Miss SAKE News/Blog

地産地消に貢献 子どもたちと一緒に食の大切さを考える 〜SHIN style様×JA岡山全農おかやま様コラボ企画〜

皆様こんにちは。
2023 Miss SAKE 岡山の中島咲希です。

2023年4月23日に行われた子どもたちと一緒に野菜を植えて岡山県産のお米とお肉を食べるイベントに、2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希、準グランプリ柴田京香、ファイナリスト 福井光咲、桑田雅代が参加いたしました。

このイベントは、初年度よりMiss SAKE 岡山大会へご協賛いただいているSHIN Style様(https://shin-style.com/)、ご協賛・ご後援いただいているJA岡山全農おかやま様(https://www.zennoh.or.jp/oy/)の多大なるご支援により実現いたしました。

ことの発端は、2023 Miss SAKE 岡山大会にてグランプリの副賞として全農岡山様より岡山県産のお米60kg(俵1俵分!)を頂いたことに遡ります。

せっかくの美味しいお米を私一人で頂くより沢山の人と分かち合いたいと思い寄付の打診をしたところ、岡山県でサッカー教室を運営されているSHIN style様がスクール生の子どもたちの食育に使用したいと名乗りを上げてくださいました。

SHIN style様は元ファジアーノ岡山の選手である福森 慎太郎様が運営されているサッカースクールです。

Jリーグの前身チームで現役選手として活躍し、社会人としての様々な人脈・これまでのサッカーの経験を活かし、子供達の成長を伸ばすサッカーのあり方を独自の視点で進めるSHIN styleを確立しました。

そして頂いたお米を寄付しても良いかJA全農おかやま様へお伺いしたところ、同意頂いたどころかせっかくなので子どもたちと一緒に岡山県産のお米とお肉を食べてほしいということでお肉を提供いただき、このイベントが実現しました。

皆様にご縁を繋いでいただいたこと、とても嬉しく思います。心より感謝申し上げます。

ということで、まずは玉ねぎの収穫から始まりました。

岡山市の源照寺様の敷地の一角をお借りして作られた畑にたくさんの玉ねぎが実っていました!JA全農おかやま様よりお借りした作業服に身を包みいざ収穫です!

無農薬で育てられているという畑にはダンゴムシなど畑を耕してくれる虫たちがたくさんいて、土にしっかり養分があることが感じられました。子どもたちも一生懸命働いてくれ、大きいものから小さいものまで色々なサイズのたくさんの玉ねぎを収穫できました!

次にさつまいもを植えます。土を掘り、丁寧に植えていきました。子どもたちにさつまいもが出来上がったら何を食べたいか聞いたところ、スイートポテトやカレーという答えが返ってきました。収穫イベントのときには大きなキッチンが必要になりそうですね(笑)

最後はお待ちかねのBBQです。

予め保護者の方々へお渡ししていた三種類の里海米(コシヒカリ、きぬむすめ、朝日)をおにぎりにしていただきました。愛情をこめて握られたおにぎり、とっても美味しそうです!

ー里海米とはー

里海米」とは、瀬戸内海で育てられた牡蠣の殻を肥料にして育てられたお米のことです!

牡蠣の養殖が盛んな瀬戸内海では、身を食用にしたあとにゴミとして残る”カキ殻”の有効活用が課題でした。そこで注目されたのが《農畜産物の肥料・飼料としての活用》です。

牡蠣は身ばかりが注目されますが、実はミネラルをはじめ多くの栄養成分が殻にも含まれてるんです!
カキ殻を細かく粉砕して肥料・飼料として利用すれば、ゴミが減らせるうえ、美味しい農畜産物の生産に役立ちます!

そして、お肉はJA全農おかやま様より提供いただいた奈義牛(https://nagibeef.okayama.jp/)です。

「なぎビーフ」とは岡山県奈義町の指定農場で生産された肉牛で協議会が定めた指定配合飼料を給与と黒豆(作州黒)を給与した牛で、公益社団法人日本格付協会格付員により格付されたものです。

おにぎりもお肉もとっても美味しく頂きました。

最後に、子どもたちに向けて地元で収穫された野菜やお肉を食べようという話を少しだけさせて頂きました。今日のように自分たちで野菜を収穫したり育てたりして、地元である岡山県産のお米やお肉を食べて美味しかった、楽しかったという体験をぜひ心の片隅に置いてもらえたら嬉しいなと思います。

最後に、このような素晴らしい企画を実現していただいたSHIN style様、JA岡山全農おかやま様のご支援に誠に感謝いたします。SHIN style 代表 福森 慎太郎様、JA全農おかやま 管理部 総合支援課 田中 沙織様、誠にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

2023 Miss SAKE 岡山 中島咲希

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 愛知県知事 大村秀章様に、2021 Miss SAKEが表敬訪問いたしました。

    2021.07.22
  2. 2023 Miss SAKE 香川 川地さくら_第三回ナデシコプログラムレポート…

    2023.03.26
  3. 『2018 “よい仕事おこし”フェア』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実、201…

    2018.09.21
  4. 埼玉県酒造組合主催「新年賀詞交換会」に 2023 Miss SAKE 埼玉 松…

    2024.01.26
  5. 「立春朝搾りの会 with Miss SAKE」に2023 Miss SAKE …

    2024.02.23
  6. 『大信州 手いっぱいの会 in 東京』に2018 ミス日本酒 準グランプリ 児玉…

    2019.09.18

Miss SAKEとは?

2023 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »