Miss SAKE News/Blog

第2回国際発酵・醸造食品産業展に2023 Miss SAKE 福岡 大谷栞里が参加いたしました


皆様こんにちは。

2023 Miss SAKE 福岡 大谷栞里です。

夏の日差しが眩しい今日この頃、東京ビッグサイトにて2023年8月2日から3日間行われた第2回国際発酵・醸造食品産業展に8月4日の最終日、2023 Miss SAKE Japanの山田琴子さんと参加させて頂きました。

今回同じホールで国際和食産業展と和麺産業展も行われており大変多くの方で賑わっていました。

第2回国際発酵・醸造食品産業展とは

日本初となる国際発酵・醸造食品産業展は発酵・醸造に関わる食材、素材、研究機器、製造設備、検査機器、パッケージ製品等様々な企業様が出店されるイベントです。 

普段私たちが当たり前に使ったり口にしたりしている発酵食品、醸造食品が私たちの手元に届くまでに本当に多くの方々の努力や技術があることを実感出来る大変学びの多いイベントでした。

今回私たちMiss SAKEは発酵・醸造エリアで15の企業様のブースをメインに活動させていただきました。お世話になりました企業様の詳細は国際発酵・醸造食品産業展のホームページと共に最後にURLを記載しておりますのでご覧下さい。

私からはそのうち4つの企業様をご紹介させていただきます。


キクプランドゥー様

冷却装置やお酒などを送るためのサニタリーポンプ、日本酒造りでよく登場する櫂棒まで、本当に幅広い商品を取り扱い日本酒の品質向上のために尽力されている醸造機器メーカー様です。

特に酒蔵の方々が大切に大切に醸して絞ったお酒の品質を守ることに力を入れられており、お酒を送る際圧力が上がらないような工夫のされたサニタリーポンプやお酒を限りなくフレッシュな状態で私たち消費者に届けるために酸化しないよう工夫された”風味をやさし〜く守る垂壺”など痒いところに手が届く、こんな商品があればいいな、を実現される企業様です。

かい棒は、女性の蔵人でも持ちやすいようにと、持ち手の太さが2種類選べるようになっており、まだまだ女性が少ない酒造業界ですが、このようなお心配りがあるからこそもっと女性も日本酒業界に挑戦がしやすくなっているのだなと感じました。つぶさず送れるサニタリーポンプは、酒造見学で飲める搾りたての美味しい日本酒をどうにかして食卓にも届けたいとい代表取締役 菊田壮泰様の想いが詰まっているそうで、日本酒を大切になさる心を感じました。

業界でも、「醸造機器・用品の発明家」と呼ばれていらっしゃるそうで、生産者に寄り添い、美味しい日本酒を届けてくださるそのお気持ちに感銘を受けました。

キクプランドゥー様、誠にありがとうございました!

カワタ工業様

日本酒の原料であり、日本酒造りで最も重要と言われる麹造りに関する素晴らしい技術を持つ企業様です。

お米の原料処理から麹の完成まで一貫して製造できるトロムメル型自動製麹装置や、今まで不可能といわれていた無菌製麹装置を取り扱われています。生きものである麹菌を扱うために古来より大変な技術と労力が必要な麹造りも機械化することが可能な技術に驚きました。カワタ工業様には実際にトロムメル型自動製麹装置を見せていただき、発熱する麹をドラム回転で常時流動させることで熱交換を行う製麹方式の流動培養について学ばせていただきました。

展示会でも、その技術を大変丁寧にご教授くださり、麹作りに関して学びを深めさせていただきました。

カワタ工業様、ありがとうございました。

 

阪口製作所様

日本酒をはじめ王冠や醤油、麺つゆ等のキャッパーや打栓機を取り扱われています。

私どもMiss SAKEも実際に日本酒の瓶にキャップを取りつける体験をさせていただきました。品質を守るために必須である栓がどのようにされているのか体験を通し、肌で感じることができました。今回体験させていただいたのは少量生産生産などに向いた半自動機でしたが、その他にも自動機械や卓上機など顧客のニーズに合わせた製品を取り揃えているとのことでした。

今後日本酒のキャップを開ける際は蔵人の方々が阪口製作所様の機械でボトリングしている情景が浮かんで、そのお酒が手元に届くまでに関わる多くの方々に思いを馳せると思います。

阪口製作所様、ありがとうございました。

 

薮田商事様

日本酒(もろみ)を搾る方法で最も一般的なヤブタ式という言葉は、薮田商事様が開発された薮田式連続もろみ搾り機械からきています。

最初から最後まで均一に搾れ、お酒が空気に触れる時間も短く、たくさんのお酒を搾ることができるという革新的な搾り機を開発された企業様です。日本酒について学ぶ中で、有名なヤブタ式のイラストや画像は見たことがありましたが、実際に目にして薮田商事様に説明していただくというとても光栄な機会をいただきました。

薮田式自動醪搾機は、従来の槽搾りで48時間以上必要とした醪搾りの工程を24時間に短縮させただけでなく、清酒の品質向上と粕処理を含めた酒造現場の労務低減に大きく貢献なさっております。

業界のパイオニアである薮田商事様をはじめとしたたくさんの方々や企業様の積み重ねてきた革新があったからこそ、今の日本酒業界があり、私たちは素晴らしいお酒との出会いを楽しめるのだなと改めて実感しました。

薮田商事様、誠にありがとうございました!

 


私は、最終日だけの参加でしたが、酒蔵見学では知ることの出来ないこの業界を支える方々やその技術に触れることができた本当に素晴らしい一日でした。このイベントに参加させていただき、日本の技術力と醸造業界を支える方々の想いに触れ、私たちMiss SAKEもさらなる日本酒業界の発展に貢献していけるよう尽力しなければと身のひきしまる思いでした。全国醸造機器工業組合様、日本醸造用品組合様、そして関わらせていただいた皆様、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

国際発酵・醸造食品産業展https://hakkoexpo.jp

全国醸造機器工業組合様https://zjkk.or.jp

日本醸造用品組合様https://www.nihon-jozoyouhin.com

新洋技研工業株式会社様https://www.shinyo.co.jp

有限会社塚本鑛吉商店様http://www.k-tsukamoto.co.jp

株式会社浅野製作所様 http://www.asanopump.co.jp

有限会社キクプランドゥー様http://kikuplando.co.jp

カワタ工業株式会社様http://www.kawatakougyou.com

株式会社阪口製作所様https://sakaguchi-ltd.com

株式会社サタケ様https://satake-japan.co.jp

第一工業株式会社様https://firstline.jp

株式会社東洋商会様https://www.azuchi-touyou.com

永田醸造機械株式会社様https://www.nagata-bm.co.jp

株式会社フジワラテクノアート様https://www.fujiwara-jp.com

ヤヱガキ酒造株式会社様https://www.yaekikai.com

薮田商事株式会社様http://www.yabuta.co.jp

銘醸機械株式会社様https://www.meijyokikai.com

2023 Miss SAKE 福岡 大谷栞里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「世界をつなぐ日本酒・SAKEの夕べ」に、Miss SAKEが参加してまいりまし…

  2. 第十一回ナデシコプログラム「心の作り方/How to make up my mi…

  3. 「第1回 Japan Women’s SAKE Award ~美酒コンクール~ …

  4. 一般社団法人馬搬振興会主催の講演会及び交流会に、2022 Miss SAKEが参…

  5. Miss SAKEがオススメする「日本酒と楽しむ”きりたんぽ鍋”」(レシピあり)…

  6. WSET SAKE Level 3 <Advanced Course>第5回講義…

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »