Miss SAKE blog

「大信州 手いっぱいの会 in 東京」に、2018 ミス日本酒 準グランプリ・長野代表の児玉アメリア彩が参加してまいりました。

Aya Amelia Kodama, 2018 Miss SAKE runner up and Miss SAKE Nagano participated in “Daishinshu Te-ippai-no-kai (Handful Gathering) in Tokyo.”

 

[English follows]

皆さま、こんにちは。2018 ミス日本酒 準グランプリ・長野代表の児玉アメリア彩です。

9月9日、「第4回 大信州 手いっぱいの会 in 東京」がホテルグランドパレス東京にて開催され、私はこちらの会にて司会を担当させていただきました。

 

松本、札幌に続き、東京での開催となる同パーティ、今回は総勢300名の日本酒好きの皆さまが集いました。

特に今回は、今年IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)に出品された受賞酒を全ていただくことができるという機会に加え、

9月9日当日が長野県でのひやおろし解禁日ということで、当日発売というかたちになるこの平成30酒造年度の大信州のひやおろしを 参加者の皆さまが世界で一番初めにいただくことができる、といった特別な日でもありました。

会場内には和らぎ水として、大信州のお酒の重要な要となります、仕込水として使用されている北アルプスの天然水が用意され、そちらも合わせて まるごと大信州を堪能できる会となっており、立食式のパーティで進められた本会では、日本酒や仕込水を使ったお料理やデザートが振舞われました。

 

 

会の中盤では、田中隆一社長、作家の増田晶文様と3人でトークショーをさせていただきました。増田様は様々な日本酒関連の著書をお持ちで、漫画「いっぽん!」の原作者でもあられ、蔵について、業界についてよくご存知で、田中社長とともに、日本酒業界の歴史と今、今後の時代の流れについて等、貴重なお話を熱くお聞かせくださいました。

今年は田中社長が蔵に入られて30年だそうで私がちょうど生まれた頃ということで、そこからの思いや時代の変化を詳しくお話くださり、非常に興味深いものでした。

皆さまお待ちかねのすっかり恒例となった大抽選会もたいへん盛り上がり、晴れてオリジナルTシャツや前掛、日本酒を手にした皆さまの笑顔は印象的でした。

大信州酒造様の思い溢れる素晴らしい会、そこに私もご一緒させていただけたことはたいへん光栄でした。関係者の皆さま、この度はこのような機会をいただきありがとうございました。

2018 ミス日本酒 準グランプリ・長野代表、児玉アメリア彩

[for English speakers]

Hello, everyone. This is Aya Amelia Kodama, 2018 Miss SAKE runner up, and also Miss SAKE Nagano.

On the 9th of September, “Daishinshu Te-ippai-no-kai (Handful Gathering) in Tokyo” was held at Hotel Grand Palace in Tokyo and I was given the opportunity to participate in the party.

Following Matsumoto and Sapporo, this party held in Tokyo was a huge gathering with total of 300 guests. The participants were given the opportunity to taste all of the sake of Daishinshu which won prize in IWC, and dishes and desserts using sake were prepared.

During the party, me and Mr. Ryuichi Tanaka, who is the president of Daishinshu, and Mr. Masafumi Masuda, the great writer of sake culture, were given time to perform on stage by talking.

Mr. Masuda has written variety of Japanese sake-related books, having great knowledge about sake industry. Together with Mr. Tanaka, we talked lots about stories such as the history of the sake industry and the flow of future times.

It was an honor to spend time with such wonderful participants, and great thanks for such opportunity.

2018 Miss SAKE runner up, Miss SAKE Nagano

Aya Amelia Kodama

 

2018 ミス日本酒(Miss SAKE)ファイナリスト「なぜミス日本酒に応募したのか?」

駐インド日本国特命全権大使 平松賢司様ご主催夕食会に2018 ミス日本酒 須藤亜紗実が参加させて頂きました。

Translate:

Miss SAKE活動実績

<海外活動>
<国内活動>
<メディア掲載・出演etc>
その他の活動実績はこちらから御覧ください。

最近の記事

PAGE TOP