Miss SAKE blog

京都創生PR事業「京あるき in 東京2019」大使館レセプションに2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

the Reception Party of “Kyo Aruki in Tokyo 2019” for Ambassadors in Japan

[English Follows ]

皆様こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。2月1日、東京「八芳園」にて開催された京都創生PR事業「京あるき in 東京2019」大使館レセプションに参加して参りました。

「京あるきin東京」は歴史と文化が息づくまち・京都の多彩な魅力を首都圏の方々にも感じて頂くことにより、京都文化、日本文化の継承・発信、そして更なる国際観光の振興を目指されている京都創生PRイベントです。

 

今年で9回目の開催を迎える「京あるき in 東京 2019」では『京まなび』が総合テーマとされており、約1ヶ月間に渡り全214の企業・団体様による様々なプログラムが実施されることとなります。

この日はそんな「京あるき in 東京2019」開会に際し、世界の皆様に京都・日本文化への理解を深めて頂くべく、各国の駐日大使及び国内外メディア関係者等を対象とした大使館レセプションが開催され、私もミス日本酒の顧問でいらっしゃる月の桂-株式会社増田德兵衞商店 代表取締役 増田德兵衞様とともに参加させて頂きました。

当日は各国の駐日大使の皆様をはじめ、政財界等各界より多くのゲストの方々がお越しになっており会場は大変な盛況を見せておりました。開会に際し京都市長 門川大作様によるご挨拶がなされた後、壇上では京都文化のさらなる発展を願い鏡開きのセレモニーが行われ、僭越ながら私も参加させて頂きました。

また、宴中には増田德兵衞社長とともに壇上にてご挨拶をさせて頂く機会を頂戴し、京都の日本酒、そして京都の魅力について日本語及び英語にてお話をさせて頂きました。

そしてこの日は、各国の駐日大使の皆様をはじめ、多くの皆様とお話しさせて頂く機会に恵まれ、ミス日本酒の活動にたくさんの応援のお言葉を頂戴致しましたことを大変光栄に思っております。

私自身ミス日本酒の活動の中では京都を訪れる機会が多々ございますが、四季折々の美しさを見せてくれる風情ある街並みや、海外の方からも愛される歴史ある建造物そして食文化に、毎回心温まる思いを感じております。今回の「京あるき in 東京」での様々なプログラムを通して、奥深い京都の魅力がより多くの方々の元へと届きますことを心よりお祈り申し上げております。

改めまして、この度は素晴らしい機会を頂戴し誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers ]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE. On February 1, I attended the reception party of “Kyo Aruki in Tokyo 2019” for ambassadors in Japan.

“Kyo Aruki in Tokyo” is an annual cultural fair organized by Kyoto city, the Kyoto Chamber of Commerce and Industry, the Kyoto City Tourism Association and the Kyoto revitalization forum. The fair is held in Tokyo for one month, and people can experience more than 100 special programs to enjoy various cultural essences of Kyoto.

On the day, at the opening of the “Kyo Aruki in Tokyo 2019,” a reception party was held so that ambassadors in Japan can deepen their understanding of Kyoto culture.

At the beginning, Mr. Daisaku Kadokawa, the Mayor of Kyoto, made a speech to introduce the unique and beautiful culture of Kyoto with his hope to have more people all around the world know the greatness of Kyoto culture.

During the party, I could have an opportunity to make a speech with Mr. Tokubei Masuda, an adviser of Miss SAKE Association and the president of TSUKINO KATSURA SAKE. It was a great honor for me to have such an opportunity on the stage and have a lot of words of encouragement to our activities.

As you may know, Kyoto has been deeply connected with SAKE, as one of the most historical and important sake brewing districts. And besides SAKE, Kyoto has variety of cultural assets such as elegant townscapes and historical food culture.

So, I hope “the Kyo-Aruki in Tokyo” will be a great opportunity for a lot of people to feel and enjoy the greatness of Kyoto.

Once again, I extend my appreciation to all the people involved for the valuable experience.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

東京麹町ロータリークラブ例会にて2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が卓話をさせて頂きました。

大阪国税局様主催、在留外国人向け日本酒セミナー『DISCOVER SAKE』に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加して参りました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP