SAKE CENTRALはsakeを通して日本の飲食・日本文化の魅力を広めるべく、日本国内外から集めたれた日本酒を提供するのみならず、店内に展示ブースにて酒器や工芸品の展示等も積極的に行い日本の魅力を紹介していらっしゃいます。

(写真左)SAKE CENTRAL ディレクターの遠藤隆史様とともに。(写真右)SAKE CENTRALにて。店内は細部に至るまで大変スタイリッシュなつくりになっており、デザインやアートへの深い思いが感じられました。

続いて香港随一の繁華街、蘭桂坊(ラン・カイ・フォン)にある「SAKE BAR 吟」に伺って参りました。「SAKE BAR 吟」は香港にある日本酒バーの中では最も先駆的なお店の一つであり、香港における日本酒ブームを牽引していらっしゃいました。この日も、店内では多くの方々が日本酒を楽しんでいらっしゃいました。

(写真左)「SAKE BAR 吟」オーナー/ 第7回酒サムライでいらっしゃる百瀬あゆち様とともに。(写真右)この日も、店内では多くの方々が日本酒を楽しんでいらっしゃいました。

翌日11月11日、まずは香港島からフェリーに乗りラマ等に向かい、香港の新鮮な魚介を楽しめるレストラン「天虹海鮮酒家 Rainbow Seafood Restaurant 」に伺って参りました。こちらのレストランは生け簀に入った新鮮な魚介を注文後に調理してくださる大変人気のお店で、海沿いのテラス席はたくさんの方々で賑わっておりました。こちらの店舗では日本酒の提供はまだあまり浸透していないとのことでしたが、今後こちらでも香港の誇る魚介のお料理とともに日本酒を味わっていただける機会が増えればと願っております。

 

続いては香港島に戻り、蘭桂坊(ラン・カイ・フォン)にて開催されていた【蘭桂坊 Cool Japan Carnival】に参加して参りました。こちらでは日本の各地域の飲食ブースや浴衣の着付け体験ブースなど様々なブースが出展されており、大変な盛況を見せておりました。

 

続いては香港随一の人気を誇るとんかつ専門店「とん吉」に伺って参りました。こちらは開店前から行列ができるという大変人気のお店で、日本酒も数多く提供していらっしゃいます。

(写真左)左より2019 Miss SAKE Hong Kong運営チームのKenneth Lee様、Cru Media Ltd. Co-founder/ Cru Magazine Executive Director でいらっしゃるNicholas Siu様。

続いては香港島Causway Bay地区の中心に位置する高級商業施設「Lee Gardens」にある「Japanese Restaurant Ta-ke 竹」に伺って参りました。こちらの店舗は、前身の人気 Japanese Restaurant「Sushi Ta-ke 」をリニューアルされ、2018年3月にオープンされたばかりの高級ダイニングです。その名の通り「竹」をモチーフとし有名建築家により手がけられた店内は、エレガントで大変魅力的な空間となっておりました。こちらのレストランでは、プレミアム日本酒を多数取り揃えていらっしゃるそうです。

そして最後は、「Japanese Restaurant Ta-ke 竹」と同じくLee Gardens内にある、「権八 Hong Kong」に伺って参りました。こちらでは日本酒に特にこだわりを持ち、数多くの銘柄を取り揃えていらっしゃるのだそうです。

 

この度、【2019 Miss SAKE Hong Kong】開催発表に際し香港を訪問させて頂き、現地飲食店での日本酒提供の現状を拝見させて頂き、また今後の展望をお伺いする中で、香港におけるSAKE CULTURE 拡大の可能性を強く感じてくることができました。

香港では現地の方々の日本食への関心が高く、また輸入関税も酒税も0%であることからも、今後ますます日本酒の普及が見込まれるのではないかと身を以て実感して参りました。そん中、2019 年初開催されるMiss SAKE Hong Kongが、香港におけるSAKE cultureの更なる進展の一助となることを私も心より願っております。Miss SAKE Hong Kongの今後の展開を皆様是非温かくお見守り頂けましたら幸いに存じます。

改めまして、Cru Media Ltd. Co-founder/ Cru Magazine Executive Director Nicholas Siu様をはじめ、このような素晴らしい機会を頂戴いたしました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE.

After finishing the 2019 Miss SAKE Hong Kong Launching Ceremony at the Hong Kong International Wine & Spirits Fair 2018, I visited some restaurants which are going to support the Miss SAKE Hong Kong project.

On, November 11th, we visited Sake Central, a stylish sake bar located in PMQ. Sake Central offers an extensive variety of sake bottles from small and large breweries both inside and outside of Japan. 

 

Next, we visited Sake Bar GINN, one of first sake bars in Hong Kong, which has devoted to the development of SAKE industry in Hong Kong. They offer seasonal sake and sake tasting flights out of over 100 kinds of premium sake.

(写真左)山梨銘醸株式会社 専務取締役 北原対馬様とともに。(写真右)Hong Kong Wine Academy Director and Principal Lecturer/ 第12回酒サムライでいらっしゃる Micky CHAN 様とともに。

On the next day, November 12th, we took a ferry from Hong Kong Island and visited “天虹海鮮酒家 Rainbow Seafood Restaurant.” At the restaurant along the shore, you can enjoy variety of seafood. For now, SAKE is not a popular drink at the resataurant , but I believe SAKE and seafood is one of the best combinations of drink and food. So, I hope, in the near future, more people will enjoy SAKE at the nice restaurant along the shore.

 

After coming back to Hong Kong Island, we visited “蘭桂坊 Cool Japan Carnival.” At the festival, they had a variety of booths of Japanese local food and drink as well as cultural experience booths such as  Kimono-wearing one. I was happy to see so many  Hongkongese People enjoy the Japanese cultural festival.

 

Next, we visited Restaurant “Tonkichi,” one of the most popular Tonkatsu Restaurants in Hong Kong. They offer various kinds of SAKE with very popular Tonkatsu dishes.

At last, we visited the Lee Gardens, one of the most premium shopping malls in Hong Kong, and went to “Japanese Restaurant Ta-ke” and “Gonpachi Hong kong.” The atmosphere of the two restaurants were so elegant and they offer various kinds of premium sake.

 

After visiting many restaurants in Hong Kong and hearing the recent situation of SAKE industry there, I could feel a strong possibility of development of SAKE in Hong Kong.

Many Hongkongese have strong interest in Japanese Cuisine. And what’s more, import duties and liquor tax are basically free. So, I could feel that SAKE would gain much more popularity in Hong Kong in the near future. In such a present situation, I hope and believe that Miss SAKE Hong Kong Project will contribute to the greater development of SAKE culture in Hong Kong. 

I extend my deep appreciation to Mr. Nicholas Siu, Cru Magazine Co-founder and  Executive Director, and all the people involved in the Miss SAKE Hong Kong Project. Thank you very much for the precious time in Hong Kong.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

Hong Kong International Wine & Spirits Fair 2018 にて【2019 Miss SAKE Hong Kong 開催発表会】を行って参りました。

【衆議院議員・上野宏史君を励ます会】に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実と2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP