Miss SAKE News/Blog

2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香が、日本橋とやま館様にて開催された蔵元来館『とやま地酒の会』に参加して参りました。

Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runnner-up, participated in an event called “The Event for Sakes in Toyama Prefecture” held at Toyamakan at Nihonbashi with brewers came from Toyama.

皆様、こんにちは。

2019 Miss SAKE 準グランプリの塚原菜実香です。

6月16日にアンテナショップ日本橋とやま館様にて開催された、蔵元来館『とやま地酒の会』に参加して参りました。

『とやま地酒の会』は、富山県のアンテナショップ「日本橋とやま館」の開館3周年を記念して開催されたイベントです。館内の和食レストラン 富山はま作様にて、富山県にある6蔵の女性蔵元様のお話を伺いながら、それぞれの蔵の日本酒と富山はま作様のおつまみを頂くことができる、贅沢なイベント内容となっておりました。

当日は、皇国晴酒造様、成政酒造様、桝田酒造店様、玉旭酒造様、三笑楽酒造様、若鶴酒造様の蔵元様方が来館され、会場にはそれぞれの蔵から幻の瀧 純米吟醸 涼み酒、成政 山田錦 純米大吟醸、満寿泉 純米大吟醸、玉旭 大吟醸 おわら娘、三笑楽 山廃純米、若鶴 純米大吟醸 瑶雫40が用意されておりました。蔵元様と近い距離で話しながら日本酒を頂くことで、味わいだけではなくその日本酒の背景をも感じて楽しむことができます。まさに、「とやま地酒」の魅力を堪能できるイベントであると感じました。

写真左から、満寿泉 純米大吟醸、三笑楽 山廃純米、幻の瀧 純米吟醸 涼み酒、若鶴 純米大吟醸 瑶雫40、成政 山田錦 純米大吟醸、玉旭 大吟醸 おわら娘

そして僭越ながら、会の始まりにはミス日本酒の紹介と乾杯のご挨拶をさせていただきました。乾杯の後、会が進むにつれてご来場のお客様方の笑顔が増えて盛り上がっていらっしゃる様子を拝見し、私も嬉しい気持ちで一杯になりました。

イベントを通じて、蔵元様方のお話を拝聴し私自身も富山県の日本酒について学びを深めさせていただいたほか、まだ世に知られていない日本各地の「地酒」の魅力があることに対し、非常に勿体ないと感じました。

日本酒そのものの地位向上だけではなく、日本各地の日本酒の魅力をも広めていけるよう、一層精進して取り組んで参ります。

富山県酒造組合の皆様、日本橋とやま館の皆様、ご来館された富山県の蔵元様、そして関係者の皆様、この度は素晴らしい機会を頂戴し、誠にありがとうございました。

2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原菜実香

for English Speakers

Hello, everyone.
I am Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runner-up.

On June 16th, I participated in an event called “The Event for Sakes in Toyama Prefecture” held at Toyamakan at Nihonbashi with brewers came from Toyama.

This event was held to commemorate the 3rd anniversary of Toyamakan at Nihonbashi. Those who came to the event were able to enjoy six kinds of sake in Toyama and snack made by the restaurant in Toyamakan named “ Toyama Hamasaku” while talking with the brewers from Toyama prefecture.

In this event, brewers came from the breweries in Toyama prefecture, such as Mikunihare Syuzo, Narimasa Syuzo, Masuda Syuzoten, Tamaasahi Syuzo, Sansyouraku Syuzo, and Wakatsuru Syuzo. In addition, six kinds of great sake from the respective breweries were prepared. By drinking sake while talking with the brewers, you are able to enjoy not only the taste, but also the backgrounds of it. So, I felt that through this event, you were truly able to appreciate the charms of sake in Toyama.

Thankfully, I had a chance to introduce Miss SAKE and give a toast at the beginning the event. After that, I felt great to see everyone engaged in lively conversations by drinking sake.

Through the event, I was able to learn more about sake in Toyama prefecture by listening to the breweries, and I felt like I want to do something to spread the charms of local sakes which are not well-known yet.

I will keep trying to let people know the charms of both sake itself and local sakes.

All members of Toyama prefecture brewing union, Toyamakan at Nihonbashi, brewers came from the breweries in Toyama prefecture, and everyone involved in this event, thank you very much for this precious opportunity.

Namika Tsukahara, 2019 Miss SAKE runner-up

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で学ぶ『日本酒の一般知識(The General Information of SAKE)』日英対訳

2019 Miss SAKE 春田早重がサイバー・ネット・コミュニケーションズ株式会社様のパーティに出席して参りました。

関連記事

  1. 2020 Miss SAKE 第一回ナデシコプログラムが開催されました。

    2020.01.12
  2. “JOY OF SAKE Honolulu” に2018…

    2018.08.01
  3. 2019 miss SAKE 準グランプリ/埼玉代表)冨田梨花が、『全国清酒鑑評…

    2019.08.03
  4. 『静岡県地酒まつり in Tokyo』に2019 Miss SAKE 準グランプ…

    2019.09.06
  5. 【川崎競馬場 第55回 報知オールスターカップ】に2018 ミス日本酒の須藤亜紗…

    2019.01.06
  6. 大阪国税局様主催、在留外国人向け日本酒セミナー『DISCOVER SAKE』に2…

    2019.02.04

Translate:

Miss SAKE Weekly Report

Miss SAKE出演・講演・取材依頼はこちら

2020 Miss SAKE ファイナリスト

Miss SAKE × SDGs

Mr SAKE / ミスターサケ

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP
Translate »