Miss SAKE News/Blog

加藤吉平商店様の「デジタル・ペアリングで実現する新サービスを導入記者会見」に、2021 Miss SAKEも参加いたしました。

2021 Miss SAKE participated in a press conference held by Kato Kichibee Shoten, the brewer of Born, to introduce their new service that enables digital pairing. [English below]
皆様こんにちは。
2021 Miss SAKE の松崎未侑です。

清酒 梵/BORN 醸造元 合資会社 加藤吉平商店様のデジタル・ペアリングで実現する新サービス導入記者会見に、2021 Miss SAKEも参加いたしました。

加藤吉平商店

福井県鯖江市吉江町に位置する、加藤吉平商店様。万延元年(1860年)創業時には、両替商・庄屋だった先祖が日本酒製造を始め、代々、「吉平(きちべえ)」を襲名。現在、十一代目を数える老舗です。銘柄「」(ぼんBORN)は、サンスクリット語で“けがれなき清浄”、“真理をつく”と訳され、そしてボーンで未来への“誕生”、“創造”を表しています。

酒造りの特徴は、伝統的な手造りで、地下、約180メートルの深さの井戸から汲み上げた白山連峰の伏流水を使って、兵庫県特A地区産契約栽培の山田錦と、福井県産の五百万石米を使って、自社酵母で、完全無添加の純米酒のみを造り続けています。

輸出はなんと、世界105国141箇所にも及び、海外にある日本国大使館・総領事館などで海外の国賓やVIPのおもてなしにも採用されています。まさに日本国を代表する日本酒なのです。また、国内でも昭和のはじめに先の天皇の即位の式(御大典の儀)の折に採用されて以来、現在では数々の日本国の重要な席で採用されていらっしゃいます。

昭和43年(1968年)には、日本で初めて大吟醸酒を商品として販売開始!
常に日本酒業界の最先端で新たな日本酒の付加価値を創造し続けていらっしゃる時代の先駆者が今回は、世界初のブロックチェーン×NFC/RFIDのデジタル・ペアリングを共同プロデュースされました!

ブロックチェーン×NFC/RFIDのデジタル・ペアリング

加藤吉平商店様が世界中に出荷されるようになると、空き瓶を悪用した偽造の商品が市場に出回るようになってきたそうです。
偽造日本酒を防止するべく、開発されたのが今回の商品。

一見普通のシールに見えるのですが、「NFCタグ」がついている商品。
NFC/RFIDとは、高速かつ直感的な操作を実現する通信技術とサプライチェーン・マネジメントなどに最適なUHF帯ICタグ技術を併用したもので、物理的資産に固有IDを付すことができ、かつ、その資産にかかる重要な情報などをブロックチェーンに書き込む際の入口としても機能するそう。
PR times記事はこちらhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000100112.html

個別のタグには開封済み/未開封の情報に加えて、蔵元や商品の詳細情報をはじめとして、物流の拠点ごとにどんな経路を、どんな温度管理で通ってきたのかも記録されるようになります。

嬉しいのが非常に簡単な操作方法。
iPhoneを起動して、シールの丸い部分にスマートフォンの頭の部分をかざすだけでウェブサイトに導いてくれるのです。

   

非常に高いユーザーエクスペリエンスで、本物の日本酒にまた一つ付加価値が加えられる瞬間です。
本サービスは、当蔵の最高級の以下2商品に付属される予定です。

「梵・超吟」(BornChogin)(磨き2割 純米大吟醸)

  • マイナス10℃で約5年間熟成されたお酒を中心としてブレンドされた、精米歩合20%の究極の純米大吟醸酒です。
  • 素晴らしい香りと深い味は感動を呼ぶ、まさに日本の酒文化を代表する珠玉の名酒です。
  • 年に2回のみ販売される、完全予約限定品

「梵・夢は正夢」(BornDreams Come True)純米大吟醸 

  • マイナス10℃で約5年間熟成された、純米大吟醸酒。
  • 精米歩合20%の純米大吟醸酒と精米歩合35%の純米大吟醸酒のブレンド酒です。
  • どっしりと深くて素晴らしい香りを持ちながら、骨格があり、しっとりとなめらかな味で、あと味が名刀のように切れる名酒です。
  • ボトルは人生の勝利者( オンリーワン=1L )を称えるトロフィーを表現しています。
  • 世界中で活躍しているスポーツ選手をはじめ、祈願成就の記念の御祝いや、目標達成の祈願酒として数多く採用されています。

記者会見後のレセプションでは、上記2商品に3つのレギュラー商品を加えて、エスニック料理とのペアリングが行われました。

Miss SAKE は日本酒を通して、世界中の文化交流を促進し、平和な世界の構築に微力ながらも寄与できるように今後も活動を継続して参る所存です。人の心を動かすものもは「本物」です。質の高い日本酒と、日本酒に込められた想いがより正確に世界中の消費者に伝わるようにするための、本テクノロジーの普及に期待で胸が膨らみます。

そんな想いを込めて活動していることを、会場の皆様の前で英語にてスピーチさせていただく機会を頂戴しました。各国の方々の前での英語によるスピーチは心地よい緊張感を伴いましたが、皆様に温かく見守って頂き、スピーチ終了後には多くのお声がけを頂きました。このような場を設けてくださった加藤社長にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

この度は、新たな価値を創造する加藤吉平商店様の記者会見に同席させていただけたことに、心より光栄に思います。
記者会見はキャンセル待ちが数多く出るほどの注目で、会場には弊社団やIWCの顧問を務めていらっしゃる株式会社コーポ・サチ 代表取締役 平出淑恵様や、酒サムライで元外務省大臣官房広報文化交流部部長でいらしゃった 門司健次郎様、世界各国の日本国総領事を務め、現在は加藤吉平絵商店の海外戦略顧問も務められる原田美智雄様、一般社団法人日本のsakeとwineを愛する女性の会代表理事 友田 晶子様等日本酒関係者をはじめ、アメリカ公使や世界各国の方々が駆けつけました。

本商品の進展から目が離せません。

2021 Miss SAKE
松崎未侑

2021 Miss SAKE participated in a press conference held by Kato Kichibee Shoten, the brewer of Born, to introduce their new service that enables digital pairing.

Hello everyone.
My name is Miyu Matsuzaki, 2021 Miss SAKE.

I participated in the press conference held by Kato Kichibee Shoten, the brewer of Born, to introduce a new service that enables digital pairing.

Kato Kichibee Shoten

Kato Kichibee Shoten is located in Yoshie-cho, Sabae City, Fukui Prefecture. The company was founded in 1860 by an ancestor who was a money changer and village headman, and began sake production, taking the name “Kichibee” from generation to generation. Today, Kichibee is a long-established sake brewery with eleven generations of brewers. The brand name BORN is translated from Sanskrit as “purity without impurity” and “truth”, and is also translated in English as “birth” and “creation” for the future.

The brewing process is characterized by traditional handcrafting, using water pumped up from a well 180 meters deep underground from the Hakusan mountain range, contract-cultivated Yamadanishiki rice from the special A district in Hyogo Prefecture, and Gohyakumangoku rice from Fukui Prefecture, with in-house yeast, and only pure rice sake, completely additive-free.

It is exported to 105 countries and 141 locations around the world and is used by Japanese embassies and consulates-general overseas to entertain foreign guests and VIPs. It is truly a sake that represents Japan. In Japan, it was used for the Emperor’s coronation ceremony at the beginning of the Showa period (1926-1989), and has since been used for many important occasions in Japan.

In 1968, they launched the very first Daiginjo-style sake in the market!
This pioneer of all times, who has always been at the forefront of the sake industry and continues to create new added value for sake, has now co-produced the world’s first blockchain x NFC/RFID digital pairing!

Blockchain x NFC/RFID Digital Pairing

As Kato Kichibee Shoten began to ship their products around the world, counterfeit products that misuse empty bottles began to appear on the market. This product was developed to prevent counterfeit sake.

At first glance, the product looks like an ordinary sticker, but it has an “NFC tag” attached to it.
NFC/RFID is a combination of communication technology that enables fast and intuitive operation and UHF IC tag technology that is ideal for supply chain management, etc. It can be used to attach a unique ID to physical assets and can also function as a gateway for writing important information about the assets to the blockchain.

In addition to the opened/unopened information, the individual tags will also memories detailed information about the brewer and the product, as well as the path taken by each logistics location and the temperature control.

What is exciting the most is the extremely simple operation method.
Just activate the iPhone and hold the head of the smartphone over the round part of the seal to be directed to the website.

 

This is a moment that adds another value to authentic sake with a very high user experience.
This service will be included in the following two of the brewery’s finest products:

Born Chogin (20% polished Junmai Daiginjo)

  • This is the ultimate Junmai Daiginjo-shu with a 20% polished rice ratio, blended with sake that has been aged at -10℃ for about 5 years.
  • Its wonderful aroma and deep flavor are impressive, and it is a “gem of a sake” that is representative of Japanese sake culture.
  • Only sold twice a year, and only available by reservation.

Born: Dreams Come True Junmai Daiginjo

  • Junmai Daiginjo-shu aged at -10℃ for about 5 years.
  • It is a blend of Junmai Daiginjo-shu with a 20% milling ratio and Junmai Daiginjo-shu with a 35% milling ratio.
  • It is a great sake with a deep, robust, wonderful aroma, yet structured, moist, and smooth taste, with an aftertaste that cuts like a great sword.
  • The bottle represents a trophy to honor the winner of life (one and only one = 1L).

It has been used by many athletes around the world as a commemorative drink to celebrate the fulfillment of their wishes or to pray for the attainment of their goals.

Following the press conference, the above two products were paired with ethnic dishes and three other regular products at the reception.

It was such an honor to have a chance to speak in front of the guests about the mission and dream of Miss SAKE. We will continue to promote cultural exchanges around the world through sake and contribute to the building of a peaceful world.

What moves people’s hearts is the “authentic thing”. We are very excited about the spread of this technology, which will help ensure that high-quality sake and the backgrounds that go into it are conveyed more accurately to consumers worldwide.

We are truly honored to be able to be present at the press conference of Kato Kichibee Shoten, a company that adds new value to sake.
The press conference attracted so much attention that there was a waiting list, and the audience included Ms. Toshie Hiraide, President of Corp Sachi, who serves as an advisor to our company and IWC, Mr. Kenjiro Monji, a sake samurai and former Director of the Public Relations and Cultural Exchange Department, Minister’s Secretariat, Ministry of Foreign Affairs, Mr. Michio Harada, who has served as Consul General of Japan in various countries and currently serves as an overseas strategic advisor to Kato Kichibee Shoten, Ms. Akiko Tomoda, Representative Director of Women’s Association for Sake and Wine Lovers in Japan, and other people related to Japanese sake, as well as the U.S. Minister and people from around the world.

 

We cannot take our eyes off the progress of this product.

2021 Miss SAKE
Miyu Matsuzaki

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県酒造組合様に、2022 Miss SAKE 神奈川 横田早紀がご挨拶に伺いました。

伏水酒蔵小路「蔵元DAY! @京都酒林会」に、2021・2022 Miss SAKE Kyoto、Mr SAKE Finalist が出演します。

関連記事

  1. 「父の日」にプレゼント!「センパ 日本酒フェア」初日に2021 Miss SAK…

    2021.06.14
  2. ハワイにて開催された『広島の地酒を楽しむパーティ』に2018 ミス日本酒 準グラ…

    2018.12.03
  3. 2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香が、京都洛中 佐々木酒造様…

    2019.08.15
  4. アジア女子大学第9回ファウンドレイジングイベントに2018 ミス日本酒 福島 堀…

    2018.03.23
  5. 群馬県 長野原警察署の1日署長に、2020 Miss SAKE 群馬代表の福田友…

    2020.09.26
  6. 2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が新潟県酒造組合様にご挨拶に伺ってまいりました。…

    2018.08.18

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2021 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »