Miss SAKE News/Blog

きもの文化教室開講40周年記念式典にMiss SAKEが伺いました

Miss SAKE attended the 40th anniversary ceremony of the “Kimono Culture Class” by the Association for Promoting the National Costume Culture of Japan(English Below)

 

皆さま、こんにちは。

2023 Miss SAKE Japan 山田琴子です。

1月に一般財団法人民族衣裳文化普及協会様の「きもの文化教室開講40周年」のお祝いの記念式典とパーティーに弊社団 代表理事 大西美香同行の元、2023 Miss SAKE 準グランプリ 齋藤ひかりさんと伺ってまいりました。

 

<一般財団法人民族衣裳文化普及協会について>

一般財団法人民族衣裳文化普及協会様は、昭和52年から日本のきもの、民族衣裳文化および、その染・織・文様・造形等に関する知識の普及を中心とした活動をなさっております。

具体的には、きもの着付け講座や、様々な日本の民族衣裳が出てくるイベントや催し、美術館や博物館での展示協力、国際交流に関する国際平和文化交流事業など日本の「きもの」文化普及のために様々な活動を行っております。

その中でも、きもの文化教室は、今年で歴史が40年になります。

一般財団法人民族衣裳文化普及協会様のきもの文化教室では、名前の通り、きものの着付けだけでなく、立居振舞やマナーを含めた「文化」を教えていただけます。

 

現在は、40周年のお祝いに、「40周年記念きもの講座」を行っており、大変光栄なことに、2023 Miss SAKE 準グランプリ森川裕希恵さんと私でモデルをさせていただいております。

ご自宅で洗えるお着物と必要な道具が全てついてくるセットになっておりますので、よかったらこの際に皆さんも着物デビューしてみてはいかがでしょうか。

講座はこちら:https://www.wagokoro.com/course/40th/

また、既にお着物を自分で着るだけでなく、お着物の先生を目指す講座もあるそうです。自分が学ぶだけではなく、日本の文化として学んだ方が受け継いでいくという文化を大切になさっている民族衣裳文化普及協会様ならではのコースだなと思います。中には、日本でインストラクターの資格を取得し、海外にてキモノ文化をご紹介されている先生方もいらっしゃり、世界中の方に日本の文化を知っていただく素晴らしい輪が広がっているのだなと感じました。

東京日本橋、横浜、千葉、名古屋、梅田、仙台、新潟、郡山、福島ほかで無料説明会開催しております。

詳細はこちら: https://www.wagokoro.com/course/instructor.html

 

 

また、民族衣裳文化普及協会様には、私たちMiss SAKEのファイナリストが受講する教養講座ナデシコプログラムにて振袖の自装方法を教えていただきました

私たちの活動で欠かせないお振袖を、日本だけでなく海外の地で美しく着付けをできるように教えていただき、先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

式典では、お世話になった日本橋教室の山本先生、宇井先生、徳丸先生、竹内先生にもまたお会いすることができ、昨年の自分を振り返り大変感慨深い気持ちになりました。

2024 Miss SAKEも先生方に教えていただけるとのことで、今度は私も先生方に教えていただいたことを一緒に後輩に伝えていきたいなと思います。

その時のブログもございますので、よかったらご覧ください。

<記念式典とパーティー>

記念式典と記念パーティーは、ホテル椿山荘東京にて開催されました。

式典は、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会 専務理事 野田兼義様より民族衣裳文化普及協会様の歴史を交えたご挨拶をいただき始まりました。

その後、水島会長からのビデオメッセージ、きもの文化教室学長の武田富枝様から武田様からみた40年の歩みと、代表理事 原茂利様よりMrs SAKEの活動を含めて民族衣裳文化普及協会様の今後の催しについてもご挨拶がございました。

「きもの文化は実際に着ていただくところまでが文化である」

お着物だけでなく、お着物を着用し、その中で学ぶ所作や人との振る舞い方などを含めた文化そのものを守ろうとされている学長 武田様のお言葉が大変印象に残りました。

その後、鏡開きが行われ、齋藤さんと私も鏡開きに参加させていただきました。

壇上から会場を拝見したのですが、式典にいらっしゃている方々の様々な美しいお着物で会場はまるでお花畑のような鮮やかさでした。

「お着物はひとつの絵画である」

会場にいらっしゃった方から教えていただいた言葉です。お着物には、一つ一つ様々な思いを込めた刺繍や絵が描かれ、このように絵画を伝統衣装として身に纏うのは日本特有の素晴らしい文化です。

皆さまの様々なお着物や帯の絵柄や色合いを拝見し、私も私だけの思いのこもったお着物をいつか仕立ててみたいなと思いました。

その後行われたパーティーでは、本太囃子連様による獅子舞と、スペシャルゲストの梅園紗千様による狂言とミュージカルを交えたパフォーマンスが行われ、お着物だけでなく様々な日本の文化を拝見いたしました。

獅子舞の途中で、獅子が席に来て頭を噛んでくださったのですが、これは「噛み付く」が「神が憑く」となり大変縁起が良いそうです。

最後に、終宴のご挨拶を総委員長の小川喜代子様よりいただきパーティーは終了いたしました。

<Mrs SAKEの募集>

パーティーでは様々なパフォーマンスののち、私たちMiss SAKEも舞台上にて私たちの活動のご紹介と、今年度より開催されますMrs SAKEの募集についてお話をさせていただきました。

Mrs SAKEの募集は2024年1月31日まで行っており、私たちと一緒に様々な日本文化を普及するための活動にあたっていただきます。最終選考会は、ホテル椿山荘東京にて開催されます。

詳細はこちらに載っておりますので、是非皆さまご応募ください。

Mrs SAKE ホームページ:https://www.mrssake.org/

募集についてのブログ記事:

Miss SAKE一同、Mrs SAKEの皆さまとの出会いを通して、様々なロールモデルとなる先輩女性の方とお会いできるのを大変楽しみにしております。

日本の昔からの文化であるお着物。

同世代の若い方にももっともっと気軽にお着物をファッションの選択肢の一つとして楽しんでいただけるよう、お着物の素晴らしさ、美しさも日本文化のアンバサダーであるMiss SAKEとして発信をしていきたいなと強く感じた1日となりました。

 

40周年という記念の場に私共も同席させていただきまして誠にありがとうございました。

今後とも、ご指導お願いいたします。

 

2023 Miss SAKE Japan 

山田琴子

 

English Below: 

Miss SAKE attended the 40th anniversary ceremony of the “Kimono Culture Class” by the Association for Promoting the National Costume Culture of Japan

 

Hello everyone,

I’m 2023 Miss SAKE Japan Kotoko Yamada.

In January, I attended the commemorative ceremony and party for the 40th anniversary of the “Kimono Culture Class” hosted by the Association for Promoting the National Costume Culture of Japan. Accompanied by the representative director of our association, Mika Onishi, and together with 2023 Miss SAKE Semi-Grand Prix Hikari Saito, we were honored to participate in the event.

<About The Association for Promoting the National Costume Culture of Japan>

The Association for Promoting the National Costume Culture of Japan has been actively involved in spreading knowledge about Japanese kimono, ethnic costumes, and related cultural aspects such as dyeing, weaving, patterns, and design since 1977. Their activities include kimono dressing courses, participation in various events and exhibitions featuring Japanese ethnic costumes, and cooperation with museums. 

Notably, the Kimono Culture Class has been a part of their initiatives for 40 years, providing comprehensive education, including posture, behavior, and manners, along with kimono dressing.

 

Currently, they are conducting a special “40th Anniversary Kimono Course,” and I had the honor to model alongside Semi-Grand Prix winner Yukie Morikawa. The course provides a set including a washable kimono and all necessary tools for dressing, making it an excellent opportunity for everyone to experience wearing a kimono.

You can find more information about the course here (https://www.wagokoro.com/course/40th/).

In addition, there is also a class for people who want to not only learn but also get a licence to teach how to wear kimono. Currently, there are many teachers in the world who graduated from this course who is teaching the kimono culture across the world. For more information check here : https://www.wagokoro.com/course/instructor.html

<Ceremony and Party Highlights>

The ceremony and party took place at Hotel Chinzanso Tokyo. The ceremony began with a speech from Mr Noda, Executive Director of the Bridal Institution Association, followed by an address from Ms Takeda, the Head of the Kimono Culture Class, reflecting on the 40-year journey of the Association, and also a video message from Mr Mizushima.

Later, Mr. Hara, the representative director, shared his thoughts on the association’s future events, including activities related to Mrs. SAKE. 

Ms Takeda emphasized that “kimono culture is a culture that goes beyond just wearing kimono.” This resonated deeply with me, highlighting the significance of not only the kimono itself but also the culture surrounding it.

“The kimono is a piece of artwork.”

This phrase was shared by a guest I met at the event. Kimono are adorned with various embroideries and paintings, each carrying its own heartfelt meaning. The tradition of wearing these painted artworks as traditional garments is a splendid and unique Japanese cultural practice.

Observing the diverse patterns and colors of everyone’s kimonos and obis was inspiring. It made me aspire to create a kimono that reflects my own personal sentiments someday.

The party featured lively performances, including a lion dance by Motobuto Ohayashiren and a special performance by Sachi Umezono, combining kyogen (traditional Japanese comic theater) and a musical. The lion dance, where the lion bit into our heads, was considered a symbol of good luck, symbolizing the lion which is a god “protecting” us.

The closing speech was delivered by Ms. Ogawa, the chief commissioner, marking the end of the party.

<Announcement of Mrs. SAKE Recruitment>

During the party, we, the Miss SAKE representatives, had the opportunity to introduce our activities and announce the recruitment for Mrs. SAKE 2024. 

The recruitment is open until January 31, and the final selection will take place at Hotel Chinzanso Tokyo.

For more details and to apply, you can visit the Mrs. SAKE website (https://www.mrssake.org/), and you can find a blog post about the recruitment here (https://www.misssake.org/2024-mr-sake-start/).

 

We Miss SAKE members are looking forward to meeting and working with the wonderful women participating in Mrs. SAKE, becoming role models for us and younger generations.

Wearing a kimono, a traditional Japanese culture, has always been a significant part of our heritage. I hope to share the beauty and uniqueness of kimonos with more young people in my generation and encourage them to embrace kimono as a fashion choice.

 

Attending this memorable event and celebrating the 40th anniversary with everyone was truly an honor. 

Thank you for your continued guidance.

 

Best regards,

2023 Miss SAKE Japan

Kotoko Yamada

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 手拭い専門店かまわぬ様 代官山店オープン32周年記念の催しにて、2019 Mis…

    2019.08.25
  2. マレーシアにて開催されましたレストラン向けセミナーに2023 Miss SAKE…

    2023.12.21
  3. 〜中と外から麹の恵に感謝を〜 第5回 ナデシコプログラムレポート

    2023.03.31
  4. 2023 Miss SAKE 島根 土倉麻杏が、李白酒造様、カネモリ醤油様、そし…

    2023.05.25
  5. 『2020 Miss SAKE 三重大会』グランプリに松本紗弥(まつもとさや)さ…

    2019.11.30
  6. エンタメミックス新潟2021に、2019 Miss SAKE 新潟 鈴木聖袈が参…

    2021.12.15

Miss SAKEとは?

2023 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »