Miss SAKE blog

2018 Miss SAKE 須藤亜紗実が『おいしいGI山形酒 令和酒コレクション パーティー』にて司会を務めて参りました

 “GI Yamagata Reiwa SAKE Collection Party”

[English Follows]

皆様こんにちは。2018 ミス日本酒の須藤亜紗実です。

6月16日、リーガロイヤルホテル東京にて開催された『おいしいGI山形酒 令和酒コレクション パーティー』にて司会を務めさせていただきました。

 

ここでご報告に先立ち、一言お伝えさせて頂きます。

この度、山形県酒造組合様ご主催のこちらの会に参加をさせていただいた数日後に、山形県鶴岡市で震度6弱、新潟県で最大震度6強を観測する新潟・山形地震が発生致しました。

山形県の皆様の温かさに触れることができた、まさにその数日後にこのような震災が発生し、私自身心を痛めるばかりでございます。現地では未だ予断を許さない状況が続いていることと存じますが、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げますとともに、被災された地域の皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

さて、6月16日に司会を務めさせていただきました『おいしいGI山形酒 令和酒コレクション パーティー』ですが、こちらは山形県の誇る多様な日本酒を、美味しいお料理とともにお楽しみいただける山形県酒造組合様ご主催の着席パーティーです。

(写真)左より日本酒造組合認証「日本酒スタイリスト」こばたてるみ様、同 手島麻記子様、山形県酒造組合会長/ 出羽桜酒造株式会社 代表取締役社長 仲野益美様、2018 ミス日本酒 須藤亜紗実、日本酒造組合認証「日本酒スタイリスト」島田律子様。

今年はこの前日に開催された国内最大規模の日本酒イベント『全国日本酒フェア』に合わせ、この週を年に一度の『日本酒の祭典ウィーク』として盛り上げようとの意向の元、日本酒フェアの翌日の開催となりました。
*『全国日本酒フェア 2019』の様子はこちらよりご覧くださいませ。

 

言わずと知れた銘醸地・山形県にはその数50を超える酒蔵様が県内全域に点在しており、その地ならではの気候風土・文化を生かした日本酒造りを行っていらっしゃいます。そして今回のパーティー名にも冠されている『GI (Geographical Indication)』とは、「地域ブランドを守り、その品質や価値を保証するため国税庁様が認定していらっしゃる地理的表示制度」でありますが、山形県は日本で唯一、県単位での日本酒GI認定を受けられている地域でもあります。

冬には多くの雪が積もり、美しい地下水に恵まれた山形県では、その地下水から透明感のある柔らかな味わいの日本酒が生み出されます。そして冬の厳しい寒さは低温での繊細な発酵に適しており、『吟醸王国・山形』とも呼ばれるほどに、良質かつ多様な吟醸酒製造文化を築いていらっしゃいます。

さらに、山形県は県オリジナルの酒米の開発にも力を注いでいらっしゃる地域とあり、今回のパーティーは県産酒米の「雪女神」や「出羽燦々」「出羽の里」で醸された日本酒をはじめ、スパークリング酒やお燗酒、各酒蔵様の逸品酒など、山形県の日本酒の魅力を存分にお楽しみいただける大変贅沢な会となっておりました。

当日は300名を超える方々がご来場くださり、皆様蔵元の皆様との会話とともに、山形県の誇るおいしい日本酒の数々を堪能していらっしゃいました。

それぞれの酒蔵様が、各地の気候や食文化とともに築かれた、それぞれの伝統を持っていらっしゃり、日本酒はまさに地域文化と日本の誇る匠の技の結晶である。私はそう感じております。

そしてふと口にした一杯から、寒い冬に日々日本酒造りに励む作り手の方々に思いを馳せ、その地の風土や文化に思いを馳せると、その度に、こんなにも豊かな文化を持つことを日本人として誇らしく感じさせていただいております。

 

この度、「日本酒を通じて県の豊かな魅力を知っていただき、そして山形を訪れていただきたい。」そうした思いの元に、県内の酒蔵様が一丸となり開催された『令和酒コレクション パーティー』に参加させていただき、『地域文化の象徴』としての日本酒の魅力や可能性を改めて実感させて頂きました。

このような素晴らしい会にて、司会を務めさせていただけましたことを心より光栄に思っております。今後も引き続き日本酒と日本文化のアンバサダーとして、その豊かな魅力をお伝えできますよう、可能な限り励んで参りたく思っております。

改めまして、山形県酒造組合の皆様をはじめ関係者の皆様、この度は大変貴重な経験を誠に有難うございました。

2018 ミス日本酒 須藤亜紗実

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Asami Sudo, 2018 Miss SAKE. 

On June 16, I participated in and acted as MC of the “GI Yamagata Reiwa SAKE Collection Party” at Rihga Royal Hotel Tokyo.

(写真)ミス日本酒の顧問も務めて頂いている、山形県酒造組合会長/ 出羽桜酒造株式会社 代表取締役社長 仲野益美様とともに。

 “GI Yamagata SAKE Collection ” is an annual Yamagata-SAKE tasting event held in Tokyo, where the guests can enjoy various kinds of SAKE of Yamagata such as ones made from Yamagata original rice and yeast. 

Yamagata is blessed with great natural environment for sake brewing such as rich snow meltwater, which can make delicate and soft taste of Yamagata-SAKE. With such an environment and long-established technique of SAKE brewing, Yamagata is the first and only region in Japan that has registered SAKE Geographical Indication as a prefecture. 

At the party, more than 300 guests enjoyed delicious SAKE of Yamagata while directly talking with the brewers. By joining the party, I could feel the passion of the brewers to have more people know the greatness of Yamagata through the great experiences of delicious Yamagata-SAKE. And it once again made me realize the power of SAKE as the symbol of local culture.

It was an honor for me to participate in and act as MC of such a splendid event. I extend my appreciation to the members of Yamagata Sake Brewer’s Association all the people involved.

Asami Sudo, 2018 Miss SAKE

2019 Miss SAKE 春田早重がサイバー・ネット・コミュニケーションズ株式会社様のパーティに出席して参りました。

英会話Gaba × Miss SAKE「日本酒の歴史」

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP