Miss SAKE News/Blog

2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希が岡山高島屋様開店50周年記念イベントにて鏡開きを行いました。

皆様こんにちは。
2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希です。

岡山高島屋様開店50周年記念という大変おめでたい日にお呼びいただき、鏡開きを行いました。
大変貴重な機会を頂き誠にありがとうございました。

岡山高島屋様は言わずとしれた高島屋グループの百貨店で、1973年5月のオープン以来、岡山駅前にて岡山の皆様に愛されてきました。
岡山駅直結であることから利用しやすく、私も特に地下の食品売り場にはよくお世話になっております。

岡山高島屋様開店50年を記念して、岡山県内各地の農産物や加工品を集めた物産展が開かれました。

会場には県内27のすべての市町村から集まった農産物や加工品など、約1000種類が販売されています。
海、山、川、自然の恵みが集まる岡山県には知られざる魅力がまだまだたくさんあります。
このような特産品フェアを開いていただくことで、岡山の魅力を再発見することができ、県民としてとても嬉しく思います。

さて、本日行いました鏡開きですが、鏡開きには「鏡を開くことによって、これからの運が開く」という意味が込められています。
また、樽の中に入っているお酒の語源は「栄える」から来ているそうです。

未来を切り拓き、岡山高島屋様が、そして岡山の皆様がより一層栄えることと願いを込め、木槌を振らせて頂きました。

鏡開きのあとには、来場くださった方に宮下酒造様の「極聖」を振る舞いました。たくさんの方が振る舞い酒を飲んでくださり、中には「振る舞い酒が美味しかったのでお酒を購入しました!」という方もいらっしゃいました。

 

また、その後には岡山県産のもち米を使用して餅つき体験も行われ、大変賑やかなお祭り気分を味わうことができました。

私も杵で餅つきをしてみたかったのですが、振袖ではなかなか厳しいものがあったので、掛け声役を担当させてもらいました。

岡山の美味しい食材とともに岡山のお酒を楽しむことは素晴らしい体験だと思います。このような機会を通して日本酒の裾野を広げ、より一層日本酒の魅力をお伝えするために、我々Miss SAKEも尽力していきます。

この度は貴重な機会をいただきありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。

2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020 Miss SAKE 東京代表 齋藤茉夕が、東京都酒造組合様を訪問いたし…

  2. 佐賀県鹿島市の樋口久俊市長のもとへ2017 ミス日本酒の田中梨乃、2018 ミス…

  3. 「awa酒振興議員連盟」総会・試飲会に2023 Miss SAKE 準グランプリ…

  4. Miss SAKEオススメ!『日本酒に合う塩ハンバーグ』うま味溢れる至福のペアリ…

  5. 「ふくしま フードフェス2018」に2018 ミス日本酒 福島代表・準グランプリ…

  6. 「第9回 和酒フェス in 中目黒」に2018 ミス日本酒 準グランプリ 堀井雅…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »