Miss SAKE News/Blog

第2回ナデシコプログラムレポート 〜Miss SAKEとしての身だしなみ、発信力の重要性〜

みなさま、こんにちは。
2023 Miss SAKE 千葉 齋藤ひかりです。

3月12日(日)に第2回ナデシコプログラムに参加してまいりましたので、ご報告いたします。

<ナデシコプログラム 第2回>

  • 「パーソナルメイク顔診断入門編」ー 株式会社マニモード 代表取締役 Miss SAKE公式ネイリスト 山田裕美子先生
  • 「ネイルセルフケア・パーフェクト付け睫毛講座」ー 株式会社マニモード 代表取締役 Miss SAKE公式ネイリスト 山田裕美子様
  • 「ファイナリスト公式Webリテラシー・SNS講座」ー 事務局長 中村信次郎さん

メイク講座入門・ネイルセルフケア・付け睫毛講座

一番「美しい自分」でいるために

株式会社マニモード 代表取締役であり、Miss SAKE公式ネイリストでもある山田裕美子先生より、美肌の保ち方とMiss SAKEとして表に立つときのメイクのポイントを教えていただきました。

美肌の保ち方:

美肌を保つ秘訣は水分と油分のバランスを保つことだそうです。
驚きだったのは水分量が減ると油分が増えてしまうということです。

今まで顔の油分が気になった際は、気になる箇所の油分を取り除き、肌を乾燥させなければ…フェイスパウダーでカバーをしてきていました。

 

しかし、それがまさか逆効果となってしまっていたとは夢にも思っていませんでした。

水分の減少によるメイク崩れ対策として、

  1. ベースメイクに保湿クリームを混ぜ込み、肌を保湿された状態にする!
  2. 化粧直しはパウダーではなく、まずはクリームなどを馴染ませて保湿を優先する!

の2点を伝授いただきました。

早速翌日より実践したところ、今まで悩んでいたメイクのヨレができにくくなり、まさにその効果を実感しております。

美しい肌はもちろん、髪先や指先までも行き届いたケアをすることで清潔感ある美しい女性でいられることを学びました。

Miss SAKEとしてのメイクポイント:

表に立つときに意識すべきポイントはいつ写真を撮られても美しい姿を保つこと。

その時、特に重要となるのがアイメイクだそうです。

普段、目元のメイクはあまり濃い方ではないので、BeforeとAfterのお写真を見比べて印象の違いに驚きました。

付け睫毛やアイラインを用いて目の輪郭をはっきりとさせることで、笑顔になったときの表情がはっきりと分かりやすくなりました。

今回持参した付け睫毛が自分のなりたいイメージとは異なる仕上がりになってしまったため、帰宅後に別の付け睫毛を購入して再挑戦いたしました。

着用する振袖や自分自身がなりたい「Miss SAKE」としてのイメージに合ったアイメイクの研究を続けたいと思います。

山田裕美子先生、フルメイクに関する重要なポイントを一つ一つ丁寧に解説いただきありがとうございました。

より自分にあったメイクを教えていただくため、メイクレッスンを受講させていただきたいと思います!

ファイナリスト公式Webリテラシー・SNS講座

ターゲットを絞った発信を行う

事務局長 中村信次郎さんより、Miss SAKEとして活動していく上で、SNSでの発信時に意識すべきことをご教授いただきました。

講義の中では小グループを作り、各チームごとに「Miss SAKE」として発信するにあたって意識すべき点を話し合い、発表いたしました。

私のチームはSNS経験が浅い私自身をモデルに、どのような層に向けて、どのような発信を行うべきか考えました。

各チームの発表時に発表されたポイントが3点あります。

  • 発信の対象を絞り、時間指定をし使用する
  • 投稿の作成をなるべく簡略化する
  • 配信内容のバランスを図る

特に今後活かしたい点は、一つの投稿にかける時間を簡略化することでした。

そのアドバイスとして、定期的に投稿する内容などはテンプレートを作成しておくことや時間指定投稿の設定を行うことでした。

現在はAIや音声の自動入力のサポートにより、投稿の本文を打つ時間を短縮することができるそうです。

こちらに関しては、まだ自分自身では試すことができなかったため、早速次回の投稿にて試してみたいです。

中村さん、SNSでの発信に関するアドバイスをいただきありがとうございました。

引き続き、自分のSNSにて正しい情報をより早く、より多くの方へ発信できるよう心がけます。

次回のナデシコプログラムの第3回・第4回ではお着物の着付けおよびMiss SAKE Channelについて学びます。

2023 Miss SAKE 千葉 齋藤ひかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「手羽先サミット®︎ ㊇’22(マルハチニイニイ)」同時開催「第8回あいちめし®…

  2. 山口県3つの酒蔵を、Miss SAKEが見学させていただきました。

  3. 大阪酒の陣「大吟醸を楽しむ会」に、2019 Miss SAKE 大阪 豊川栞那が…

  4. 2018ミス日本酒 群馬代表 高橋まゆり 第1回ナデシコプログラムについて

  5. 『2019 ミス日本酒 兵庫大会』グランプリに石田まりさんが選ばれました。

  6. 山形県鶴岡市加藤嘉八郎酒造×慶應鶴岡キャンパス先端生命科学研究所監修「智徳201…

Miss SAKEとは?

2024 Miss SAKE Japan ファイナリスト

2023 Miss SAKE 最終選考会 Full Movie

2023 Miss SAKE 最終選考会 ダイジェスト

Miss SAKE 応募詳細はこちら

Miss SAKE出演・講演・取材依頼

Mrs SAKE

Mr SAKE

Mr SAKE

最近の記事

PAGE TOP
Translate »