Miss SAKE News/Blog

金子ゆかり 諏訪市長の元へ、2020 Miss SAKE 長野代表 横田 真理華が表敬訪問に伺いました。

[English follows]

皆様、こんにちは。
2020 Miss SAKE 長野代表 横田真理華です。

8月26日に、私の地元である長野県諏訪市の市長 金子ゆかり様に表敬訪問させて頂きました。

また、私がMiss SAKEに応募するきっかけとなった蔵元様である、酒ぬのや本金酒造株式会社様の杜氏の奥様 宮坂ちとせ様にも、ご同行頂きました。

女性の社会進出が注目される現代で、兼ねてより「諏訪のまちづくり」にご尽力されているお二方を目前に「2020 Miss SAKE Japan最終選考会での地域活動貢献賞受賞のご報告」をさせて頂けたことは、大変光栄でした。

Miss SAKEを志すまでの私は、長野県より他県、日本より海外という“外側”ばかりを見ている人間でした。

しかし、当時働いていた地元企業で諏訪地域の店舗や伝統、工業製品など約30の場所に取材をさせて頂く機会を頂いたことが、まず自分の地元に興味を持ち、すばらしい数々の魅力の再発見へと繋がりました。

この経験を踏まえた上での今後の抱負として、「コロナ禍により、遠方に出向くことに配慮をしなくてはならない今だからこそ、皆様それぞれの地元や、身近にあるものという“内側”に目を向けやすい状況であると思う。動画配信など、オンラインも駆使しながら、このピンチをチャンスへと変えていきたい。」と金子市長に向けてお伝えさせて頂きました。

金子市長は、これまで私がMiss SAKEを目指してきた4年の間に挑戦させて頂いた、海外留学を決意した行動力を高く評価して下さいました。

金子市長からは、「諏訪の地から、このような方が誕生したことは嬉しい。諏訪にいても、世界に発信することはできるので、是非頑張って欲しい。」とエールを頂戴しました。

また、金子市長が最近出会われたという「長野県産の食用米を100%使用して造られた長野県の地酒」についてのエピソードも伺うことができ、「お米」についての話題にも花が咲きました。

偶然にも本金酒造様は、長野県で発見された酒造好適米「美山錦」を私の出身地区で栽培しておられます。

宮坂様は、「諏訪市の中でも、横田さんの出身エリアでは、本当に美味しいお米ができる。本金としても、諏訪(地元)で育てた美山錦で美味しい日本酒を造ろうと試行錯誤しているので、諏訪市出身の横田さんにも是非頑張ってもらいたい。」と激励して頂きました。

この度、お二人から頂戴したお言葉を忘れずに、活動の場を広げていきたいと、身が引き締まりました。

表敬訪問後は庁舎内記者クラブへと移動し、この度お越し下さったNHK諏訪市局様、エルシーブイ株式会社様、長野日報社様、信濃毎日新聞社様、株式会社岡谷市民新聞社様(順不同)からの取材にご対応させて頂きました。

記者の皆様からは「2020 Miss SAKE Japan最終選考会での地域活動貢献賞受賞において、どのような点が評価されてこの結果に繋がったと思うか。」「諏訪地域の地酒の特徴や相性の良い食べ物は何か。」などのご質問を頂戴し、今後の抱負を述べるだけではなく、これまでの約半年間、2020 Miss SAKE 長野代表として行ってきた取り組みを、私自身も改めて振り返ることができた大変有意義な時間となりました。

【掲載】

諏訪地域には、奈良時代以前からの歴史があるといわれている「御柱祭※」があります。
※正式名称:式年造営御柱大祭

これは、長野県指定無形民俗文化財であり、日本三大奇祭のひとつです。数えで7年に一度、樹齢150年を超えるモミの大木(直径約1メートル、長さ17メートル、重さ10トン以上)を諏訪地方6市町村に住む人々(氏子)の人力のみで、山から里まで曳いて運びます。

木を曳く際の合言葉は、「心ひとつに」。
例え一人では達成することが難しいことでも、人々が力を合わせることによって、壮大なことでも成し遂げられるという素晴らしさを私は知っています。

地域活動貢献賞を頂戴した者として、地域の皆様に歓迎して頂ける2020 Miss SAKE 長野代表となり、コロナ禍でも心ひとつに、地域の魅力を守り、次世代に繋げようと頑張られている皆様のお力になれますよう、精一杯の努力をさせて頂きたいと思っております。

 お忙しい中、貴重なお時間を下さった金子市長及び諏訪市役所ご担当者様、本金 宮坂様、報道陣の皆様、この度は誠にありがとうございました。

2020 Miss SAKE 長野代表 横田真理華

[For English speakers]

I am Marika Yokota, representative of 2020 Miss SAKE Nagano. 

On August 26th, I made a courtesy visit to Ms. Yukari Kaneko who is the mayor of Suwa city (諏訪市)– my home town. Also, Ms. Chitose Miyasaka, who is a wife of the Toji at Sakenunoya Honkin(本金) Brewery Corporation, went along with me. Honkin Brewery is an essential brewery for me which gave me an opportunity to aim to be Miss SAKE.

Today, Women’s Empowerment is promoted around the world. Also, mayor Kaneko and Ms. Miyasaka are doing excellent work for regional revitalization, so I was especially honored to be recognized for my own work for the 2020 Miss SAKE JAPAN final competition.

Previously I have been looking at life outside of my hometown to other areas in Japan as well as overseas. Then I discovered Honkin Brewery and learned about the Miss SAKE competition, which changed my life. Four years ago, I did not yet have the opportunity to learn more about the many charms of my home as well as Japanese culture. Since that time, these experiences have given me motivation for making a regional impact.

So, I told mayor Kaneko, “We’ve got a very hard situation to enjoy travel, events and amusements and so on because of the coronavirus. But, this is the chance for us to realize the many charms we have close to home more easily than before. So, I’d like to turn adversity into an opportunity and use online platforms and YouTube.”

Mayor Kaneko respects my vitality; especially as I went to study abroad in Australia to follow my dream to become Miss SAKE. The mayor said to me “I’m really happy to meet Miss SAKE Nagano, who is from our home town. Even though we are staying in Suwa, we can spread Suwa’s charms around the world. So I wish you to use your energy for the activities.”

Also, Mayor Kaneko told us about Nagano local sake which is made of 100% food rice made from Nagano. And we enjoyed talking about “sake rice” as well. As it happens, Honkin Brewery is cultivating sake rice which is called “Miyamanishiki(美山錦)” near my house. Miyamanishiki sake rise was first grown in Nagano.

Ms. Miyasaka talked to us, “It’s possible to grow good sake rice in the home area of Suwa city. We (Honkin brewery) are making efforts to brew great sake by Miyamanishiki, which is grown in Suwa. So, I’d like to put our hopes on Miss. Yokota.” 

I promise never to forget these messages of encouragement and to do my best for the promotion of rice, sake, Suwa, Nagano and Japanese culture. 

After our conversation, I moved to the press room at Suwa City Hall with Ms. Miyasaka, where I was interviewed by five members of the media.

Interviewers asked me many questions such as “What do you think of winning the Regional Contribution Award?” , “What do you think about the charm of Suwa sake?” and “What do you like to pair with Suwa local sake?” so on.

I didn’t just tell them my resolutions for the future, I also looked back on my activities in the past. Looking back on my past and talking with the reporters has made me even more motivated!

There is a special festival called the “Onbashira festival(御柱祭) ※” that is held every six years in the Suwa area. This is a Shinto Ritual which is a Nagano Prefecture Intangible Folk Cultural Property. It is also said to be one of the Three Strange Festivals of Japan. 

People who live in Suwa area pull giant fir trees (diameter:1m, length:17m, weight:10tons) from a mountain to Suwataisya Shrine (諏訪大社) in the town without machine (only by human power). The slogan of the Onbashira Festival is “hearts as one”.

I know that when we stand together with each of our hearts as one, we can accomplish great things no matter how large the big project or how hard the situation.

I’d like to do my best to help people who have been making efforts together with our hearts as one to overcome the coronavirus as well as to protect and spread the charms of our culture as the Regional Contribution Award winner.

I extend my appreciation to Mayor Kaneko, Ms. Miyasaka, the interviewers, and everyone at Suwa City Hall for making this opportunity.

Thank you for reading.

※Onbashira Festival Shikinen Zoei Mihashira Taisai (式年造営御柱大祭)

2020 Miss SAKE Nagano
Marika Yokota

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VOICE「なぜMiss SAKEに応募したのか?」 2019 Miss SAKE 準グランプリ 塚原 菜実香

MOSS CROSS TOKYO様にて一般社団法人ミス日本酒の懇親会を行いました。

関連記事

  1. 2019 Miss SAKE春田早重が国分酒類総合展示会・利酒会に参加して参りま…

    2019.05.24
  2. 2019 Miss SAKE 東京 粕谷汐里が『JOY OF SAKE Hono…

    2019.10.23
  3. 『第12回 和酒フェス in 中目黒』に2019 Miss SAKE 準グランプ…

    2019.04.03
  4. 2018 ミス日本酒秋田 松田きよらが、秋田県知事 佐竹敬久様へ表敬訪問させてい…

    2018.03.08
  5. 『全米日本酒歓評会』の出品酒仕分け業務に2019 Miss SAKE 春田早重が…

    2019.04.03
  6. 在中国日本国大使館の皆様との「アジア国際美酒コンテスト in China」開催記…

    2018.08.28

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »