Miss SAKE News/Blog

名古屋南ロータリークラブ「新年の例会」にて、2021 Miss SAKEが日本酒の振る舞いと講話をさせて頂きました。

皆さま、こんにちは。
2021 Miss SAKEの松崎未侑です。

先日、名古屋にございます懐石料理 神楽家様にて開催された、名古屋南ロータリークラブ「新年の例会」にて、金銀花酒造様の日本酒の振る舞いと講話をさせて頂きました。

世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した社会奉仕グループ「ロータリークラブ」の名古屋南は1957年に創立された名古屋で3番目のクラブです。名古屋を代表する企業の経営者様など47名ほどが新年の例会にお集まりになられました。

1985年創業の神楽家様は懐石料理以外にも、地域の伝統と文化を継承する芸術・文化・歴史を学ぶ講演会、体験型のレッスン、季節のお料理とお酒を楽しむ美食会や演奏会などが楽しめます。

12月末には「餅花づくりワークショップ」が開催されており、お店の各所に豪華な餅花が飾られており、来るひとの心を華やかな気持ちに彩ってくれました。豊作や幸福を祈願する小正月の行事を通して季節感を演出する趣のある会場でした。

今回の日本酒は愛知県一宮市に位置し、200年程の歴史を誇る由緒正しき金銀花酒造様の商品。
冬の限定の『しぼりたて新酒』『純米吟醸 寅』と、定番の『大吟醸』が振る舞われました。

『しぼりたて新酒』

今は正に日本酒づくりのシーズン真っ盛りです。18系の自社酵母を使っており、ワインにも負けないほどの華やかな香りが特徴的です。甘味とコクの後にほのかな苦味も感じる、お酒のみで十分に楽しめる生酒です。食前酒としてご紹介させて頂きました。

『純米吟醸 寅』

干支に合わせて醸された本商品は、一宮名鉄百貨店のみで販売されている限定商品です。今回は是非ロータリアンの皆様にもお味を試して頂きたいという蔵元の計らいで特別にご用意いただきました。
メインと一緒にお楽しみ頂きました。個人的にはぶりの照り焼きや鴨に合わせて頂きたいです。

定番の『大吟醸』

大変上品な香りとキレのある飲み口です。前菜やお刺身とお楽しみください。

金銀花酒造様は蔵元が佐藤博子様、杜氏が佐藤厚子様であり、女性蔵としても有名です。「女性に好かれる日本酒」をテーマに日本酒を造っていらっしゃるので、日本酒初心者や外国人の方々にも好んでいただける飲み心地の良い味わいが特徴的です。

来場されたロータリアンの皆様も「今日の日本酒はどれも飲みやすくて美味しかった!」と絶賛していらっしゃいました。

講話部分では、Miss SAKEの活動についてや、質問を通して熱燗、きき酒の世界についてお話をさせて頂きました。大好きな日本酒について人生の大先輩の皆様と意見を交わす機会をいただき、私自身学ぶことが多く、大変感激いたしました。

私がMiss SAKEに応募したきっかけが、留学中に自信を無くしていたときに日本酒を現地の友人にプレゼントしたところ大変喜んでもらい、日本人としての誇りを感じた経験でした。日本酒はアルコール以外にも、日本の伝統文化として、私たちに誇りと自信を与えてくれるものだと思っています。

今後も、幅広い世代の方々との交流を通して、日本酒をはじめとした日本文化の魅力をより多くの方と分かち合えるよう精進して参ります。

   

2021 Miss SAKE
松崎未侑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Miss SAKEがオススメする「日本酒と楽しむ”地頭鶏(じとっこ)鍋”」(レシピあり)

農林水産大臣 金子 原二郎様に、2021 Miss SAKEが表敬訪問いたしました。

関連記事

  1. 北都千国会様主催「蔵元試飲会」に、2018 ミス日本酒 北海道 中村千紗が参加し…

    2018.06.05
  2. 2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が『日本酒造組合中央会 第65回通常総会 懇親パ…

    2018.06.08
  3. 『第1回 ミニ和酒フェス in 茅場町』に2020 Miss SAKE 松井詩が…

    2020.12.03
  4. 「農家とヰセキの夏祭り」2019 Miss SAKE 熊本代表 草野遥が参加して…

    2019.07.25
  5. 『2021 Miss SAKE 最終選考会 自己PR動画を撮影して参りました』宮…

    2021.06.18
  6. VOICE「なぜMiss SAKEに応募したのか?」

    2018.09.10

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2022 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »