Miss SAKE blog

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が『全米日本酒歓評会』の出品酒仕分け業務に参加して参りました。

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE, took part in sorting work of sake entries to the “2018 U.S. National Sake Appraisal”.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2018ミス日本酒の須藤亜紗実です。
昨日は都内某所にて『全米日本酒歓評会』の出品酒仕分け業務のお手伝いをして参りました。
『全米日本酒歓評会』は2001年にホノルルで初開催されて以降、米国における日本酒の人気向上を牽引してこられた、海外で最も歴史ある日本酒の品評会です。

およそ400品の出品酒が完全なブラインド方式のもと審査され、優秀な評価を得たものに金賞、銀賞が授与され、その中からさらに各部門のグランプリ、準グランプリが選出されます。
http://www.sakeappraisal.org/about.html

そして米国発の日本酒歓評会ならではの特徴的な催しが、一般の方向けのパーティースタイル利き酒会、『ジョイ・オブ・サケ』です。結果公表後に世界各都市にて開催される『ジョイ・オブ・サケ』では全出品酒を各地の人気レストランのお料理とともにスタイリッシュな立食形式で楽しんでいただけます。

    

正しい知識の元で管理された日本酒を、素敵なお料理とともに味わって頂く。
日本の誇る文化である日本酒を『エレガントでおしゃれなドリンク』として知って頂く。

そんなミッションの元に米国で開催されてきた『ジョイ・オブ・サケ』は毎年大盛況に終わり、2011年からはここ日本でも開催されています。

そして今年はヨーロッパにも活動を広げニューヨーク、ホノルル、ロンドン、東京の4都市で開催され、のべ約4000名以上の方々に日本酒の魅力を楽しんでいただけます。
http://www.joyofsake.jp

  

  

 

そんな『全米日本酒歓評会』の審査を6月頭に控え、昨日は今年の出品酒仕分け業務のお手伝いをして参りました。スタイリッシュで華やかな印象の『全米日本酒歓評会』、『ジョイ・オブ・サケ』とはいえども、その開催を支えているのはやはり「人の力」なのです。

「魅力的な日本酒文化の体験を通じて、日本酒への理解を深めてほしい」
営利目的でなく、そんな善意の元に開催され始めた歓評会、利き酒会ゆえに、その理念を共有した方達の手助けにより仕分け作業は支えられています。

蔵人の方々が寒い冬の中、丹精込めて作り上げた一瓶一瓶を前に、仕分けをする私たちの手にも自然と力が入ります。そして、「この一瓶一瓶が海を越え、世界の方達にどんな笑顔をもたらすのだろう。」そう思うと、自然と心が高鳴るのを感じました。

私自身はもちろん直接日本酒を造っているわけではありませんが、日本が誇る文化である「日本酒」を通して、私も日本人としての誇りを感じさせて頂いている気がしています。

6月の結果発表が今からとても待ち遠しいですね。
そして東京も含め世界各地で開催される一般公開利き酒会『ジョイ・オブ・サケ』。
皆様も是非、パーティースタイルのエレガントな日本酒文化を体験しにいらしてください。

2018 ミス日本酒
須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE.
Yesterday , I was engaged in sorting sake entries to the “2018 U.S. National Sake Appraisal.”

The U.S. National Sake Appraisal has been held annually since 2001 and is the oldest sake appraisal conducted outside Japan. Professional judges evaluate approximately 400 sake entries. Top-scoring labels receive gold and silver awards, with “Grand Prix,” “Second Grand Prix” and “Third Grand Prix” awards given to entries with the highest marks in each category.
http://www.sakeappraisal.org/en/

  

And what’s made the appraisal different from the others is the public tasting events, “the Joy of Sake”, where you can enjoy all entries with local delicious food following the appraisal .

  

The purpose of the appraisal is to (1) recognize breweries that produce sakes of exceptional quality and (2) elevate public awareness outside Japan through attractive tasting events featuring competition-level sakes in good condition.

So, the U.S. National Sake Appraisal and the Joy of Sake have made a significant contribution to the popularization of sake in the U.S. by providing elegant and fashionable sake experience. This year, the annual program travels to Europe for the first time, and over 4000 people in Honolulu, New York, London and Tokyo will enjoy tasting the great variety of delicious sakes being produced today.
http://www.joyofsake.com

  

  

 

And yesterday , I was engaged in sorting the sake entries of 2018. While we tend to have gorgeous and splendid impressions to the events, it’s actually steady human power that has supported their administration.

“For the visitors to enjoy attractive sake culture in the venue.”
As the appraisal started to be held with such a philosophy not for making a profit, the sorting work is supported by those who share the principle.

It made me quite cautious to think that each bottle is a work of sake brewers who have strived to make it in a severely cold winter. Also, I’ve been excited to think how much joy the bottles would give the visitors all over the world. Of course, I myself is not a sake brewer, but I’ve realized I feel proud of Japan all the more thorough the Japanese great culture, sake.

I look forward to the judging results announcement in June this year.
And I hope to see you at the Joy of Sake where you can enjoy exciting and elegant sake culture!

            

Thank you.
Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

2017 ミス日本酒 田中梨乃と2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が佐賀県鹿島市にて開催された「鹿島酒蔵ツーリズム」に参加して参りました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実がWSET(Wine&Spirits Education Trust)ロンドン本部のblogにてインタビューを掲載して頂きました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP