Miss SAKE News/Blog

Dojima Sake Breweryへ、2022 Miss SAKEが訪問いたしました(後編)

皆様こんにちは。
2022 Miss SAKEの磯部里紗です。

先日、イギリス・ケンブリッジから程近いフォーダムアビーという自然豊かで歴史深い街で2018年より酒造りをされている、Dojima Sake Brewery(堂島酒醸造所)様をご訪問させて頂きました。

ブログ後編では、試飲させて頂いた様子と、日本酒市場初のNFT快挙についてお話しさせて頂きます。

ブログ前篇はこちらをご覧ください。

Dojima Sake Breweryへ、2022 Miss SAKEが訪問いたしました(前編)

イギリスで生まれたプレミアムな日本酒と共にイギリス料理を

今回お食事と一緒に頂いたのは、「堂島」と「懸橋」です。

「堂島」は、徹底した温度管理のもと、ゆっくりと時間をかけて発酵させているとのこと。口に含んだ瞬間、滑らかな舌触りが格別で、その芳醇な味わいと上品な香りも相まって、大変美味しかったです。
酒造りに使われているお水は、たまたま地下に眠っていた氷河期の素晴らしい水を使っているとのことで、その荘厳さをも感じました。

「懸橋」は3年間熟成させる貴醸酒で、なんと贅沢にも「堂島」のお酒を使って再醸造仕込みをされています。上品な甘味と濃醇な味わいが、ホースラディッシュソース添えのローストビーフのしっかりした味に全く負けることなく、素晴らしいペアリングでした。

ちなみに「懸橋」の名前は、「懸」を訓読みして「ケン」、「橋」を英訳して「ブリッジ」とケンブリッジの地名に掛けており、さらに同酒造所のコンセプトも「日本と世界を繋ぐ文化の橋」としての「懸け橋」を意味しているそうです。素敵なネーミングです!

日本酒市場初のNFT快挙

様々な挑戦を試みているDojima Sake Brewery様ですが、一番最近の成果は何と言っても今年の8月に、ビンテージSAKE「懸橋」のNFT(非代替性トークン)が、888万円で落札されたという実績ではないかと思います。

もともと「懸橋」は、今まで一般の流通には乗せず、日本酒の価値を上げる徹底したブランディングを貫いてきたSAKEです。

「懸橋」を所有できるのは、Dojima Sake Breweryで特別に販売した際の購入者か、セラーで「懸橋」を3年間熟成させるThe Dojima Member’s Clubのメンバー、年間10本のみ取引できる証書を持つレストラン1000軒だけと、希少性が高くプレミアなSAKEとなっています。

その中でも、シリアルナンバー888の「懸橋」はこの世で1本のみしか存在せず、酒コレクターや投資家の中でも注目度が高かった一品です。

このような快挙を成し遂げられたのは、やはりこれまでDojima Sake Breweryが築いてきたその唯一無二のブランド価値が、証明されたということだと思います。

日本酒の価値を底上げしたい!日本酒の価値を高められるだけ高めていきたい!という想いを持って、イギリスで様々なチャレンジに果敢に挑戦するDojima Sake Breweryを皮切りに、美味しい日本酒が世界中の高級レストランでも見かけるような世界を一日本人として期待したいと思います。

最後に、ご多忙にもかかわらず酒蔵見学やインタビューを快く受け入れてくださった橋本清美様、そしてスタッフの皆様、この度は誠にありがとうございました。

またお目にかかれる機会を大変楽しみにしております。

2022 Miss SAKE 磯部里紗

 


For English Speaker

Hello everyone.
My name is Risa Isobe, 2022 Miss SAKE.

I recently visited Dojima Sake Brewery, which has been brewing sake since 2018 in Fordham Abbey, a town rich in nature and history not far from Cambridge, England.

In the second part of this blog, I will discuss the tasting of their precious SAKE and the first NFT accomplishment in the sake market.

British cuisine with premium sake from the UK

We were served “Dojima” and “Cambridge (Kakehashi)” during our lunch time.

Dojima” is fermented slowly over a long period of time under thorough temperature control. The smooth texture in the mouth was exceptional, and combined with its mellow flavor and elegant aroma, it was very tasty. The water used for sake brewing was also majestic, as the brewery uses wonderful water from the Ice Age that happened to be lying underground.

“Cambridge (Kakehashi)” is a noble sake that is aged for three years, and to my surprise, it is brewed again using the luxurious sake “Dojima”. The elegant sweetness and richness of the flavor were not overpowered by the robust taste of the roast beef with horseradish sauce, making it a wonderful pairing.

First NFT accomplishment in the sake market

Dojima Sake Brewery has been taking on various challenges, but their most recent accomplishment is the successful bid of 8.88 million yen for the NFT of their vintage SAKE “Cambridge (Kakehashi)” in August this year.

Originally, “Cambridge (Kakehashi)” is a SAKE that has been thoroughly branded to raise the value of sake, not to be distributed to the general public. Kakehashi can only be owned by those who have purchased it at Dojima Sake Brewery when it is sold specially then ages Kakehashi in its cellar for three years, and by 1,000 restaurants with a certificate that allows them to purchase only 10 bottles per year.

Among these, the “Cambridge (Kakehashi)” with serial number 888 is one of the only bottles that exist in this world and has attracted a great deal of attention among sake collectors and investors.

I believe that this achievement is a testament to the unique brand value that Dojima Sake Brewery has built up to date.

I hope that Dojima Sake Brewery will take on various challenges in the U.K., starting with their desire to raise the value of sake as high as possible, and as a Japanese, I look forward to a world where delicious sake can be found in fine restaurants all over the world.

Finally, I would like to thank Ms. Kiyomi Hashimoto and her staff for graciously accepting our sake brewery tour and interview despite their busy schedules.

Thank you.

2022 Miss SAKE Risa Isobe

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dojima Sake Breweryへ、2022 Miss SAKEが訪問いたしました(前編)

埼玉の日本酒を一同に集めた「埼玉酒蔵大試飲会」に、2022 Miss SAKE 埼玉 村田真悠が参加して参りました。

関連記事

  1. 【銘醸地半田の日本酒2蔵飲み比べギフトセット】紹介動画公開!

    2021.11.30
  2. 10月1日 日本酒の日にハレザ池袋にて開催されました 『オンラインで#全国一斉日…

    2020.10.06
  3. 『2019年 ヰセキ全国表彰大会』セレモニーにミス日本酒が参加して参りました。

    2019.01.25
  4. 『大信州 手いっぱいの会 in 東京』に2018 ミス日本酒 準グランプリ 児玉…

    2019.09.18
  5. 『あおい有紀様×松嶋啓介シェフ 第7回 酒サムライディナー 』に2018 ミス日…

    2018.11.10
  6. Hong Kong International Wine & Spir…

    2018.11.14

2022 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKEとは?

2022 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2022 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »