Miss SAKE News/Blog

「身体の外から!身体の内から!」 第5回ナデシコプログラム

皆さま、こんにちは。
2023 Miss SAKE 埼玉 松﨑美稀です。

3月25日(土)に、石川酒造株式会社様の≪向蔵ビール工房≫にて、第5回ナデシコプログラムに参加いたしました。
そこで学んだことをいくつか共有させていただきます。

【麹生化粧水と塩麴づくり体験

―株式会社北村商店 代表取締役 北村公克様、SHARE SENSE 乙部彩佳様

日本酒造りには欠かせない、麹について説明いただいてから化粧水と塩麴づくりを体験しました。
皆さまは、麹の効果についてご存じでしょうか。

①消化・吸収率アップ

酵素の働きでタンパク質やデンプンが分解されるので、吸収率が高く、身体への負担が少なくなる。

②美味しさアップ

酵素によって作られる〈うま味〉〈甘味〉が食品に加わる。

③栄養価アップ

麹菌の働きでアミノ酸やビタミン類などの栄養価が増加する。

こんなにたくさんの効果があり、食べない選択肢はありませんよね!

また、麹と聞くとお肉が柔らかくなる役割と思い浮かべる方がほとんどだと思います。
実際、講座の中で蒸したとりささみで普通に蒸したもの、塩麴に着けてから蒸したものを食べ比べたところ、柔らかさが全然違いました!

塩麴使用(白) 普通(茶) 写真でも一目瞭然です。

また、米麹とお水だけで作った甘酒も体験しました。
甘味料を全く入れていないのに、本当に甘くとてもおいしかったです。

〈甘酒作り方〉

材料:米麹(300g)、常温の水(730ml)
備品:炊飯器

①炊飯器に米麹、水を入れかき混ぜる
②炊飯器の蓋は開けたまま保温モードで10時間待つ
※鍋の蓋を使用してほこりが入らないようにする

ビタミンや必須アミノ酸が豊富で、夏バテ防止にもなるみたいで、作り方もとても簡単なので、ぜひご自宅で甘酒を作ってみてください!

甘酒にイチゴピューレを乗せています。

続いて米麹化粧水の作り方をご紹介します。

〈米麹化粧水作り方〉

材料:米麹50g、お湯(50~55度)200ml
備品:ボール、ガーゼ、水筒、化粧水ボトル、計量カップ、温度計

①水筒に米麹とお湯を入れ、蓋をして少し振る
②最低2時間待つ
③ボールにガーゼを広げ、水筒の中身を全部出す
④ガーゼを絞り、水分と米麹を分ける
⑤水分の部分を化粧水ボトルに入れる

自宅にあるもので簡単に作れちゃいます!
化粧水は冷蔵保存で1週間持つそうなので、贅沢にたくさん使います!

また、残った米麹は顔パックなどに使用しても大丈夫だそうです!
講義では片方の手でパックを体験しましたが、色が白くなって、肌もモチモチになりました。

続いて塩麴の作り方をご紹介します。

〈塩麴作り方〉

材料:米麹100g、常温の水110ml、食塩 お好みの分量
(参考:塩18g=塩分8%、40g=16%)
備品:容器(密閉できるもの)、計量カップ、スケール

①容器に食塩、米麹を入れる
②蓋をして容器を振る
③容器に水を入れ、再度振る
④家の中の暖かい場所に1週間おいておく
⑤トロッとしてきたら完成

お好みで塩分が変えられるので減塩にも繋がりますし、レシピの数も増えて出来上がった塩麴を使って料理をするのがとても楽しみです。

私のInstagramで塩麴を使った料理をアップする予定なのでぜひチェックしてみてください!

【お手紙の書き方】

-初代 Miss SAKE 森田真衣様

現在では、メールでのお礼でも丁寧と言われていますよね。
Miss SAKEはイベント参加活動後など、お礼のお手紙を書きます。

  • 便箋や封筒は季節や内容によって変える。
  • 個人的な内容は避ける
  • 字は丁寧に!

ボールペン字が苦手な私からすると、お手紙を書くというのは難関です。
森田さんに教えていただいた「ひらがなを制す」ということを意識して、今後のお手紙を書いていきます。
早速、春の季節に合った便箋と封筒を探しにお買い物に行こうと思います。

真剣に書いている姿です

【鍋&SAKE】

-初代 Miss SAKE 森田真衣様

ナデシコプログラムではおなじみの≪酒坊 多満自慢≫様にて、鍋&SAKEの講座を行いました。

酒粕チーズ鍋に、石垣島ゆいまーる牧場のアグー豚を使用しました。

株式会社コープニュース 代表取締役 田中陽子様に手配して頂きましたアグー豚は、甘みと旨みがしっかり感じられ、何回もお代わりしてしまいました。

コラーゲンも豊富とのことで、美容・健康にも良いと女性の間でも注目されているとのことです。
皆さまも、ぜひ石垣島ゆいまーる牧場】のアグー豚を試してみてくださいね!

始めて頂くアグー豚でした!

また、今回の日本酒は2023 Miss SAKE 各代表の地酒を持参していただきました。

  • 宮城代表:千田瑞穂さん
  • 東京代表:神下芽衣さん
  • 神奈川代表:山田琴子さん
  • 愛知代表:森川裕希恵さん
  • 鳥取代表:都田亜衣莉さん

持参した日本酒への熱い想いを1人ずつプレゼンしていただき、日本酒に合ったおつまみも振舞っていただきました。

次の宿泊では私が担当なので、ファイナリストの皆に埼玉のお酒を振舞えることがとても楽しみです。
まだ、おつまみが決まっていないので今から頭をフル回転して日本酒に合ったものを選びたいです。

ナデシコプログラム開催にあたり、多大なるご支援をしていただいている方々への感謝を忘れず、残りのプログラムを受講していきます。

2023 Miss SAKE 埼玉 松﨑美稀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2021 Miss SAKE 宮城 斉藤百香 / 第14回ナデシコプログラムレポ…

    2021.06.09
  2. 「醸造機器の発展・働き方改革へ」最後のナデシコプログラムに参加いたしました。

    2022.07.04
  3. 「サカエ サケ スクエア 2023 ~SAKAE SAKE SQUARE 〜」に…

    2023.07.22
  4. 「ふくしまマルシェ〜2022復興・創生〜」に、2022 Miss SAKE 福島…

    2022.12.22
  5. 「岐阜初 キャビア解体ショー」に2023 Miss SAKE 岐阜高田蘭子が出演…

    2024.02.14
  6. 2018 ミス日本酒(神奈川代表)須藤亜紗実、2018 ミス日本酒 準グランプリ…

    2018.04.16

Miss SAKEとは?

2023 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »