Miss SAKE News/Blog

『白鶴 銀座天空農園』白鶴錦 稲刈りイベントに2020 Miss SAKE松井詩が参加して参りました。

Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE, joined a rice harvesting event at the HAKUTSURU Ginza Sky Farmstead located on the roof floor of Tokyo branch office of HAKUTSURU SAKE Brewing Co., Ltd.

[English Follows]

皆様、こんにちは。2020 Miss SAKEの松井詩です。

10月21日 白鶴酒造銀座ビル屋上にある「白鶴銀座天空農園」にて白鶴錦の稲刈りに参加して参りました。

「銀座から日本酒文化の情報発信を」という理念のもとに作られた白鶴銀座天空農園は、その名の通り “都心の屋上の農園” です。
こちらでは清酒の命であるお米を栽培するべく、2007年のプロジェクト開始当初から独自開発酒米「白鶴錦」の栽培をしていらっしゃいます。
はじめは100基のプランターを並べ開始した稲の栽培は、現在は110平方メートルの田んぼとなり、小学生の体験学習や、日本酒に関するセミナー、海外からの視察やマスコミ取材など、「銀座から世界へ、SAKEのあるライフスタイル」を発信されています。

新型ウイルス感染症予防の観点から、今年度は一般の方々と稲刈りを行うことは叶いませんでしたが、この度は白鶴天空農園の皆様の稲刈りに私も参加をさせて頂きました。

私は今年2月初旬のナデシコプログラム以来、約9ヶ月ぶりに天空農園に伺わせていただきましたが、当時は何もなかった田んぼが、季節を経て豊かな黄金の穂を実らせた白鶴錦でいっぱいになった姿に大変感銘を受けました。

古くより『お米は日本酒の命』であると言われておりますが、まさしくその言葉の通り、こうして雨風に負けず成長し穂を実らせるお米があってこそ、美味しい日本酒が生まれるのだということを改めて実感致しました。

稲刈りを行った後は、刈り取った稲を乾燥させるために「はさ」に稲を吊るす「はさ掛け」の作業を体験させていただきました。

大学の実習で様々な野菜の収穫を体験して参りましたが、私自身お米の稲刈りは今回が初めてで、手作業での田植え・稲刈り・はさがけを行なう中でお米1粒1粒の大切さを身を以て学ぶことができました。

この日収穫した白鶴錦が来年どんな日本酒へと姿を変えるのか、私も今から心待ちにしております。

本日の稲刈りを通じ、【日本酒とは自然の賜物であり、同時に日本の誇るべき重要な文化である】そんな大切な思いを再確認させていただきました。

白鶴銀座天空農園の皆様、そして関係者の皆様、この度は素晴らしい経験を誠に有難うございました。

2020 Miss SAKE 松井詩

[for English Speakers]

Hello, everyone. This is Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE.

On October 21st, I joined a rice harvesting event at the HAKUTSURU Ginza Sky Farmstead located on the roof floor of the Tokyo branch office of HAKUTSURU SAKE Brewing Co., Ltd.

白鶴銀座天空農園チームリーダー高尾翔太様とともに。

HAKUTSURU Ginza Sky Farmstead was founded in 2007 based on the philosophy to promote SAKE culture from the center of Tokyo. On the farmstead, the special rice for SAKE brewing, HAKUTSURU NISHIKI, has been cultivated.

Due to the pandemic of COVID-19, this year’s harvesting event has been canceled.
Instead, I have joined the rice harvesting with people from the Hakutsuru Sake Brewing Co., Ltd.

I was astonished by the beautiful scenery of the golden years of rice plants.

It was indeed my very first-time harvesting rice.
My experience of rice harvesting has made me realize the importance of every single grain of rice, hence how much effort has put into making them.

Visitation to the Farmstead has made me recognize a cup of sake is made from elements such as nature, regional society, and the power of people.

I extend my deep appreciation to all the people involved in the event. Thank you very much for your valuable experience.

Shihori Matsui, 2020 Miss SAKE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『静岡の地酒・花の舞酒造 – 新酒お披露目ライブ配信』に、 2020 Miss SAKE 松井詩が出演いたします。

2019 Miss SAKE 春田早重が『令和2年全国地域安全運動「2020ふしみ安心・安全まちづくり大会」』に一日警察署長として参加して参りました。

関連記事

  1. 『獣医師を目指す』Miss SAKEが考える SDG’sについて

    2020.12.03
  2. 「2019 力士 蔵祭り」に、2019 Miss SAKE Japan 準グラン…

    2019.03.20
  3. 「佐々木酒造様 蔵見学」「ランディー・チャネル宗榮先生による茶道体験」を海外Mi…

    2019.03.22
  4. 中国からのビジネス観光のお客様を対象とした日本酒セミナーを行わせて頂きました。

    2018.12.13
  5. 「岐阜の地酒に酔う2018 in 岐阜」に、2018 ミス日本酒 準グランプリ …

    2018.08.27
  6. 2019 Miss SAKE 春田早重が平井内閣府特命担当大臣の元へ表敬訪問に伺…

    2019.04.18

Miss SAKEについて/日経CNBC

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Miss SAKE Weekly Report

最近の記事

PAGE TOP
Translate »