Miss SAKE blog

『TOKYO 2020 1st World Press Briefing Reception』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実と2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世が参加して参りました。

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE, joined “the TOKYO 2020 1st World Press Briefing Reception” at TFT Hall 1000 with Miss Masayo Horii, 2018 Miss SAKE runner-up.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。

9月4日、東京ビッグサイト TFTホール1000にて『TOKYO 2020 1st World Press Briefing Reception』が開催され、2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅世さんとともに参加して参りました。

『TOKYO 2020 1st World Press Briefing』は復興庁様、東京都、公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会様主催の元、国内外メディア関係者約300名を対象に大会準備状況の報告や意見交換等を実施する第一回目のブリーフィングです。

ブリーフィング初日に開催されたレセプションでは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 森喜朗 会長、吉野正芳 復興大臣、東京都 小池百合子知事よりご挨拶があり、大会開催を2年後に控えた現在の状況のご報告とともに、2年後に向けた展望やご期待をお話しになられておりました。

また、お三方はご挨拶の中で 『東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功は、被災地の復興無くして成し得ない』ことを共通してお話になっておられました。

今回のレセプションでは、そうした理念から、東京都と岩手県・宮城県・福島県の東北3県の食材を用いたお料理の数々がご用意されておりました。また、東京都の特産品を紹介する特設ブース、東北3県の日本酒試飲の特設ブースが設けられ、私たちは日本酒試飲ブースにて蔵元様とともに日本酒をご紹介するお手伝いをさせて頂きました。

 

 

参加者の方々の中には日本酒にあまり馴染みがない海外の方々も多くいらっしゃいましたが、皆様一口日本酒を口にされるとパッと表情を明るくされ、味わいの異なる銘柄を飲み比べられながら日本酒を愉しんでいらっしゃる様子が大変印象的でした。

そして今回私たちがお手伝いさせて頂いた復興庁様の日本酒ブースには、『東北の食の安全性』を皆様に正しく理解していただくためのパネルも用意されておりました。

皆様は、日本は『世界で最も厳しいレベルの基準値に基づく放射性物質検査の徹底により、食品安全を確保している』ことをご存知でしょうか?

また、震災直後に比べ、近年は基準値(100㏃/kg)を超える食材はほとんどなく、お米は2015年産米以降、海産魚介類は2015年4月以降、基準値超過はゼロであるという事実をご存知でしょうか?

3.11の震災以降、復興は着実に進み、私たちの元へと届く食の安全は今ではしっかりと確保されています。

http://www.reconstruction.go.jp/2020portal/progress/gensiryokusaigai_hukkou.html

もちろん現在ではこうした情報をしっかりと理解し、日本の豊かな食を楽しんでくださっている海外の方々もたくさんいらっしゃいます。しかし未だ十分な理解が得られていない現状もあります。

今回、復興庁様の日本酒ブースにて日本酒を振舞わせて頂き、皆様が笑顔で日本酒を愉しんでいらしゃる様子を拝見する中で、「日本人としてこうした正しい情報の発信に貢献し、一人でも多くの方に日本の豊かな食・美味しい日本酒を味わって頂きたい」そんな思いを強く感じました。

2020年、さらにその先へ向け、日本の豊かな飲食文化を多くの方に知って頂き、そして愉しんで頂けるよう、ミス日本酒として一層気を引き締め励んで参りたいと思っております。

『TOKYO 2020 1st World Press Briefing Reception』開催関係者の皆様、この度は大変貴重な機会を頂戴し、誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE. 

On September 4th, I joined “the TOKYO 2020 1st World Press Briefing Reception” at TFT Hall 1000 with Miss Masayo Horii, 2018 Miss SAKE runner-up.

“The TOKYO 2020 1st World Press Briefing” is held by the Reconstruction Agency, Tokyo Prefecture and the Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games to report and discuss the recent Japanese situation toward TOKYO 2020.

About 300 guests from foreign press offices  joined the reception, and Mr. Yoshiro Mori, the chair person of the Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games, Mr. Masayoshi Yoshino, the Minister for Reconstruction, and Ms. Yuriko Koike, the Governor of Tokyo, made speeches, where they all stated that the success of TOKYO 2020 cannot be realized without the reconstruction of the disaster‐stricken area.

So, at the reception, various foods and desserts made from ingredients from Tokyo, Iwate, Miyagi and Fukushima Prefecture were provided in a buffet style. Also, a special booth to introduce local products of Tokyo and the one to introduce SAKE of 3 Tohoku prefectures were set up. As Miss SAKE, we served SAKEs of Tohoku with the sake brewers. And we were very glad to see the smiles of    lots of guests after drinking delicious sake.

And beside the sake tasting booth, we could see the announcement panels of the Minister for Reconstruction to show the safeness of Japanese food.

Do you know the fact that the Government of Japan ensures food safety by thorough inspection for radioactive materials based on the most stringent reference value in the world, and only those products which have passed them reach domestic and international markets?

With regards to the rice produced in Fukushima Prefecture, for example, all the products are tested for the contamination of radioactive materials, and 100% of those produced after 2015 proved to contain the amount which is less than the standard level. All of marine products of Fukushima Prefecture which are distributed on the market contain less radioactive materials than the standard level.

The Government is making every effort to provide accurate information about the current situation in the Tohoku region including the eventual risks of radiation so that people can safely enjoy agricultural products and visit the region.  

http://www.reconstruction.go.jp/english/index.html

By watching the panels, I strongly thought that I’d like to convey the right information inside and outside Japan, so that more people can enjoy such great Japanese food and Japanese SAKE. As Miss SAKE and also as a Japanese, I’d like to continue to try my best.

We extend our deep appreciation to people involved in the event.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

在中国日本国大使館Websiteにて「アジア国際美酒コンテスト in China」開催記念セレモニーの様子をご紹介して頂きました。

秋田県「後三年 秋の陣 in金澤」に、2018 ミス日本酒 秋田代表 松田きよらが参加しました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP